親の家の片付けのカテゴリ記事一覧

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル

50代で中古マンションを購入・リフォームした記録とその後の暮らし方・ライフスタイル

スポンサーリンク

カテゴリ:親の家の片付け

【親の家の片付け】|「カツオが磯野家を片づける日」で学ぶ基本の基


follow us in feedly

数年前に司法書士さんによる相続手続きのセミナーを受講しました。
受講の動機は、高齢の親を抱え断片的な知識しかなく、きちんと情報や知識を整理したかったこと。

その際に例として使われていたのが、誰でも知っているサザエさんの磯野家です。
渡部亜矢著「カツオが磯野家を片づける日」の磯野家が例にされていました。

このときは相続手続きに関してのみでしたが、「カツオが磯野家を片づける日」は片付けパートと相続パートとに分かれています。

親の家の片付けは磯野家のみならず、誰でもがいつかは直面する問題です。
50代の私にとっては、まさに今目の前にしている部分もあれば、今は手がつけられない部分もある大きなテーマとなっています。


home-2609600_640.jfif







現在の磯野家の状況


家族7人、そしてタマと一緒に住んでいた当時から30年が過ぎ、昭和的団らんの象徴のような平屋住宅は築50年に。

  • 波平 庭へ転げ落ちて盆栽に頭をぶつけて84歳で急死。

  • フネ 80歳 年を重ねていくにつれ掃除が行き届かなくなり、片付けも難しくなってきた中、夫婦二人で暮らしてきた。

  • サザエ 54歳 実家近くに住むものの、コンビニパート勤め(店長代理)で住宅ローンやタラオの留学費用を支えている。

  • マスオ 58歳 勤務先の商社が年俸制になり(実質減給)、家計は火の車。大阪にいる母親が認知症で施設に入り、度々大阪へ帰っている。

  • タラオ 33歳 アメリカの大学院へ進学。

  • カツオ 41歳 電気メーカーの営業職で、長く地方転勤を繰り返してきた。ひと月前に東京本社の係長に昇進し、独身寮へ入居。

  • ワカメ 39歳 外資系企業勤めで、海外出張もこなすキャリアウーマン。3歳と5歳の娘の母で、夫(一人っ子)は中国に単身赴任中。介護サービス会社を利用している義両親宅へも駆けつけなければならないダブルケア(子育てと介護の同時進行)真っ最中。


私たちが知っているアニメの磯野家とはまったく異なる現在の状況ですが、あくまでフィクションです。

原作の世界観と本書の内容は、まったく関係がありません。原作には感謝を込め、敬意を払って、本書の教材として使わせていただいています。

と「はじめに」で書かれています。

それぞれが自身の生活や家族のことに忙しく、親のことは気になりながらも「元気でいるな大丈夫だろう」と後回しになってしまう。
どこの家庭にもあり得る磯野家の現況です。


カツオの片付け開始!


散らかり放題の実家の様子に、波平の葬儀を実家で行うのは無理となりました。
せめて四十九日は家でやりたいとカツオは考え、片付け始めます。
が、一人で片付けているうちに、イライラが爆発!!

どこから手をつけていいのやら・・・
片付けても片付けても・・・
といった状態なのでしょうね。

そんなカツオに強力な助っ人たちが現れます。


カツオの幼なじみたちが大活躍


  • 花沢さん 花沢不動産の二代目社長。最近では「空き家ビジネス」まで始めたやり手実業家。

  • 早川さん 「実家片づけアドバイザー」として仕事をしている。片付けや収納の方法だけでなく、片付けるときの親とのコミュニケーションの取り方や、法律の専門家への頼み方などもアドバイスしてくれる。


カツオの大親友だった中島君は、「相続パート」で売れっ子ファイナンシャル・プランナーとして登場します。
カツオが大好きだったかおりちゃんは登場せず!笑笑。


「親の家の片付け」の入門書として最適


「相続パート」では将来フネが亡くなった後、実家を売るのか貸すのか誰かが住むのか・・・という問題も出てきます。
誰も住まない場合、「空き家問題」が生じる可能性も。

さらに実家の片付けによって見えてきたフネの生前整理の必要性にも触れています。

こんなふうに現在の日本の家庭でよくある「親の家の片付け」「遺産相続」「遺品整理」「生前整理」「空き家問題」といったことを、「磯野家」という誰でも知っている登場人物に語らせることによって、わかりやすく説明しているのがこの本です。


まとめ


私自身も今後3軒の親の家の片付け、処分が待っています。
今できること今はできないことをしっかり分け、家族だからこそできることに目を向けて、準備していきたいと思っています。

さらには息子たちに将来「親の家の片付け」で手をわずらわせることが少しでも減るよう、我が家の片付けも継続していきたいです。


断捨離ランキング
片付け・収納(個人)ランキング

タグ

写真の整理、処分、断捨離|捨てなくてよかった両親の昔の写真


follow us in feedly

GWに実家へ行き、グループホームに入居している母の元を訪れました。

父は毎日母に会いに行っています。
母の好物の甘いものと古い写真を携えて。

色あせた古い写真が母の記憶を呼び戻すきっかけになっているようです。



album-2974646_640.jpg







親世代にとっての快適な空間


実家へ行ってはせっせと片付けや整理をしていた時期がありました。
今では大きな片付け物はせず、衣替えや季節ものの収納の手伝いをする程度です。

テーブルの上が多少乱雑にになっていても、それで父が過ごしやすいのであればよしと思っています。

90を過ぎた父にとっての快適な空間とはきれいに整理整頓された家ではなく、長年見慣れた場所に収納してあって探すことなく出し入れできることや、安全を重視した環境です。

親の家を片付けるときのNGワード・我が家の場合」という記事に書いたように、高齢の親にとっては「身の回りを片付けること」イコール「死への準備」と感じることもあるようです。

若い世代と高齢者とでは「死への準備」の意味が全く異なると思います。



捨てなくてよかった両親の昔の写真


最近父の身近に増えたものは、古いアルバムからはがしてきた母の写真です。

母1人が写った昔のブロマイドのような(笑)写真。
結婚前に母の両親や兄弟姉妹と撮った写真。
両親の結婚式の写真や新婚旅行の写真。
私や妹たちが一緒に写っている写真・・・等々。

父は写真を撮ることが好きでしたから、実家には多くの写真があります。
これらはそう遠くない将来に両親が亡くなった後は、何らかの形で処分、処理しなければならないものです。

それでも今は両親にとって大いに役に立っているものです。
私たちにとっても母との会話の仲立ちとなってくれるもの。

両親が昔の写真を挟んで会話をしているのを見ると(会話と言えるようなものではないときもありますが)、処分しなくてよかった、捨てなくてよかったと感じます。
母の記憶は現在よりも過去にあるようですから。


デジタルよりも手に取れる写真の効用


写真に限らず増えていくものは、手放してしまえばすっきりと片付くという利点があります。
写真であればデジタル化してしまえばコンパクトに保存できます。

でも80代、90代という年齢は超アナログ世代です。
スマホやタブレットで見る写真よりも、手に取って触ることのできる写真の方がリアルな感覚でそのときがよみがえってくるようです。

色あせたセピア色や紙の質感は「記憶」を引き出すのに役に立つのだと感じます。
認知症が進んだ母にとってはなおさらです。


写真の整理、処分は本人が


写真の処分は持っている本人がするのが一番いいと思っています。
家族であっても自分のものでないもの、ましてや人が写っている写真は気持ち的に処分しにくいからです。

整理や処分の方法はその人によって異なるでしょう。
気持ちや思い出をどう断捨離するか。

まずはそこを考えて気持ちの整理をしてから、写真の整理に手をつけたいと思っています。


まとめ


父の趣味の1つは写真を撮ること。
私が子どものころの写真もたくさん撮ってくれて、一言を添えたアルバムを何冊も作ってくれていました。
それらは私の宝物として手元にあります。
たぶん今後もその数冊のアルバムはそのまま置いておくことになると思います。

私が処分しようと考えている写真は、学生時代やOL時代のスナップ写真。
もう手放していいと思えるものがたくさんあります。

息子たちが将来処分に困ることのないよう、60代までには手をつけたいものの1つです。

タグ

親の家を片付けるときのNGワード・我が家の場合


follow us in feedly

50代は自分の家の片付けだけでなく、親の家の片付けも考えなければならなくなる年齢です。
親の家とはいえ他人の家。
一方的な考え方で片付けると、親子の間にトラブルも起きがちです。

自分の経験も踏まえた上で、親の家を片付けるときのNGワードについて考えてみました。


IMG_1320.jpg







親の家の片付けは死生観も影響する


親と子は当然のことですが、年代が異なります。
生きてきた時代も違います。

「人間は生まれたその瞬間から死に向かって歩いている」とはいうものの、50代半ばの私とまもなく90歳という父とでは、死への距離感が全く異なっていると思います。
それを顕著に表した父の言葉は
「【もう】って言うのやめてくれ」でした。

認知症対応型グループホームに母が入居した後、実家の片付けを妹としていたときのことです。
「これもういらないよね」
「これもう使わないよね」と言った私たちに対して父から出た言葉でした。

「もう」という言葉は、父にとっては今生きている自分たちを否定するように聞こえたのでしょう。
気持ちを推し量ることはできますが、同じ感情を心から実感するのは父の年代になってからではないかと思います。


親にとっての【いつか】は心の拠り所なのかもしれない


「いつか使うかもしれない」という言葉に、若い世代で片付けや断捨離に励んでいる方なら、
「【いつか】はやって来ない」と思うでしょう。
私も片付けをしているときにはそう考えます。

でも親世代にとっての【いつか】は希望なのだと感じるようになりました。
【いつか】があってほしいという希望。
いつまでも元気で長生きしたいという希望。

そんな希望を抱いている親に
「いつか使うっていつよ?」
「いつか使うって言うものほど使わないでしょ!」
「【いつか】なんてあるわけないじゃない!」と言ってしまうのは、
「もうそう長くは生きられないのだから」と言っているのに等しいもの。

元気で長生きしたい思いを打ち砕くものです。
子ども世代はそんな意味で言っているのではないのですけどね。


親の気持ちを汲んだ片付けを


すっきりと片付いた家で暮らしたら心地よい。
どの世代でもそんな思いはあるでしょう。
50代の私はこれから先の人生、これから先の生活をより良くするために片付けたいと思って行動しています。

快適に暮らしたいけれど片付ける体力も気力もない、というのが親世代でしょう。
子ども世代が片付けてくれるのは嬉しいが、あくまでも親世代の価値観、ペースでやってほしい。
それが本音ではないかと思います。

親子でも他人。
ものに対する思い入れは人によって異なるものです。
ものがない時代を経験しているから、使えるもの(使わないけれど)を処分することに罪悪感がある のでしょう。
「使えるから」は、父と片付けをしていて度々聞かされた言葉です。


ものには人生が詰まっている


親と会話しながら親の家の片付ける。
そんな経験から、【ものにはその人の思いや人生が詰まっている】と感じました。

人の思いや人生を蔑ろにすることはできません。
年老いた親だからこそ、じっくり話を聞きながらの片付けが必要なのだと思います。

そんなひと時に、今まで聞けなかった思い出話が飛び出すかもしれません。
片付けが進まなかったとしても、それはそれで大収穫と言えるでしょうね。


関連記事
右向き三角1写真の整理、処分、断捨離|捨てなくてよかった両親の昔の写真


ブログ村テーマ
暮らしの見直し

明日のためにできるシンプルなこと
50代を考え暮らす
タグ

親の家の片付け|「捨てる」ことよりもまずは安全な空間を作る手助けを


follow us in feedly

認知症対応型グループホームに入居している母の大腿骨骨折、入院、手術に伴い実家にしばらく滞在していました。

その間、病院にいる母の元へ通う以外は父のお世話。
間もなく90歳になりますが、元気に一人暮らしを続けています。

それでも娘がいる間は家事から解放されてホッとしている様子。
実家滞在中は、家事をしながらあちらこちら気になるところを片付けたり整理したりしました。


plants-2127114_640.jpg







「親の家の片付け」イコール「処分」「断捨離」だけではない


親の家の片付けというと、「不要なものを処分する」ということが頭に浮かびます。

物があふれていて生活に支障があるなら別ですが、親が暮らしているテリトリーに手をつけるときに重要なのは「衛生的であるか」「危険なところはないか」ということだと常々感じています。

元気で自立はしていても、体を動かしにくくなり動作がゆったりと緩慢になってくるのが高齢者です。
その状態に合わせた空間づくりが必要になってきます。


衛生面 (キッチン)


キッチンを衛生的に保つことは食中毒の防止にもつながります。
高齢ですから若い人よりは抵抗力や免疫力が低下しています。
キッチンの衛生面は健康、寿命にも関わってきます。

食器用のふきんやテーブル用のふきんがが古く汚れていないか、水切りかごにヌメリはないか、乾物類や保存食品の賞味期限は切れていないか、冷蔵庫の奥の方にいつのものかわからない食品が隠れていないか・・・。
チェックする場所は多々あることでしょう。


安全面(キッチン)


数年前に実家のガステーブルをIHに変えました。
火災ややけど、袖口などへの燃え移りが心配になってきたからです。

詳細は別ブログの記事として以前書きましたので参考にしていただけたらと思います。

 ・高齢者世帯に工事なしで使えるIHクッキングヒーター(アイリスオーヤマ)


安全面(室内)


高齢者は白内障や遠視の進みなどで視力が衰え視野も狭くなりがちです。
家の中の段差につまづくことが多いのか、上手に越えているのかをさりげなく見て、つまづきがちであるなら段差解消の手立てが必要になってきます。

室内を歩くときによろけることなく歩けるのか、手すりが必要なのかも見ておく必要があります。

介護認定されているなら介護保険で手すりをつけたり、据え置き式の手すりをレンタルしたりすることもできます。
ホームセンターにも手すりは様々な種類のものがありますから、家族が自分の手で取り付けることも可能です。

室内にものが床置きになっていないかもチェックが必要です。
床にものが置かれているなら、これらは片付けなければなりません。
つまづいてたり踏んで足を取られて転倒する可能性がありますから。

片付けるときは親と一緒にわかりやすく。
目につきやすい場所に、タグやシールなどで何が入っているかわかるようにしておいてあげるとよいと思います。


まとめ


高齢の両親だけの暮らしや一人暮らしの場合、時々訪問して暮らし全般を見守ることが大事だと感じています。

先月まではできていたことが急にできなくなっている、急激に体力が落ちている・・・等々高齢者は体調や生活の様子が短期間で変化することがあります。

小さな変化に気づけるよう、でも「監視」にならないよう、高齢の親との適度な距離感を保つことが必要だと思っています。
この経験は、いずれ訪れる自分自身の老いと向き合うときに役に立つはずだと考えています。

関連記事
右向き三角1親の家を片付けるときのNGワード・我が家の場合

ブログ村テーマ
暮らしの見直し

明日のためにできるシンプルなこと
50代を考え暮らす
タグ


よく読まれている記事です


・便利な突っ張り棒|壁や天井に跡をつけないで使う方法

・毛布の断捨離をして物には2つの寿命があることに気づいた

・断捨離、片付けが切実に必要だと実感した年末の出来事

・ご近所で見かけた下駄箱から考えたこと|物欲はまだまだ捨てられない

・トイレはTOTOレストパルに決定!決め手は「きれい除菌水」と収納キャビネット

・水回りの掃除に便利なグッズ|いらなくなったボディタオルを再利用

・水切りカゴをきれいに保つ|毎晩の食器片付けの最後に私がしていること

・フィットネスウエアの断捨離|着ていない、着られないのに断捨離できなかった理由とは



スポンサーリンク



検索ボックス
 
プロフィール
名前:ゆきの
年齢:50代
職業:主婦


・プロフィール
・メッセージフォーム
・Twitter
・プライバシーポリシー


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

最近の記事
カテゴリ





過去ログ
Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます