50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル

50代前半に中古マンションを購入・リフォームした記録とその後の暮らし方・シニアのライフスタイル

※当ブログにはプロモーションが含まれています。

スポンサーリンク

記事一覧

マンションの24時間換気システム|排気のフィルターだけでなく、給気のフィルターもお手入れが大事


follow us in feedly

中古マンションを購入、リフォームして暮らし始めてこの秋で9年になります。

右向き三角1ゆきのプロフィール・にほんブログ村

24時間換気システム(家の中の空気を自動的に循環させて入れ替える仕組み)がありますが、きれいな空気を保つにはフィルターのお手入れ、清掃が必要です。

空気が入ってくる給気口と出て行く排気口には、それぞれフィルターがあり、定期的なお手入れをしないと、せっかくのシステムが効果的に利用できません。

我が家の場合、排気口のフィルターは1ヶ月に1度の目安で点検ランプが点灯します。給気口にはそういったものがないので、フィルターの交換や清掃をした日付をメモしておきます(「半年に1回を目安にフィルターを水洗い」と本体に書いてありました)。


leaves-gd364dea00_640.jpg



給気口


私が住むマンションでは、給気口はパナソニックのものが使われています。給気口から外気が入り、洗面所、トイレ、風呂場の換気扇を通して排気します。

リフォームのときにこの部分は気づかなかったので、新しいものと交換することをしませんでした。可能であるなら交換しておけばよかったと後悔しています。

検索すると「自分でやってみた」というような記事もありますが、そこまでの勇気も技量もはありません。古いまま使っていますが、フィルターの交換をきちんとしておけば大丈夫です。


フィルターの清掃、交換は半年が目安


給気口のフレーム部分に「半年に1度の目安にフィルターの水洗いを(水洗いは5〜6回可能)」と書いてあります。

このフィルターはネットで購入することができます。「給気口 フィルター 型番」などと入力すると、該当するものがヒットします。

「角形」「丸形」などの形状でも出てきますし、純正品ではない使い捨て用のものもあるようです。


我が家のものはパナソニック製で、型番はFY-FB1212です。



おわりに


「水洗いは5〜6回可能」と書いてありますが、水洗いをしたものと新品とを比べると、厚さが違います。やはり消耗品なのでしょうね。

新品はもう1枚しかないので、そろそろ購入が必要かと思っています。使い捨てのものは手間いらずで便利かもしれませんが、耐久性はどうなのでしょうか。使ってみないとわからないので、試してみようかと思っています。

2つのブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ 



ブログ村ハッシュタグ
#日々の暮らし #60代主婦 #シニアライフ

人気ブログランキング・ハッシュタグ
  

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいと... - にほんブログ村

ものが増えるのがわかっていても、母が愛用していた食器をもらった理由


follow us in feedly

父が高齢者施設で暮らすようになって、2年と少しになります。月に一度は上京して、連続で数日は面会に行っていますが、だんだんと老いて弱々しくなっていく姿を見せるようになってきました。

実家で父が一人暮らしをしていたころ、頼まれて食器の片付けや処分をしたことがあります。

右向き三角1【親の家の片付け】食器の片付け、処分|親から言い出したときは絶好のチャンス!

施設で暮らすようになったあとに実家の片付けをして、食器をいくつかもらいました。我が家にも十分すぎるほど食器はあります。それでももらったのには理由がありました。


食器.jpg



母が愛用していた食器をもらった理由


10年近く前に今の住まいであるマンションを中古で購入し、リフォームをしました。それまで使っていた食器棚は処分し、システムキッチンの扉に合わせたカラーのカップボードを導入しました。

キッチン_イメージ図.jpg

この図はリフォーム会社からもらったイメージ図です。右端のカップボードはそれほど大きなものではないので、食器はこの中に収まる分だけとリフォーム時に決めました。

それなのに母の食器をもらった理由を挙げるとこんな感じでしょうか。


  • 食器好きの母が集めたものを捨てるのは忍びないから

  • 使っていると母を思い出すから

  • 私も好きな食器だから

  • 私が選ぶタイプのものとは異なるけれど、素敵だと思った食器だから



妹たちも食器は十分に持っています。汚れが落ちないガラス食器やふちが欠けているもの、好みに合わないものなどは処分しましたが、それでも三姉妹で多くのものを分け合いました。

「お母さん、これ好きだったよね」「お父さんと旅行に行った先で買った焼き物だよ」「これ、大事にしていたよね」「お父さんも気に入っていたよね」

食器を手にしながら、そんな会話をがありました。


母愛用の食器を使いながら、母を思い出す


母を思い出すというより、そばにいるのを感じる。語り合うことができるように感じる。

母愛用の食器がそばにあると、そしてそれを使うと、母を感じることができるのが嬉しいです。決して高価なものではありませんし、有名作家の作でもありません。普段使いのものばかりです。だからこそ毎日のように私も使うことができるのです。

食器が大好きな人でした。5人家族で数が必要だったこともありますし、母の年代は普段使い用と来客用とを分けていいましたから、どんどん増えていったように思います。新しい食器を使うとき、子供心にも嬉しさを感じたことをよく覚えています。

親戚も多い年代ですし、集まることも多かったですから、来客用食器は必要だったのでしょう。ほかの親戚の家でもそうでした。

時代は変わりましたね。来客用として普段使わないものを置いておくことが、効率的ではないと考えることができるようになりました。

使わないより使った方がいい。使うものだけ、必要なものだけ、気に入ったものだけを持つ方がいい。そんな考え方もありという昨今です。

母はきっと大事にしすぎて、自分ではほとんど使わなかったものもあるでしょう。その分、私たち娘が使うことで母も喜んでくれていると思います。

鎌倉彫の小箱.jpg 箸置き.jpg 

母の大好きな鎌倉彫の小箱ももらってきたので、うさぎの箸置きを入れています。ぴったりの大きさでした。

このうさぎの箸置きも母が好きだったもの。父が兎年生まれだから???なんて想像しています。

うさぎの箸置き.jpg


おわりに


老後に向けてものを減らしていかなければ・・・と常々思っています。母の食器をもらうことはこの考え方とは逆方向な行動です。

それでも心は満ち足りていますし、ものであふれてしまったという感覚もありません。使うたびに母を隣に感じる喜びがあります。

娘だからできたことかもしれません。将来私の息子たちはそんな会話もなく、全部処分することでしょう。それでいいと思っています。

2つのブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ 



ブログ村ハッシュタグ
#シニアライフ #日々の暮らし #暮らしを楽しむ #お気に入りの食器

人気ブログランキング・ハッシュタグ
   

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいと... - にほんブログ村

タグ

ベランダ掃除に欠かせない3つの道具たち


follow us in feedly

春の花粉飛散が終了したころ、いつもベランダの掃除をしています。だいたいゴールデンウィーク後が多いですね。

私が住む地域は冬でも洗濯物が乾きにくく、その後はスギやヒノキの花粉が飛ぶので、もっぱら部屋干しや乾燥機を使って乾かしています。

花粉の季節が終わってから梅雨までは、つかの間ですが外干しが可能になります。

そんなわけで、今年も春のベランダ掃除をしました。例年よりちょっと遅めですけど、曇りがちの1日だったので、暑くもなく寒くもなく掃除しやすい日でした。

私がベランダ掃除に使っている便利な道具たちをご紹介します。

ブログ村・ハッシュタグ
#ベランダ掃除


saplings-gf1628ca80_640.jpg



まずは水洗い


洗濯物をベランダ干しにできるようにするためには、物干し竿などをきれいに。これは水拭きや水洗いです。

8年ほど前に引っ越してきたマンションには、ベランダにスロップシンクがあるので掃除のときに助かってます。以前はバケツで水を汲んできて掃除をしていましたから。


網戸の掃除に「あみ戸びっクリーン」


物干し竿周辺を掃除したら、次は網戸です。ベランダに面したリビングに1枚、勝手口に小さな網戸が1枚と少ないので、それほど大変ではありませんが、道具を使うとさらにラクに感じます。

いつも使っているのが、水で濡らしてこするだけの「あみ戸びっクリーン」です。

あみ戸びっクリーン.jpg

窓を開ける季節には、網戸をきれいにしておかないと、レースのカーテンが汚れてしまいます。「あみ戸びっクリーン」は洗剤を使うことなく網戸の汚れを落とすことができるので便利です。

私が使っているのは直接手に持って使うものですが、柄が付いているハンディタイプのものや、長い柄が付いているロングタイプもあります。


【セイエイ】あみ戸びっクリーンロングタイプ

またハンディタイプ、ロングタイプには交換用ブラシもあるので、汚れたら取り替えることもできます。

【セイエイ】あみ戸びっクリーン ハンディ取替えブラシ



窓ガラスの掃除に「伸びる2wayロングモップ」



【コジット】伸びる2wayロングモップ 軽量 外壁掃除 窓掃除 シーリングファン 屋根のクモの巣

最長約3.9mの長さになるモップで、ヘッドは3種類。
ホコリ取りや仕上げ拭き用のマイクロファイバー、水洗い用のスポンジ、水滴除去用のスキージ−です(スポンジとスキージーは一体です)。

伸びる2wayロングモップ_ヘッド.jpg

私は窓ガラス掃除に使っていますが、それ以外の場所でも高いところの掃除にぴったりです。
ヘッドの取り替え用もあります。

【コジット】伸びる2wayロングモップ 取替用スポンジ付きスキージー/取替用モップ



窓サッシの掃除に「ペットボトルブラシ」


ペットボトルブラシ.jpg

以前はペットボトルに入れた水と古ハブラシを使っていました。ダイソーで「ペットボトルブラシ」を見かけたことはあったものの、別にハブラシで十分でしょ、と思っていました。

試しに買ってみたら、なんでもっと早く使わなかったのか!と後悔するほど。水の出方とブラシの柔らかさがが絶妙な具合で、あっという間にきれいに。

便利グッズはやはり便利なものだと実感しました。


おわりに


1時間半でベランダの洗濯物を干す場所や床、窓ガラスや網戸、ベランダに置いてあるコンテナなど、すべてがすっきりときれいになりました。

便利な道具を使っただけでなく、radikoで放送を聞きながら作業をしたもの、はかどった要員かもしれません。

これで梅雨までは、気持ちよく外干しができそうです。

2つのブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ 



ブログ村ハッシュタグ
#掃除 #お掃除グッズ #ベランダ掃除 #シニアライフ

人気ブログランキング・ハッシュタグ
  

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいと... - にほんブログ村

タグ

手放さないのないのなら、とことん使う。それが私の楽しみ方、物との向き合い方。


follow us in feedly

毎日使うマグカップ。コーヒーを飲んだり紅茶を飲んだり。カップ&ソーサーよりもたっぷり入るので、普段使いにぴったりです。

息子のお嫁さんがプレゼントしてくれた大ぶりのものをよく使っています。でも最近は、カップ&ソーサーを頻繁に使うようになりました。

ゆきのプロフィール・にほんブログ村


お気に入りのカップ.jpg



処分の後に残ったカップたち


上の写真は食器棚にあるカップ&ソーサー。自分で買ったものはなく、プレゼントやお返しでいただいたものばかり。気に入っているものなので、食器棚の取り出しやすい場所に置いてあります。

結婚して35年以上になりますが、何回かの引っ越しを経験し、食器もある程度処分してきました。使わなくなったものや好みでないもの。それでもまだまだ多くのものがありますが、今はこれ以上手放そうとは思っていません。


手放さないのなら、とことん使おう!


気に入っているとはいっても、食器棚にあるだけでは意味がありません。高級食器ならともかく、庶民の普通の食器です。使ってこそ意味があります。

食器好きの母の様子を、6年以上前にこのブログに書いたことがあります。

右向き三角1生きている間に使って楽しまなきゃ!|気に入った食器は普段使いに

昭和一桁生まれの母。この世代は、「普段使い」と「来客用」と食器を分けていた世代です。

子どものころ、来客やお正月などのいわゆる「ハレの日」にしかテーブルに並ばない食器が多々あったことを覚えています。

そんなことを思い出しながら、写真の食器を毎日のように代わる代わる使っています。60代になり、元気なうちに楽しまないと!という気持ちがより強くなっているのかもしれません。

ブログ村ハッシュタグ
#シニアライフ


毎日違うカップを使うメリット


お気に入りのカップと紅茶.jpg


こんなメリットを感じています。

  • カップを選ぶ楽しみ
  • 毎日違うものを使うことで気分転換
  • それぞれをきちんと使っているという満足感
  • インスタントコーヒーでもティーバッグでも、美味しく感じるというマジック


とにかく楽しむこと。それが生活のハリにもつながります。

ブログ村ハッシュタグ
#暮らしを楽しむ


おわりに


生活の楽しみ方は、年を経るごとに変わってきていると感じています。食器に関してもそうです。

結婚した当初はまだお金もなく、お気に入りの食器を買うということがなかなかできませんでした。子育て時代は子ども最優先。自分の好みより、子どもたちが気に入るようなものを選んでいました。

自分自身が楽しめるようになったのは、50代になってからです。50代後半は義父の在宅介護もあり、手に多少の麻痺がある義父が使いやすいものを選ぶと同時に、私たち夫婦だけ違う食器を使うことをためらっていたこともありました。

60代に入り再び夫婦二人暮らしになりました。夫とは比較的好みが同じなので、ケンカすることなくお気に入りの食器を楽しむことができるでしょう。

ささやかな楽しみ方ですが、今あるものを大事にしつつ潤いのある生活を、と思っています。


2つのブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ 



ブログ村ハッシュタグ
#暮らしを楽しむ #シニアライフ #60代主婦 #日々の暮らし

人気ブログランキング・ハッシュタグ
  

にほんブログ村 60代の生き方 ランキング

人気ブログランキング シニアライフランキング

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいと... - にほんブログ村

タグ

お気に入りのジャケット2着を処分|「着ない」「古くなった」だけじゃない処分の理由とは


follow us in feedly

長年愛用していたお気に入りのジャケットを2着処分しました。しばらく前から処分することは決めていたものの、すぐには捨てられず、しばらくたたんで自室に置いていました。

ゆきのプロフィール・にほんブログ村

即処分とできなかった理由はいくつかあります。主には気持ちの問題。その服に対する思い入れ、思い出のためでした。

それでも部屋に置いてあるジャケットを横目で見ながら、再び着ようという思いにもなりませんでした。すこし時間がかかりましたが、ようやく手放すことに。結果は「すっきり」です。

にほんブログ村 片付け・収納(個人)ランキング

人気ブログランキング シニアライフ


ジャケット.jpg



お気に入りとはいえ着なくなっていた


1着はアイボリーのショート丈トレンチ。もう1着は茶系のミドル丈ピーコート。どちらも長いこと着用してきたお気に入りです。

40代から着ていたもの。お気に入りとはいえ、50代後半にはほとんど着ていませんでしたね。それだけでも「不要品」となっていたわけです。


ブログ村ハッシュタグ
#断捨離
#洋服の断捨離


着なくなった理由と処分できなかった理由


頻繁に着ていた40代は、鏡に映った姿にも満足できていましたが、いつしかそれがなくなり、手を通してはみてもすぐに脱いでしまい、着て出かけることはなくなっていました。

ピーコートは似合わなくなったというよりも、生地の傷みが気になってきたのが理由です。それでも処分できなかったのは、暖かさを手放せなかったからです。

ショート丈トレンチは、なぜかまったく似合わなくなってきました。あんなに気に入っていたし、自分でも似合うと思っていたのになぜ?

体型の変化が理由としては一番納得できます。40代と50代とで体重的には大きく変わったわけではないですが、更年期を経て贅肉の付き方が変わってきました。

その結果、ショート丈が40代のころよりさらに短くなっていたのです。要は腕や肩まわりにお肉が付いたため、腰のあたりにあった裾の位置が上がってしまい、全体のラインが変わってしまいました。似合わなくなった理由がわかると、もう2度と着ることはないということも自覚できたわけです。


目的があって取っておくのは1着で十分


暖かさで手放せなかったジャケットは、「災害で暖房が使えなくなったときにこれがあれば暖を取れるかも」という思いがありました。災害が多い昨今、電気が使えなくなるとたちまち困ることは容易に想像できます。

それでも、古いダウンコートを同じ理由でクローゼットの端の方に残していることも頭の片隅に。ふだん着ないものを同じ目的で2着取っておく必要はありません。

頭の中ではわかっていましたが、着心地のよいものはその記憶が体にも残っているようで、服を手放せないというよりも、この心地よさを手放せなかったのかもしれないと思っています。

古いダウンコートを処分しなかった理由|ルールが当てはまらない場合もある


おわりに


「着ない」「古くなった」という理由だけでは処分できない。そんな私自身の考え方のクセにも気づかされました。何事も自分の中で納得できないとスムーズに動けないタイプです。

とはいえ昨年末に60歳になり、思うように動ける時間にも限りが見えてきました。なかなか性格は変えられませんが、自分なりのペースでものの処分や保管を考える時間を持ちたいと思っています。


2つのブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ 



ブログ村ハッシュタグ
#断捨離 #手放す #暮らしを楽しむ #シニアライフ

人気ブログランキング・ハッシュタグ
   

にほんブログ村 60代の生き方 ランキング

人気ブログランキング 日記・雑談(60歳代)

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいと... - にほんブログ村

タグ

【追記あり】お手入れで気をつけること4つ|クリナップ・洗エールレンジフードの点検、修理で教わったこと


follow us in feedly

昨年末、クリナップのレンジフード(洗エールレンジフード)が故障しました。給水トレイにお湯を入れて、ファンフィルターを自動で洗浄するレンジフードで、およそ1か月に1度の頻度で洗浄ランプが点灯します(最近の機種は2か月に1回のようです)。これがお手入れの合図。

故障した時もいつものように給水トレイにお湯を入れて清掃を始めましたが、いつもより早いタイミングでお知らせ音が鳴ったと思ったら、「点検」「3」のランプが点灯していました。

右向き三角1クリナップ・洗エールレンジフードの故障|よりによって年末で忙しいときに・・・

年末だったので修理は年明けということになりました。

にほんブログ村 片付け・収納(個人)ランキング

人気ブログランキング 日記・雑談(60歳代)


洗エールレンジフード.jpg



洗エールレンジフードの点検、修理


レンジフードそのものはパナソニック製ですが、リフォームの際にキッチンはクリナップを選んでいます。そのため故障や修理の連絡はまずクリナップへ。その後クリナップからパナソニックの修理部門に連絡が行き、私との日程調整のうえで修理部門の方が来訪して点検、修理をしてくれるという流れです。

「点検」「3」が点灯していることを前提に、想定される故障に対応できる部品を持ってきてくれるということでした。

リフォームに関する記事は、こちらのハッシュタグから読むことができます。

ブログ村ハッシュタグ
#キッチンリフォーム
#マンションリフォーム
#リフォーム


給水側か排水側の故障だろう


洗エールレンジフード_給水トレイ・排水トレイ.jpg

想定されたのは、給水側か排水側の故障です。


給水側


まずは給水トレイに水(本来お手入れする場合にはお湯)を入れて作動。すると水がすべて給水されず、半分ほど残ってしまいます。ということは給水側の故障であろうということで、点検が始まりました。

洗浄ボタンを押して清掃が始まると、お湯の入った給水トレイにパイプが下りてきてポンプで給水を始めます。パイプには目の細かなフィルターが付いています。ここにほんの少しの繊維のようなものが付着していて、おそらくこれが原因で完全な給水できなくなっていたようです。

この繊維のようなものは、清掃後に給水トレイを洗って布巾などで拭いた繊維くずが8年分溜まったものでしょうという話でした。拭いたときには目立たたないし、実際の繊維くずもちょっと太い糸が1.5センチほどというものでしたが、給水パイプの細かなフィルターには邪魔なものとなっていたようです。

今回は「ポンプフィルターの清掃」と出張修理明細書には書かれていました。ポンプフィルターそのものの交換となるとかなり費用がかかるので、清掃のみで様子を見た方がいいとのアドバイス。「それでもだめなら交換しましょう」と言われました。

結果的にはこれで大丈夫でした。


排水側


排水側は構造が簡単で、排水トレイの上にスライド式の扉があるそうで、排水の際にはここが開いて洗浄した水が流れるようになっているとのことでした。

こちら側の故障としては、油汚れでスライドが開かないということが多いそうです。


自動洗浄の様子を観察


点検、清掃の際にレンジフードの上のパネルをはがすと、中が見えるようになりました。クリナップのショールームに行ったとき、洗エールレンジフードの全面がガラス張りになっていて、掃除の様子が見えました。パネルをはがしてまさにその状態に(ガラスは張っていませんが)。

「なかなか見ることができないから、掃除の様子を見てみるといいですよ」と言われ、興味深くその様子を観察しました。写真を撮っておけばよかった、と思ったのは後から。残念です。

参考までに動画を貼っておきます。




パナソニック担当者からのアドバイス


お湯の入れ方


「いつものように掃除を始めてください」と言われ、お湯を沸かして給水トレイへ入れてさらに水を入れました。「40℃〜45℃のお湯」と書いてありますが、いつも手の感触でお風呂より少し熱めの感じで入れています。

そこでまず「ストップ」がかかりました。給水トレイはプラスチック容器です。そのためお湯が先ではなく水を先にと。変形してしまうのを防ぐためです。実際に修理に行った先で、変形して取り出せなくなった給水トレイもあったとか。

一番いいのは給湯器を47℃に設定して、キッチン蛇口の温度調節を一番熱い状態にして入れるのがいいとのこと。「40℃〜45℃のお湯」と書いてありますが実際には47℃ぐらいまでは大丈夫だそうですし(メーカーの人が言っているのだから大丈夫なのでしょう)、熱い方が汚れが落ちやすいそうです。


洗剤NG


汚れ落ちがいいだろうと洗剤や重曹を入れてしまう人もいるんだとか。特に大掃除の時期に普段お手入れをしていない人がすると、そんなこともあるそうです。そうなると給水パイプが詰まってしまい、大変なことに。

取扱説明書をしっかり読んで、書かれているとおりにする、余計なことはしない、ということですね。


ファンフィルター以外は手で掃除を


「自動洗浄」をレンジフードすべてをきれいにしてくれると思っている人もいるそうで、整流板など周辺を一度も掃除したことがなくて油が固まってしまっている事例もあるとのこと。

そういう場合は、修理以前に業者による清掃が必要になってしまい余分な出費に。給水トレイや排水トレイがセットしてある部分のパネルが油汚れで開かなくなることもあるそうです。

ファンフィルターのみではなく、レンジフード周辺も自動できれいにしてくれるなら、どれほど嬉しいことか。もちろんそこまでは無理でしょうけどね。


給水トレイは自然乾燥でOK


今回の故障原因は、給水トレイを布巾やタオルで拭いたことによる繊維くずが残っていたことです。これは自然乾燥でよいとのこと。

乾かしてからセットするのでもよいし、多少濡れたままでセットしても大丈夫だそうです。

ちなみに排水トレイは清掃後の水が流れて来るだけの場所。繊維が付着しても大丈夫なので、使用後に洗ってから布巾などで拭いてもよいし、自然乾燥でもよいとのことでした。


  • 洗浄時のお湯は熱めがいい(ただし上限は約47℃)
  • 洗剤は絶対入れてはいけない
  • 自動洗浄はファンフィルターのみなので、周辺の掃除は必要
  • 給水トレイは自然乾燥で




まとめ


故障は困りものですが、たまにはメーカーの方にあれこれと教わるのも悪くないなぁと感じました。

洗エールレンジフードで一番気になる点は、ファンフィルターの交換。リフォームしたときに尋ねましたが、約10年後で費用は約20,000円だったかと記憶しています。

この点についてパナソニックの方に尋ねたところ、必ずしも10年後というわけではないそうです。目安が10年だということで、使用状況によって異なるとのこと。フィルター交換に該当するランプが点いても、点検の結果まだ使える状態であれば交換はしないと言っていました。

状況を見て判断してもらえるなら、無駄な出費にならず助かります。

今回の点検、修理の費用については、後日クリナップから請求書が送られてくるそうです。「ポンプフィルターの清掃」のみでしたが、出張費用もかかるでしょう。費用がわかりましたら、追記したいと思います。


【追記】
かかった費用は、技術料2,500円と出張料2,100円の合計4,600円(税抜)でした。出張料はスマイル会員価格で割引になっています。

2つのブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ 



にほんブログ村・ハッシュタグ
#暮らしを楽しむ #シニアライフ #シニアブログ #日々の暮らし

人気ブログランキング・ハッシュタグ
   

にほんブログ村 60代の生き方 ランキング

人気ブログランキング シニアライフ

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいと... - にほんブログ村

タグ

クリナップ・洗エールレンジフードの故障|よりによって年末で忙しいときに・・・


follow us in feedly

築13年の中古マンションを購入し、ほぼ全面リフォームして住み始めてからこの秋で8年になりました。

キッチンはクリナップのクリンレディ。現在はクリンレディは販売終了で、後継はステディア(STEDIA)です。
クリナップを選んだ理由のひとつに、ファンフィルターを自動で洗浄できるレンジフード、「洗エールレンジフード」があったことが挙げられます。

にほんブログ村・50代の生き方 ランキング

人気ブログランキング・50歳代

普通のレンジフードと比べると、10万円ほどの価格差があって迷いました。室内ほぼすべてをリフォームしたため、ほかの箇所に10万円を回すことも考えたからです。それでも「年齢を考えたら少しでも楽なものを選んだ方がいい」という夫の言葉に背中を押されました。

おかげで楽をしていましたが、8年を超えたところで故障を起こしたようです。よりによって年末で忙しいときに・・・

右向き三角1ゆきのプロフィール・にほんブログ村


洗エールレンジフードの洗浄中に異変が


洗エールレンジフード_操作パネル.jpg

洗エールレンジフードは、約1ヶ月で洗浄ランプが点灯し、洗浄が必要となります。

右向き三角1クリナップ・洗エールレンジフードで換気扇は大掃除いらず

今日もいつもと同じようにランプが点灯。洗浄を始めてしばらくすると、お知らせ音が鳴り始めました。いつもより早いような気がするけれど終わったのかな・・・と見に行くと、上の写真のようなランプが点いています。

「確認」「3」の表示なら、給湯トレイのお湯不足の合図。でも「点検」「3」の表示で、しかも洗浄中だったので「洗浄」ランプも。

「点検」「123」の表示だとファンフィルターの交換時期だと説明書には書かれています。ファンフィルターの交換は約10年後と聞いていましたが、早めに来たのか・・・とちょっとガッカリしながらクリナップスマイル会員専用ダイヤルに電話をかけました。

クリナップには、20年間快適に使えるよう有料で提供されるサポートプログラム「クリナップスマイル会員」というもの(20年間の品質保証および無料修理保証をするものではありません)があり、これに加入しています。5年ごとの点検、消耗品などの購入費用や修理対応時に必要となる部品代が10%OFFになるなどのサービスがあります。

キッチンやマンションのリフォームに関する記事は、こちらのハッシュタグからどうぞ。

にほんブログ村・ハッシュタグ
#キッチンリフォーム
#マンションリフォーム


故障だけれど換気扇は使えるとのこと


サービスセンターでいろいろと調べてくれて、折り返し電話をもらいました。
「おそらく洗浄部分の部品の故障かと思われます」
やっぱり・・・。

当然ですが、年内の修理は無理。そうですよね、もう仕事納めですからね。

修理の予約はできるということだったので、明日メーカーから電話をもらい、修理日程の調整をすることになりました。

でも今の状態だと、まったく動かないんだけど・・・と心配していたら、その点も説明がありました。
  1. レンジフードに繋がっているブレーカーをオフに。
  2. 再度ブレーカーをオンにしてレンジフードの電源が入れば換気扇は使える。
  3. 「洗浄」ボタンは押さないように(また同じことになるので)。



説明どおりにやってみたら、思わぬことが!


レンジフードに繋がっているブレーカーってどれ?と思いながら、「キッチン」とあるブレーカーをオフにしてみました。

ブレーカー.jpg

突然大きな音が鳴り始めました!「えっ!なに?」と思ったら、インターホンのモニターに「ガス警報器に異常発生。配線または警報器を確認してください」と大きな文字が!

キッチンのブレーカーをオフにしたので、ガス警報器も切れてしまったようです。あぁ、びっくりした。

レンジフードの電源が切れているのを確認して、ブレーカーをオンに。ガス警報器の注意音もモニターの文字も消えました。

レンジフードの「洗浄」ランプは点いたままですが、換気扇は動くので年末年始はこのままで過ごします。換気扇も使えなくなるのかと思っていたので、ホッとしました。あとはメーカーからの連絡を待ちます。


おわりに


年末年始で修理はできませんが、ぎりぎりで対処方法を教わることはできました。数日違っていたら、サービスセンターも電話が繋がらなかったでしょう。

フィルターとファンを自動で洗浄できるのは便利なことですが、故障の場合は自分でどうにもできないというデメリットもあります。それでも私にとっては便利さの方が大きく感じられます。

修理後も大事に使っていきたいです。

2つのブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ  



にほんブログ村・ハッシュタグ
#キッチンリフォーム #マンションリフォーム #シニアライフ #シニアブログ #日々の暮らし

人気ブログランキング・ハッシュタグ
  

にほんブログ村・50代の生き方 ランキング

人気ブログランキング・50歳代

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいと... - にほんブログ村

タグ

ついでに掃除、ついでに片付け、ついでに整理。もうすぐ60歳の私にはそんな感じが合っている


follow us in feedly

数日留守にすることがあり、その前に冷蔵庫、野菜室をできるだけ空にしておきました。下ごしらえして冷凍したり、せっせと食べたり。

私の留守中、夫は好きなものを好きなように食べています。きちんと数日分の食事を用意して出かける友人もいますが、我が家でそれをするとかえって迷惑なようです。野菜なんてダメにしてしまいますし。冷凍ご飯だけは用意しておきますが、それだけで済むので助かっています。

帰宅後にほぼ空っぽになった野菜室を見たら、「これは野菜室をきれいにするチャンス!」と気づきました。野菜でいっぱいになっているときより、ずっとラクです。

にほんブログ村・ハッシュタグ
#冷蔵庫整理


家事が好きでない主婦


別ブログのプロフィールに書いていますが、私は家事がそれほど好きではありません。嫌いではありませんが、「キッチンに1日中いても飽きない」「掃除が趣味」・・・そんな主婦にはなれませんでした。

専業主婦ですから、これが私のお仕事。そんなふうに思いながら35年以上が経っています。それでも、自分を含めて家族が気持ちよく過ごせるようにということは考えてきました。かつ、いかにラクにできるかも。

右向き三角1ゆきのプロフィール・にほんブログ村


「ついで」が一番ラク


たどり着いたのが、「ついでにする」ということ。特に掃除や片付けに関しては、このやり方が私には合っているようです。

野菜がほぼなくなった野菜室を見て、まず始めたのは仕切り用のショッピングバッグの処分。だいぶ古びていました。空になった野菜室は、ゴミをよけたあとにキッチン用アルコールで掃除。そして新しいショッピングバッグを設置。

野菜室.jpg 野菜室.jpg

これだけで気持ちもすっきり。たまってきたショッピングバッグも活用できて一石二鳥です。


「ついで」できれいになれば負担は少ない


若いころは掃除や片付けを一気にしても、疲れるということはほとんどありませんでした。まもなく60歳となる身では、同じようにはできなくなっています。

手を洗ったついでに洗面台の掃除を。
顔を洗ったりお化粧をしたついでに、鏡の汚れに気づけば拭っておく。
トイレを使ったついでに、ちょっとホコリが目についたついでに・・・。
洗面所でを髪を乾かしたついでに、床をざーっと拭き掃除。
電気のスイッチに手の跡を見かけたついでに、さっと拭いておく。

そんな感じでちょこちょこ手と体を動かしています。

先日は夫が車のタイヤを冬用に交換したついでに、タイヤが置いてあったベランダの床掃除を。

「さあ、やるぞ!」という感じより、「目についたときに」が今の私の体力にも気力にもぴったりです。

にほんブログ村・ハッシュタグ
#掃除 #大掃除


おわりに


大掃除を始めている方も多い時期ですね。私も気になっているところはありますが、もう無理はしません。夫婦二人暮らしで汚れもたかがしれています。狭いマンションですしね。

高いところは夫に協力してもらいますし、天候によっては時期をずらすことも受け入れられるようになってきました。

30代になったばかりのころ、張り切って大掃除をして腰を痛めたことがあります。年末に整形外科通いをして何だか情けない気持ちになったことを、今でもはっきり覚えています。

60代70代を元気に過ごすためにも、力は100%出さないこと。60年生きてきて、それでも大丈夫なんだと思えるようになってきました。

というより、無理がきかなくなってきたのですけどね。


2つのブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ  



にほんブログ村・ハッシュタグ
#50代主婦 #シニアライフ #50代女性 #シニアブログ

人気ブログランキング・ハッシュタグ
  

にほんブログ村・片付け・収納(個人)ランキング

人気ブログランキング・50歳代

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいと... - にほんブログ村

タグ




スポンサーリンク
検索ボックス
 
プロフィール
ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいと... - にほんブログ村



カテゴリ


過去ログ
Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます