50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル

50代で中古マンションを購入・リフォームした記録とその後の暮らし方・ライフスタイル

スポンサーリンク

記事一覧

奥行きのある押入れ収納ケースの使い方

押入れは奥行きがあって収納量がある反面、奥に入れたら出しにくくなり、何を入れたかわからなくなりがちです。
長年和室の多い家で暮らしてきましたから、収納といえば押入れという生活でした。

今の住まいは1間の押入れのみ。
下の段には奥行きのある押入れ収納ケースを入れています。

サイズによって違いますが、押入れは奥行きが70p前後ある大きな収納庫です。
使いやすくするために、あれこれ工夫をしています。


クローゼット.jpg



ケースごと衣替え


押入れ収納ケースはサイズをそろえておけば、引き出しだけを入れ替えることができるのがメリットの1つです。
押入れにはたいてい3段重ねて入れることができます。

子どもたちの衣類を入れていたころは、季節ごとに使いやすい段にケースだけ入れ替えて衣替えをしていました。

使っているのはこのタイプのものです。


1つのケースの中で前後に仕切る


夫が使っているものは下着や靴下が入っています。
奥行きがあるので夏物、冬物すべて入りますが、きちんと仕切っていないとわかりにくことも。

以前は場所で何となく区別していましたが、もっとわかりやすくするために100均のカゴを利用してみました。

幅、奥行き、深さを測り、うまく収まるようにカゴを選ぶのはパズルのよう。
使ったのはダイソーのメッシュバスケット(CDサイズ)とカスタムバスケット(Mサイズ)。

ダイソー・メッシュバスケット.JPG ダイソー・メッシュバスケット 16.7×27.8×11.7(p)
ダイソー・カスタムバスケットM.JPG ダイソー・カスタムバスケット 10.4×24×6.9(p)

メッシュバスケット4つを縦に並べるとその間にちょうどカスタムバスケットが入りました。
ハンカチなどの小物を入れるのに便利な大きさです。

押入れ収納ケース.JPG


奥行きだけでなく深さも利用


深さのある押入れ収納ケースは、浅いカゴを2段に重ねることでスペースを有効に活用することができます。
女性の下着や靴下、ストッキングなど小さくたためるものは、浅めの容器でも十分に収まります。

私が使っている押入れ収納ケースは、奥行きだけでなく深さも利用しています。

ダイソー・レガリアトレイM.JPG ダイソー・レガリアトレイM 8.3×25.2×4.2(p)

ダイソー・ワイドバスケット.JPG ダイソー・ワイドバスケット 16.9×30.3×11.7(p)

ワイドバスケットの上に浅いレガリアトレイを重ねています。
深さのあるワイドバスケットにはキャミソールなどを、浅いトレイにはショーツをそれぞれくるくる巻いて収納しています。


使う人に合わせて仕切り方を変える


夫は全体がパッと目に入る方が認識しやすい人で、目的のものを探すのはストレスになるタイプです。

私は自分で整理、片付けていることもあって何がどこに入っているか把握しているから、2段重ねで下が見えていなくても大丈夫。

夫が使うケースは前後に仕切り、私が使うものは前後上下に仕切っているのはそんな理由もあります。


現在使っている押入れ収納ケースの数を増やさないために


今の住まいに引っ越してくるときに、多くのものを処分してきました。
押入れ収納ケースもその1つです。
現在の押入れに入る分だけにして、特に古くなったものは粗大ゴミとして出しました。

今持っている数以上に押入れ収納ケースを増やさないようにしたいと思っています。
そのためにいくつかのことに気をつけています。

  • 季節ごとに衣類の見直しをする。

  • くたびれたものは処分し、その数だけ補充する。

  • 夫は長期出張があるため私よりも持ち数は多めに。

  • 私は基本在宅で洗濯が間に合わないことはないので、持ち数を厳選する。


必要十分な量だけにしたいけれども、まだまだ断捨離途中にいます。


まとめ


私は処分のタイミングを見極めるのが難しく、なかなか捨てられないタイプです。
母は「外で倒れて救急搬送されてもみられて恥ずかしくない下着を」とよく言っていました。

家にいるからと古い下着を身につけるのはやめて、上手なサイクルを見つけていつでも小綺麗なものを身につけるようにしたいと思います。

50代半ば、急にどこで具合が悪くなるかわからない年代です。
いつ誰にみられても恥ずかしくないようにという母の言葉を忘れずに。


収納や片付けに関する記事が集まっています。

洗濯機のカビ防止対策|洗濯後のひと手間できれいを保つ

毎日使う洗濯機。
気づいたときにはカビが・・・なんていうことのないよう、洗濯後のほんのひと手間でカビを防ぐようにしています。
きれいに洗った衣類を気持ちよく着るためにも、続けていきたい習慣です。


laundromat-1335005_640.jpg



カビが生えたら掃除していた過去の私


洗濯機にカビを発生させたことは・・・もちろんあります。
若いころは水を使うところだから仕方ない、汚れたら掃除をすればいいというような考え方でした。
でも洗濯機の掃除って細かいところもあって面倒なんですよね。

ドラム式洗濯機を使うようになった10年ほど前からは、できるだけカビが出ないように心がけています。


毎日のカビ防止のための習慣


ドラム式洗濯乾燥機.JPG

使っているのはパナソニックのドラム式洗濯乾燥機です。
縦型の洗濯機でも同じような対策でカビを防ぐことができると思います。

  • 洗濯終了後、洗剤ケースを取り出して乾燥させる。
  • 水分や洗剤の残りかすはカビの原因になります。
    洗濯後のケースの中に、洗剤や柔軟剤が多少残っていることもあります。
    そういうときは洗剤ケースを水洗いしてから乾燥させています。

    洗濯機・洗剤ケース.JPG

  • 洗濯、乾燥が終わったら、洗濯機の扉は開けておく。
  • 洗濯後は扉の裏側が濡れています。
    タオルで拭いて、次の洗濯まで扉は開けたままです。
    乾燥機を使ったあとは洗濯槽に熱がこもっていますから、扉を開けておきます。

    洗濯機・洗濯槽.JPG

    ただし小さなお子さんがいる場合は、中に入って閉じ込められたりケガややけどの可能性もあるので注意が必要です。

  • 乾燥のたびに乾燥フィルターのゴミを取り除いて外しておく。
  • 乾燥フィルターを外すとその中も熱がこもっていたり湿気がたまっていたりすることがあるので、次の洗濯まで外しておきます。

    洗濯機・乾燥フィルター.JPG


    縦型洗濯機の場合にできるカビ防止策


    実家の父や妹たちが毎日している方法です。

    • 洗濯終了後、ふたを開けておく。

    • くず取りネットのゴミを捨てて、ネットを乾燥させておく。

    • 洗剤入れを取り外して乾燥させておく。



    • パナソニックのナノイー槽クリーン


      現在使っているドラム式洗濯乾燥機には、「ナノイー槽クリーン」というドラムに発生する黒カビを抑制する機能が付いています。

      説明書によればコストは1回につき1.2円。
      洗濯のみのときに、洗濯物を取り出したあとにこの機能が使えるように設定されています(そのまま電源を切れば槽クリーンなしで洗濯を終わらせることもできます)。

      洗濯〜乾燥、乾燥のみのときはこの機能は設定されていません。
      乾燥運転で湿気が取れてカビが発生しにくいためです。


      洗濯のときにも洗濯槽の汚れを防ぐ機能がついています。
      youtubeに動画がありましたので、参考にしてみてください。https://youtu.be/VAEnHyVA1eE


      まとめ


      きれいな洗濯機で洗った衣類は清潔で気持ちいいものです。
      洗濯後にちょっとひと手間入れるだけで面倒な掃除からも解放されます。

      私が留守のときに夫が洗濯しても同じようにしてくれているので助かっています。
      簡単にカビを防いで気持ちよく生活するこの習慣は、続けていきたいことの1つです。


      家事の参考になるブログが読めるブログ村テーマです。
      カテゴリ
      タグ

ランチョンマットはダイソーのソフトバスケットにポンポンと収納

何種類かあるランチョンマット。
気分や季節によって使い分けています。

収納しているのはダイソーのソフトバスケット。
ポンポンと入れているだけですが、使い勝手がよくて気に入っています。


provence-1063514_640.jpg



ランチョンマットの種類


プレゼントされたもの、来客用に買い求めて今は普段使いしているもの、丈夫で十数年使っているものなど現在7種類あります。

子どもが小さかったころは、頻繁に汚すので布製ではなく水洗いできるようなものをつかっていたことも。

トレーをランチョンマットの代わりにしていたこともあります。
私1人の食事のときは、トレーに食事をひとまとめにすると便利で重宝しています。

ランチョンマットは季節や気分、お料理によって使い分けていますが、そのときの気分に左右されて選ぶことが多いです。


ランチョンマットの収納に便利なダイソーのソフトバスケット


ダイソー・ソフトバスケット.JPG ダイソー・ソフトバスケット.JPG

ダイソーのソフトバスケットは柔らかいので、カチッと入れずにポンポン放り込む感じでも大丈夫です。
入れるものに形が合わせてくれています。
直径・高さともに約17〜18p。

ランチョンマットを四つ折りにたたんで、くるくると縦長に巻いて入れています。
置いているのはキッチン背面収納のカウンター上です。

ランチョンマットinダイソー・ソフトバスケット.JPG




夏にぴったりのニトリのランチョンマット


塩ビ素材のニトリのランチョンマットはメッシュ使いで涼しげなので、今の季節によく使います。

ニトリ・ランチョンマット.JPG

汚れても拭けばすぐ落ちますし、台所洗剤液に浸けて丸洗いすることもあります。
お手軽価格であれこれ楽しめるのもニトリならではだと思います。

ニトリ・ランチョン的.JPG
ランチョンマット(ブロック BK) ニトリ

色違いの赤もあります。
食欲を湧かせ元気になるカラーです。
私は落ち着いた色が好みなので黒を選びました。


引き出しに入れる収納


キッチン背面収納には2つの浅い引き出しがあります。
この中に収納する方法も考えましたが、今のところ入れるスペースがありません。

数年前の引越しの際に細々としたキッチングッズを処分しましたが、まだ2つの引き出しに余分なスペースを作れずにいます。

ダイソーのソフトバスケットを重宝に使っていますが、いずれは引き出しの中に入れてカウンター上をもう少しすっきりさせたいと思っています。
今後のキッチン収納の課題です。


キッチンの収納・片付けの参考にしているブログ村テーマです。
カテゴリ
タグ

ラグをコインランドリーで洗濯してスッキリきれいに

夏用のニトリのい草ラグをリビングに出した後、敷いていたラグをコインランドリーで洗濯してきました。



コインランドリーに行かなきゃ行かなきゃと思いながら、8月に入ってようやくです(^^;
お湯洗いしてスッキリきれいになり、涼しくなるまで出番待ちです。


yellow-labrador-retriever-750098_640.jpg



コインランドリーの洗濯機の大きさ


洗濯したラグは2畳タイプの大きさです。
コインランドリーの洗濯機の容量は、7kg、12kg、17kg、22kgの3種類がありました。

料金は7kgで400円(34分)、12kgで700円(34分)、17kgで900円(34分)、22kgで1,100円(34分)です。
今回は17kgを選び、実際に洗濯にかかった時間は31分。
お湯でじゃぶじゃぶ洗ってくれます。

コインランドリー.JPG

17kgの洗濯機で洗える量の目安は
  • こたつ布団1枚
  • 夏掛け9枚
  • シーツ25枚
  • タオルケット17枚
  • 毛布シングル6枚
  • 毛布ダブル、厚手3枚
となっていました。


洗濯のコツ


私が利用したコインランドリーの洗濯機は、料金に洗剤と柔軟剤が含まれています(店舗によって異なりますので確認してください)。

クリーニング店の中に設置されていて、管理もクリーニング店のスタッフがしています。
時々見回っているようです。

以前、同じラグを洗濯したときにスタッフにアドバイスされたのは
「たたまずにくしゃくしゃっとした感じで入れた方が、洗剤液がまんべんなく回っていいですよ」というものでした。

自宅のドラム式洗濯機の説明書には、毛布やラグなどはたたんで入れるよう書いてあります。
さらに別売りの「洗濯キャップ」(洗濯機のふたの内側に設置するもの)が必要です。

同じドラム式でも業務用と家庭用では違うのですね。


乾燥機も利用


乾燥機は14kgのものと25kgのものがありました。
14kgは100円で10分、25kgは100円で8分乾燥できます。

コインランドリー.JPG

乾燥できる容量は
14kgで
  • こたつ布団1枚
  • 夏掛け7枚
  • シーツ21枚
  • タオルケット14枚
  • 毛布シングル4枚
  • 毛布ダブル、厚手2枚
です。

14kg用の乾燥機で10分乾かしたところ、ほぼ乾いていました。
あとは持ち帰って外干しすれば十分です。


まとめ


併設のクリーニング店をいつも利用していますが、以前にこのラグをクリーニングしてもらったときは3,000円ほどかかったように記憶しています。

それに比べると今回かかったのは1,000円。
お得に洗え、お湯でじゃぶじゃぶとスッキリきれいになったことで大満足です。

大きなテーブルやキャスター付きの大きなカゴも置いてあり、洗い上がったラグをたたむペースがあったのもラクでした。

コインランドリーは大きなものを洗うのに便利で、料金もクリーニングに比べたらずっとお得です。
洗う際には洗濯機で洗えるものかどうか、洗濯タグで確認してくださいね。


タグ

水切りカゴをきれいに保つ|毎晩の食器片付けの最後に私がしていること

リフォームしたキッチンには深型の食洗機が付いています。
食器の多くは食洗機で洗いますが、大事にしている食器や漆器、鍋類は手洗いです。
リフォームのときにシンクにぴったり収まる水切りカゴも付けてもらいました。




kitchen-322719_640.jpg



クリナップの水切りカゴ


クリナップ・水切りカゴ.JPG

シンクの左端にセットして使っています。
サイズは幅24p、奥行43.8p、深さ7.9pです。
クリナップ 水切りバスケットPMC-10

もっと深い方が使いやすいかと思いましたが、浅いのでカゴの下に食器やボールを置けてシンク内が広く使えます。

水受け皿が不要なので、受け皿のお手入れの手間が省けています。
受け皿は水がたまるとぬめりやすいですから、この手間がないのはありがたいですね。

調理台を占領しないのも、シンク内にセットするタイプの水切りカゴのメリットだと思います。
キッチンの幅が225pとそれほど広くないので、水切りカゴで調理台スペースが狭くならないのは嬉しいことです。


毎晩の食器片付けの最後にしていること


食洗機を使いながら手洗いのものは水切りカゴに。
洗ったあとは食器を布きんで拭いて調理台に並べておきます。
布きんで拭いても完全に乾くまでは食器棚に入れたくないので、翌朝食器棚に片付けます。

空になった水切りカゴはスポンジで洗います。
普段はざっと洗うだけですが、細かな部分の汚れが気になるときは歯ブラシを使って汚れを落とします。
洗ったあとは布きんで拭いてからキッチンの端、ガステーブルの脇に立てかけておきます。

クリナップ・水切りカゴ.JPG

シンクに入れたままよりもサッパリと乾きますし、シンクと水切りカゴの接面に汚れがたまることもなくスッキリです。
その後、シンク内を掃除して終了。


まとめ


tap-791172_640.jpg

水回りのキレイさ、清潔さを保つには水気を取り除いて乾燥させるのが一番。
現在の方法でシンクも水切りカゴもきれいな状態を保てています。

実家の父はプラスチックの水切りカゴを使っていますが、毎朝除菌アルコールで拭いているそうです。
それもまたきれいさを保つ1つの方法だと思います。


家事の参考になるブログ村テーマです。
カテゴリ
タグ

中古マンションリフォームで後悔したこと3つ

築13年の中古マンションを購入し、リフォーム後に住み始めてこの秋で3年になります。
暮らし始めた当初はどれもこれも新しい設備で満足していましたが、次第にここはこうすればよかった、ああすればよかったと思うようになりました。

特に毎日生活しながら感じる箇所を3つ記したいと思います。


sofa-184551_640.jpg



洗面化粧台三面鏡の後悔


洗面化粧台はTOTOの【オクターブ】を使っています。



化粧鏡は三面鏡で、それぞれ裏が収納庫になっています。
真ん中のメインの鏡は手前に数センチ引き出して、顔に近づけて使うことができるオプションもありました。

設備を選んだ当初は、鏡が近づかなくても自分が鏡に寄れば十分と思っていましたので、このオプションを取り入れることはしませんでした。
それまでも鏡が近くに合った方がいいときには、自分が顔を寄せていましたので。

しかし使っていくうちに、鏡に顔を寄せるときに腰に負担がかかると感じるようになりました。
そこで気づいたのが洗面ボウルの奥行き。
賃貸住宅に設置されていた洗面ボウルよりも現在使っているものの方が奥行きがあるため、体に負担がかかってしまうようです(普通に使う分には何ら問題はありません)。

これは絶対に手前に引き出せる鏡にするべきだったと後悔した点です。

現在販売されているTOTOのオクターブには、手元に引き出せ左右開きができる【スイング三面鏡】が標準装備されています。
あぁ3年経つとこんなにも装備が変わるのか・・・。


ユニットバス・鏡の後悔


ユニットバスはTOTOの【マンションリモデルバスルーム】を使っています。



バスルーム内の鏡は、デフォルトでは洗い場から浴槽にかけての横長のものでした。
好みで大きさや形状などが選べたので、洗い場のみの縦長のもの(幅29.8p高さ95p)をチョイスしました。
リフォーム会社の担当者の「横長は浴槽側にも鏡があるため掃除が面倒ですよ」という話も縦長を選んだ理由の1つでした。

きれいなバスルームになり、ゆったりと湯船に浸かりながら顔のマッサージなどをしていると、あぁここに鏡がほしい!と強く感じました。
掃除の手間よりも入浴中の快適さを選ぶべきだったと後悔です。


ユニットバス・カウンター下収納の後悔


ユニットバスの洗い場にはカウンターを付けてあります。
リフォーム当時、TOTOの支店キャンペーンでカウンター下収納をプレゼントしてくれました。

床を掃除する道具を置いておくのに便利だろうと、無料ということもあって特に深く考えもせず設置してもらいました。

ユニットバス・カウンター下収納.JPG

カウンター下は入浴中にいつでもお湯がかかる場所です。
実際に使ってみたら掃除道具が湿ったままに!
無料だからといってこんなところに付けてもらうべきではなかった!

現在はそこには何も置かれていません。
収納そのものを撤去するつもりです。
が、収納を付けるためのビスが2こ壁に打ち込まれています。

収納を外してもビスは残ってしまう。
あぁ、もっと考えるべきだったと後悔です。


まとめ


リフォームをする設備を選ぶときは、それを使うときのことを想像しながら選んでいます。
ショールームで実物を見たり触ったりして、使い勝手もある程度感じながら選んだはずです。

それでも実生活の中ではこうした方が便利だった、こんな機能があった方が使いやすかった、これはなくてよい機能だった・・・など様々なことを感じます。

実際にリフォームされた方が身近にいたら、ぜひお話を聞いてみてください。
ショールームだけではわからない細かな使い勝手がわかるかもしれません。

ブログ村にも【web内覧会】のテーマがいくつもあり参考になると思います。
タグ

買って良かった!愛嬌のある【Dora Designs 】動物ドアストッパー

リビングのドア。
いつも開けていますか?閉めていますか?
我が家では冬は暖房効率を考えて閉めています。

真夏はリビングの大型エアコンをどの部屋まで効かすかによって、ドアを開けたり閉めたり。
それ以外の季節は開けていることが多いです。
ドアを開けておく助けになる可愛いグッズをご紹介します。


violet-2374509_640.jpg



ドアストッパー・戸当たり


ドアが最大に開いた位置でドアを留めるものドアストッパーと言いますが、建築用語では「戸当たり」と言うそうです。

ドア本体に付けるものや、床や壁に付けるものがあります。


しゃがんで作業するのが面倒で考えた!


我が家のは床に付いています。

ドアストッパー.JPG

フックを持ち上げてドアに付いている金具に引っかけるタイプです。
必要なたびにしゃがんで引っかけるのが私には面倒な作業。

この先もっと年を重ねたら、しゃがむことも小さいフックをつまんで引き出すこともさらに面倒になると思われます。
外すときも同様です。

そこで考えたのがドアストッパー。
ドアストッパーを置いておけばいつでもドアは開いているし、閉めたいときには除ければいいだけで簡単です。


生協で購入したイタチのドアストッパー


昨年の冬、生協でセール品として出ていたのがイタチのドアストッパー。
dora designsというイギリスの会社のものです。

ドアストッパー・イタチ.JPG

愛らしい表情に一目惚れ。
こちらを見つめているような表情が可愛らしいです。

ほかにもハリネズミやネズミ、ダックスフントなどいくつか種類がありました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】【在庫限り】
価格:2250円(税込、送料無料)



大きさは約幅16×奥行15×高さ27cm 。
重さは約1.2kg。
ドアを留めておくのに十分な重さです。


ドアストッパーを使って掃除がラクになった


戸当たりを使っているときは掃除のたびにしゃがんで外し、ドアの後ろの掃除が終わればまたしゃがんで取り付けてと動作回数が多いのが気になっていました。

ドアストッパーを使ってからは、このイタチをひょいっと持ち上げるだけ。
ささっと掃除して、元に戻すのも置くだけ。
ドア裏の掃除がぐんとラクになりました。

しっぽに付いたホコリも一緒に掃除機で吸い取ってます。


息子のお嫁さんにも好評のドアストッパー


昨冬購入したときにはまだ必要がなかったため、和室に置いておきました。

息子たちが遊びに来たときにこれを見つけたのはお嫁さん。
「きゃあ、これ何ですか?可愛い!」

同じように可愛いと感じてくれたことが妙に嬉しくて。
それ以来、このイタチのドアストッパーが余計に愛らしく見えるようになりました。

[P]dora DESIGNS ドラデザイン ドアストッパー イタチ Wease...


lake-2298493_640.jpg

家の中にちょっとした癒し空間や癒しグッズがあると、それだけで心が和みます。
そばを通るたびに思わず笑顔になります。
そんなお気に入りグッズを大事に使っていきたいです。



洗濯ネットの収納は大きさ別に洗濯ネットの中に

洗濯の必需品の洗濯ネット。
どの家にもいくつもの洗濯ネットがあることと思います。
柔らかく扱いにくい洗濯ネットをどこにどんな風に収納されていますか?

置き場所は同じでも収納方法をちょっと変えてみました。
たったそれだけで、雑然としていた洗濯ネットがすっきりと納まるようになりました。


tulips-708410_640.jpg



洗濯ネットの置き場所


置いてあるのは洗濯機上の棚。
この棚はリフォームの際に、洗濯機置き場上部のスペースが勿体なくて作ってもらったものです。

洗濯機置き場上部棚.JPG

棚板の位置は好みで調整できます。
この棚に100均のカゴを置き、その中に洗濯ネットをたたんで入れていました。


100均のカゴに収納


洗濯ネットは長方形のもの(35p×44pのものと46p×51pのもの)、ブラ用、スラックス・スーツ用と形の異なるものが何枚も入っています。

100均のカゴはポンポン入れられて便利な反面、いつの間にか雑然としてきます。


かごの中を仕切る


雑然としているなら仕切って使えばいい・・・ということで、最近使っていない丸い洗濯ネットが2つあったので、その中に長方形のものを大きさ別に入れることにしました。

収納用にした2つの洗濯ネットの大きさが異なっていたので、どちらにどの大きさのものが入っているかわかりやすいです。

スラックス・スーツ用は大きくしっかりした作りなので、たたんで立ててかごの奥に。
手前に洗濯ネットinしたものを2つ入れました。
サイドにブラ用を立てて。

洗濯ネット.JPG


収納棚は仕切りカーテンで目隠し


3段の収納棚には、ティッシュペーパー、シャンプーやボディーソープなどのストック品、100均の小さなカゴに入れた洗濯バサミ、洗濯ハンガーなど洗濯に使うものやバスルームで使うものを置いています。

リフォーム当初はこの棚はむき出しでした。
生活感をなくすために、きれいなケースなどで統一して収納しようかと考えた時期もありました。

現在は以前の住まいで使っていた仕切りカーテンを半分に折って縫いとめて、突っ張り棒に通して目隠しにしています。

洗濯ネット置き場.JPG 洗濯ネット置き場.JPG

統一されたケースにきれいに収納すると、何が入っているか見えにくくなります。
私はパッと目に入った方がものの在りかがわかりやすいタイプ。
目隠しカーテンならめくればどこに何が置いてあるかひと目でわかります。

この方法で自分にとっての使い勝手はそのままで、見た目の問題が解決しました。
さらに洗濯ネットの雑然さも片付きスッキリです。

ケースに入れてラベリングしたらわかりやすい人、ざっくり収納で目に入る方がわかりやすい人。
整理、収納の方法は行動パターンや思考パターンに応じて、それぞれに適した方法を用いるとストレスも減ることと思います。


整理、片付けの参考にしています。
ブログ村テーマ
収納・片付け

ざっくり整理&収納のススメ
すっきり暮らす
<暮らしのアイデア>収納 家事 インテリア
WEB内覧会*洗面所
カテゴリ
タグ




スポンサーリンク



検索ボックス
 
プロフィール
名前:ゆきの
年齢:50代
職業:主婦


・プロフィール
・メッセージフォーム
・Twitter
・プライバシーポリシー


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

カテゴリ








Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます