暮らし-断捨離のカテゴリ記事一覧

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル

50代で中古マンションを購入・リフォームした記録とその後の暮らし方・ライフスタイル

スポンサーリンク

カテゴリ:暮らし-断捨離

来客用布団の処分|迷って悩んで出した結論


follow us in feedly

30年前、結婚するときに母が用意してくれた2組の来客用布団。
布団わたを打ち直しながら長らく使ってきました。


image-70bb1.jpg



出番が減った来客用布団


今までは4人の両親たちが宿泊するときに活躍してくれていた来客用布団。

義母は亡くなり母は認知症対応のグループホームで過ごす今、2人の父たちが我が家へ来ることもほとんどなくなり、出番は激減。
布団の処分を考えることもありました。


出番が減ったのに処分できない理由


すぐに処分できずにいた大きな理由は、母が用意してくれた母の気持ちがこもった布団だからということです。

来客用布団は圧縮袋を使っても、我が家の1間分の押入れの6分の1ほどのスペースを占めています。
スペース的には処分できたら押入れに余裕ができ、整理がしやすくなるでしょう。

悩んだ末に出した結論は、両親が生きている間はそのままにしておこうというものでした。
母の心を無下にはできませんでした。


迷ったら立ち止まってみる


来客用布団がなくても、必要ならレンタルしたり近所の宿泊施設を使ってもらったりする方法もあります。
元々持っていなかったら、迷わずそんな方法をとったことでしょう。

今手元にあるものを処分、断捨離するとき、私のように迷う人も多いでしょうね。
迷ったらとりあえずそのままにしておくのも1つの方法です。
時間が解決してくれることもありますから。


新たな出番がやってきた来客用布団


そんな中、来客用布団の出番が再びやってきました。
長男が結婚し、夫婦で泊まりで訪問してくれたからです。
今後は彼らが使うことになるでしょう。

使ってくれる人が現れたことで、ホッとしている面もあります。
それはきっと私がこの2組の布団を処分したくなかった気持ちの表れなのでしょう。

迷ったときに慌てて捨てなくてよかった。
そんなふうに思っています。


持ち物を減らしたい気持ちと捨てられない気持ち


50代になり少しでも持ち物を減らしてスッキリ暮らしたいという気持ちがあり、2年前の引越しを機に多くのものを処分しました。

もっと身軽になりたいという思いもあります。
それでも処分に迷ったら、一旦立ち止まってみることも必要なのだと感じました。

今手元にあるものは、30年という夫婦の歴史の一部なのですから。
迷い立ち止まり、悩み考えるながら、持ち物の見直しをしていきたいと思っています。


捨てようかどうしようか迷ったときに参考になるテーマです。
ブログ村テーマ
断捨離してますか?

断捨離できないもの、残したいもの
タグ

「使えるもの」と「使えるかもしれないもの」|ものを増やさないための工夫


follow us in feedly


キッチンでふきん洗いに使っていたプラスチックボウル。
傷や汚れが多くなってきたので、ダイソーで購入して新しいものに交換しました。


chair-1228423_640.jpg



不燃ゴミ予備軍から使用可能なものへ


不燃ゴミの日に出そうとベランダへ置いておきましたが、スロップシンクで使うのに便利と気づきました。

我が家のスロップシンクは深さがあり、たくさんの水をためないと雑巾などを洗うのに不便に感じていました。
この不要になったボウルを使うと適当な水量で洗うことができて便利です。

スロップシンク.JPG

不燃ゴミ予備軍から再生させることができました。
まだ使えると気づくことは、ちょっと嬉しいことでした。


「使えるもの」と「使えるかもしれないもの」


使えるものは最後まで使いたいと常々考えています。
そうは言っても「使えるかもしれないもの」と「使えるもの」とでは意味が異なります。

「いつか使えるかも」でとっておくと、ものが増える原因になります。
「使えるかも」でとっておいたものがあるなら、「使えるもの」に変えることが有効的な活用です。
別の場所で使ってみる、別の使い方をしてみるなど何か工夫はできないかと考えるのも楽しい時間です。

「使えるもの」に変えられないなら潔く処分。
「使えるかも」でとっておいても、「使わないもの」はこの先もきっと使わないでしょう。
使わないのなら場所を占領するだけになってしまいますから、処分するのが適当だと思います。


捨てる後ろめたさを払拭する方法


どうしても捨てる罪悪感を感じてしまうなら、今後同じことをしてしまわないようにしっかりと心に留めておきたいです。

新たにものを買おうとしたときに、本当に必要なのかどうか、本当に使うのかどうかを考えるよすがにしたいと思います。


捨てようかどうしようかと迷ったときに参考になるブログ村のテーマです。
ブログ村テーマ
捨てても、大丈夫だったもの。

持っていなくても困らないもの
断捨離してますか?
断捨離できないもの、残したいもの
タグ

ささやかな断捨離|キッチンマットの使用をやめて新たに始めたこと


follow us in feedly

私の妹2人はキッチンマットを使っていません。
理由はマットに汚れがたまって、かえって汚いから。

私はずっと使い続けてきました。
理由は水や油で床が汚れるのがいやだから。

そんなキッチンマットを主婦になって30年目で手放しました。

ブログ村テーマ
捨てても、大丈夫だったもの。

持っていなくても困らないもの


kitchen-1597018_640.jpg



キッチンマットを使い続けてきた理由


妹たちは調理中に床が汚れたら、その都度拭けばいいと言っていました。

私は【その都度】というのが面倒に感じていました。
だって・・・
調理中に床を拭く→手を洗ってまた調理→床に水や油が跳ねたらまた拭く→また手を洗って調理再開・・・と何度手を洗えばいいんだか!

それがキッチンマットを使い続けてきた大きな理由です。


キッチンマットの使用をやめた理由


  • キッチンマットの洗濯
  • キッチンマットの使用をやめようと思った一番の理由は、マットのみで洗濯するのが面倒に感じてきたためです。

    マットの洗濯は週に1度、洗濯機でキッチンマットのみで。
    ほかの洗濯物は終わったのに、また別に洗濯するのって結構面倒です。
    手洗いじゃなくて洗濯機が洗ってくれますけどね(^^;

    また、洗濯のときにいつも気づくのは髪の毛が多く絡まっているということ。
    マットの両面に粘着テープのコロコロを転がして髪の毛を取り除いてから洗濯しますが、干して乾いてからもまたコロコロを転がしています。
    これも面倒な点。

  • キッチンの掃除
  • そしてもうひとつ面倒なのは掃除のとき。
    掃除機をかけるにしても雑巾がけをするにしても、キッチンマットをいったん除けてからでないとできません。

    このひと手間も面倒。
    それならいっそのことキッチンマットがなければいい!という結論に至りました。


    即行動に移せなかった理由


    とはいえ、主婦になってから30年も使い続けていたものですから、ハイ今日からやめましょうということはできませんでした。

    マットなしのキッチンがどのくらい汚れるか、床が傷むのではないか・・・そんなことを逡巡しながら数週間。

    掃除のたびのキッチンマットの邪魔さ加減がピークに達し、ようやく踏ん切りがつきました。


    キッチンマットなしの生活の快適さ


    キッチンマットなしの生活になって1週間ほど経ちます。
    掃除のときの手間が省けて快適です。
    ないものは洗濯しなくてもいいし。

    そして懸念だった床の汚れは、今のところ気になるほどではありません。
    若い頃と違って揚げ物はほとんどしなくなりましたから、油汚れが少なくなっているからかもしれません。

    キッチン.JPG


    キッチンマットの使用をやめて新たに始めたこと


    キッチンマットの使用をやめるときに決めたことがあります。
    それは、毎日の台所仕事の最後に床を拭くということ。

    2度拭きいらずのワックス効果のあるクリーナーを使っています。



    今まではこのクリーナーを使ってフローリングをまとめて拭いていましたが、今ではキッチン回りの床だけは毎日のルーチンワークに。
    習慣になってしまえば苦にもなりませんし、何よりきれいを保てることがモチベーションになっています。


    30年がかりのささやかな断捨離。
    50代になっても、ものの見方や考え方が変わることで家事の仕方も変えることができます。
    体力気力が落ちてくる年齢に向けて、もっともっと効率的にできることを見つけていきたいです。


    ブログ村テーマ
    暮らしの見直し

    すっきり暮らす
    スッキリさせた場所・もの
    タグ

私がものを捨てる理由、彼女が捨てない理由


follow us in feedly

2年ほど前の引っ越しを機に、多くのものを処分しました。
まだまだ処分し切れていないもの。
2年生活していくうちに増えたもの。
持ち物の見直しが必要な時期に来ています。

ブログ村テーマ
暮らしの見直し

捨てる。


flower-1308331_640.jpg



大学時代のテキストやノートの処分


長男を通して付き合いが始まり、20年近く親しくしている友人がいます。

彼女と久しぶりにおしゃべりをしていて
「私、まだ大学時代の本やノート捨てられないわ」
「私は引越しのときに思い切って処分したよ」
といった会話になりました。

私が大学時代のテキストやノートを処分した経緯はこの記事に書きました。
 ・持っていなくても私は私|大学時代のテキストやノートが捨てられなかったわけ


彼女が捨てない理由


私は既に処分してしまいすっきりしています。
まあ後悔したとしても、もう捨ててしまいましたからね(^^;
(あ、後悔は全くありません、念のため)

彼女はまだ迷っている様子。
迷っている理由の1つは、収納するスペースがあるということ。
とっておいても生活するのに何ら不便がない広い住まいです。

今すぐ処分をしなければならない理由もありません。


私が捨てた理由


私が多くのものを処分した大きな理由は引っ越しです。
引っ越しは断捨離の契機になると言いますものね。
私の場合はまさにそのパターンです。

引っ越しと新居での生活が目標ですから、捨て始めると勢いがつきます。
実際引っ越し後にものを探していて、【捨てた】ことを思い出したときには
「よくまあ思い切って捨てたものだわ」と驚くやら呆れるやら(笑)

引っ越しのときには、脳内の状態が日常とは全く異なっているのかもしれません。
それでも、なくても困らなかったし後悔もありませんでした。

ブログ村テーマ
捨てても、大丈夫だったもの。

持っていなくても困らないもの


50代になったのも【捨てる】大きなきっかけ


引っ越しを契機として、スッキリとした状態で暮らしたいという思いは強くなりました。
引っ越し以前は、いつか処分するだろうぐらいの曖昧な気持ちでした。

また50代も半ば近くなり、先のことも考えるようになったことも私を処分に走らせたと思っています。
体が十分動くうちに自分で始末をしたい。
そう考えるようになったのは、50代になってからです。

体が動かなくなってから、人の手を借りるよりも今の内から自分で処分したい。
認知症で自分一人では片付けられなくなった母の手伝いをしたことも、そう考えるきっかけになりました。

自分が亡くなった後、最終的には家族の手を煩わすことになるでしょう。
でもそれを少しでも負担を軽くしておきたいという思いがあります。

もちろん見られたくないもの、触られたくないものもあります。
それよりも、忙しい家族の手を煩わすことはできるだけ避けたいという思いが強いです。

彼女は私とは全く違う考えでした。
「子どもたちに処分してもらうわ」とあっけらかんと言ってました。

そんな彼女も趣味のものだけは自分で処分したいそうです。
趣味のものはそこに気持ちが入っているから、子どもたちも処分に困るだろうというのが理由でした。


先を見据えて【捨てる】【捨てない】を考える


ものを捨てる理由、捨てない理由は様々。
どちらがいいでも悪いでもない。
ものに対する思いはそれぞれだし、人に対する思いも同じこと。

今後どう暮らしたいか、どう自分の始末をつけていきたいか、そんなことを考え始めるのが50代からだと思います。
立ち止まって自分自身の声を聴きながら、処分、片付け、整理を続けていきたいと思っています。


ブログ村テーマ
50代を考え暮らす

すっきり暮らす
スッキリさせた場所・もの
断捨離できないもの、残したいもの
タグ

生きている間に使って楽しまなきゃ!|気に入った食器は普段使いに


follow us in feedly

2年ほど前の引っ越しを機に、かなりのものを処分しました。
食器もそのひとつです。

ブログ村テーマ
捨てる。

捨てても、大丈夫だったもの。
キッチンの片付け・断捨離・収納


cup-1231371_640.jpg



食器処分の基準


食器を収納するスペースそのものは、引っ越し前とそれほど変わってはいないと思います。
それでも使い勝手をよくするために量を減らしました。

キッチン周辺収納を選んだ経緯をこちらの記事に書いています。
 ・キッチンの周辺収納とカップボード|迷った末にキッチンに合わせて選ぶ

食器を処分した基準は
  • 使う頻度

  • 気に入っているかどうか

  • これからも使い続けたいかどうか


気に入っているからこそ大事にし過ぎて、使う頻度が少ないものもありました。
お気に入りの食器や少し頑張って購入した我が家の中では上質な食器は、どうしても大事にし過ぎる傾向がありました。

引っ越し後はそういったものを普段使いしやすい場所に収納して、出番を増やすようにしています。

割れたらそれまで!
また頑張って買えばいい。
そのときには好みが変わっているかもしれないし。
そう思うとかなり気楽に使えるようになったと感じます。


お気に入りの食器を普段使いにしようと決めた理由


普段使いにしようと思ったのは、母の病気がきっかけです。

母は食器集めが好きで、値段が高い安いにかかわらず、気に入ったものをよく購入していました。
父と旅行に行けば、旅先で一目ぼれした焼き物を買ってみたり。
食器の収納のために食器棚を増やしたりもするほどでした。

そんな食器も大事に大事にしまわれ、テーブルに並ぶのはお正月や来客のときのみ。
普段の食卓にはいつも同じような食器が使われていました。
それでもは母満足だったようですが。

もっともっと普段に使えばいい。
そんな娘たちの声に、お気に入りの食器を頻繁に使い始めた矢先に認知症を患った母。

現在は認知症対応のグループホームに入居しているため、自分で買い集めた食器を使うことはなくなりました。
自分で気に入って購入した食器がたくさんあることも忘れているでしょう。

そんな母の姿を見て、どれだけ高価であっても大事であっても、使って自分自身が楽しまなければ!と思うようになりました。


お気に入りの食器を使うことによる効果


気に入ったものを使うと気分がアップ!
きれいに盛り付けようという気持ちが湧いてきます。
お料理も楽しくなります。
そんなふうに、生活そのものにハリが出てくる効果があると感じています。

「人生楽しんだもの勝ち!」
友人がたびたび口にする言葉です。

50代も半ば近くになり、元気に動ける時間はますます少なくなっていきます。
生きている間に楽しまなきゃ!
そう思いながら、お気に入りの食器を大事に使っています。


生きる上で大切なこと
暮らしの見直し
50代を考え暮らす
暮らしを楽しむ
すこしいいこと。うれしいきもち。
タグ

夏物衣類の片付けと一緒に似合わなくなったTシャツを処分


follow us in feedly

そろそろ夏物衣類を片付け始める時期になってきました。
この夏はTシャツを数枚新調したので、古いものは処分することにしました。

2年ほど前の引越しでかなりのものを処分しましたが、処分し切れていないものもあります。
買ったら捨てる!
ものを増やさないための鉄則ですね。

ブログ村テーマ
捨てる。

服の断捨離 ・ 整理収納


blue-443506_640.jpg



衣類処分の理由


夏物衣類を処分した大きな理由は体型変化。
50代になってから体重にさほど変化はなくても、40代とは明らかに体型が変わっています。
その結果、ついこの間までは似合っていたものが似合わなくなることを実感。
 
体型が変われば、去年まですばらしく似合っていた"鉄板"のワンピースが似合わなくなる

地曳いく子さんの「50歳、おしゃれ元年。」に書かれている言葉です。
まさにこの言葉を痛感しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

50歳、おしゃれ元年。 [ 地曳いく子 ]
価格:1404円(税込、送料無料)


楽天・文庫本 50歳、おしゃれ元年。 [ 地曳いく子 ]
Amazon・文庫本 50歳、おしゃれ元年。 (集英社文庫)


似合わなくなる理由


処分したTシャツの多くは前面に柄やロゴがあるもの。
そんなTシャツにジーンズというラフな格好で、ここ10数年スポーツクラブ通いをしていました。

50代になってから柄やロゴがあるTシャツに違和感を感じ始め、この夏購入したものはすべて無地に。
無地にした分、アクセサリーで楽しめるようになりました。

今回処分した中に白いサマーニットもありました。
夏物を何点か処分するきっかけになったのがこのニット。
派手にならない程度にラメが入っていて、長年お気に入りのものでした。

が、今年着てみたら似合わない!!
袖丈が短いので二の腕がやけに目立つし、着丈もバランスが悪い!!
ああ、このニットともいよいよお別れだなと思うとともに、体型変化を大きく感じました。
おかげでほかの夏物衣類も見直して、スッキリすることができたのですけどね。


衣類を処分する目安


そのシーズンに頻繁に着たか着なかったか。
処分するときの目安になると思います。

今回処分したものは、どれもこれも一度も着たものはありませんでした。
サイズ的に似合わなくなっていることに、心の奥では気づいていたのですよね。
捨てられなかったのは、似合っていた頃の幻影をまだ心に抱いていたから。
白いサマーニットを着て鏡の前に立ったときに、その幻影は吹き飛びました!!

処分しようかどうしようか迷っている服は、一度袖を通してみるのもいい方法かと思います。
現実を突きつけられたら、迷いもなくなりますから(笑)

処分したTシャツ.jpg


マイペース整理・処分法


一度に全部の衣類を出して整理や処分することは、私には気力的にも時間的にも負担が大きいです。

ひとつの引き出しのみ、季節が終わった衣類のみ・・・といった具合に生活に合わせて整理、処分していく方法が自分には合っています。

無理のない程度にマイペースで家の中を片付けていきたいと思っています。


整理・片付けの参考にしている【ブログ村テーマ】です。
ブログ村テーマ
服の断捨離 ・ 整理収納

断捨離&片づけの工夫
整理整頓・お片づけ♪
スッキリさせた場所・もの
タグ

捨てる罪悪感を減らす方法|不要になったシーツ・敷きパッドをバスマットに


follow us in feedly

敷きパッドの表面が毛羽立つようになり、シーツとしては使いづらくなってきました。
裏面は十分きれいなので、バスマットに作り変えて再利用します。

母はバスタオルをバスマットに作り変えて、娘たち(私や妹たち)によく持たせてくれました。
使えるものは形を変えて最後まで使い切る。
子どもの頃から母に教わったことのひとつです。

ブログ村テーマ
買わない習慣



cape-basket-384350_640.jpg



作り方


  1. 四隅のゴムは切り落とし、縦方向に4分の1の大きさにカットします。

  2. カットした敷パッド.JPG

  3. 3分の1の大きさに中表(本来の裏面を利用したいので、この場合の中表は本来の裏面が内側になります)にします。

  4. カットした敷パッド.jpg

  5. 上の写真の赤色の部分を縫います。
  6. バスマットですから縫い目は気にせず並み縫いでザクザクと。

  7. 3分の1に折った開いている部分から裏返します。

  8. カットした敷パッド.JPG

  9. 口の開いている部分から四隅を何周か縫い進めていきます。
  10. バスマットとして使う際に、中の生地が動かない程度に縫ってあれば大丈夫です。
    私は3周ほど縫いました。

  11. 1枚の敷きパッドから4枚のバスマットの出来上がり。

敷パッドから作ったバスマット.JPG


ミシンを使えばもっと簡単に


今回は手縫いでしたが、ミシンを使えばもっと時間短縮できます。

DVDを見ながら手縫いする時間が結構好きなので、チクチクと縫い進めました。


最後まで使い切り気持ちよく捨てる


身体用にはちょっと硬くなったバスタオルでも、同じようにしてバスマットを作ることがあります。

最後まで使い切った後は、惜しみなく捨てることができます。
ちょっとの手間で捨てるときの罪悪感を減らす。
そんな効果もあります。


ブログ村テーマ
断捨離&片づけの工夫

捨てる。
日々の暮らしをシンプル&豊かに
<暮らしのアイデア>収納 家事 インテリア
タグ

持っていなくても私は私|大学時代のテキストや本、ノートが捨てられなかったわけ


follow us in feedly

本は捨ててはいけないと親に言われながら育ちました。
使い終わった教科書でさえも。

実家の物置にはかなり長い間、小学校時代の教科書がひもで束ねられて置かれていました。
さすがに今ではもう処分されましたが。

本は特別なものでした。

ブログ村テーマ スッキリさせた場所・もの
ブログ村テーマ すっきり暮らす


colorful-791927_640.jpg



捨てられないのは本ではなく学生時代


引越しの際に処分した本の中で、一番後ろ髪を引かれたのは大学時代のテキストや専門書です。
卒業以来数十年、一度も開いていないような本が本棚の一番いい場所を占めていました。
ノートやルーズリーフなどもそのままとってありました。

捨てられなかったのは、自分の勉強した証だと思っていたからです。
客観的に見ればそれほど大層な勉強をしたわけではないのに。

「頑張ったあの頃の自分」を捨てられずにいたのだと思います。
捨ててしまったら自分が自分でなくなるような気がしていたのかもしれません。


「断捨離」に引越しはいいチャンス


それでも引越しがいいきっかけになりました。
それらを全部新居に持って行くのかと自分に問いかけたとき、答えはNOでした。
わかっていたのですよね、もう私には不要なものだってことが。

大学を卒業してもう30年あまり。
一生懸命に学んだ私もその事実も、その証である本やノートがなくなっても消えることはありません。

50歳を過ぎてようやく「あの頃の私」を心の片隅に片づけることができました。
テキストやノート類が手元になくなっても、当時の私は今の私につながって存在しています。
私は私です。


本の処分について、こんな記事も書いています。
 ・本の処分|専門書や参考書は専門の買取店に
 ・本の処分に迷ったときに背中を押してくれた息子の言葉


物を処分するのに参考になります。
ブログ村テーマ 捨てても、大丈夫だったもの。
ブログ村テーマ 持っていなくても困らないもの
ブログ村テーマ 捨てる。
タグ




スポンサーリンク



検索ボックス
 
プロフィール
名前:ゆきの
年齢:50代
職業:主婦


・プロフィール
・メッセージフォーム
・Twitter
・プライバシーポリシー


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

最近の記事
カテゴリ










過去ログ
Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます