暮らし-断捨離のカテゴリ記事一覧

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル

50代で中古マンションを購入・リフォームした記録とその後の暮らし方・ライフスタイル

スポンサーリンク

カテゴリ:暮らし-断捨離

夫のハンカチを断捨離|【捨て基準】は夫婦でも異なる


follow us in feedly

夫のハンカチの使い方を見ていて、同じようなものしか使っていないことに気がつきました。
ハンカチっていつの間にかたまっていませんか?

使っていないものがあるならスッキリさせてしまおうと、夫に「いる」「いらない」の選別を頼みました。

私が「もういらないんじゃない?」と思っていたハンカチが残されたり、「このハンカチはまだ使うでしょう」と思ったものがそうでなかったり。
意外なことがわかって面白かったです。


handkerchief-2639321_640.jpg



夫に選別を頼んだ理由


大きな理由は次の2つです。

  • 夫の持ち物だから

  • 使い勝手は本人にしかわからないから


仕事関係のものは別として、夫が身の回りのもの特に衣類関係を自ら処分することはまずありません。
いつも私が声がけを。

「いらないものは処分していこう」という気持ちをあらためて共有するためにも、夫に選別を頼みました。


ハンカチを捨てる基準


処分する理由として考えられるのは、次のようなものだと思います。

  • 古くなった

  • 柄が気に入らない

  • 水分の吸収力などの使い勝手が悪い


この基準で10枚のハンカチが処分の対象になりました。
ハンカチ・処分.JPG


ハンカチを残す基準


捨てる基準だけでなく、残す基準もあると思います。

  • 使う頻度が高い

  • 色、柄など気に入っている

  • 使い勝手がよい


これらのほかに夫の中に「残す基準」があったようです。
古くなって使わないけれど、とっておきたいもの


持ち主本人にしかわからなものへの思いがある


古くなって使わないけれど、とっておきたいもの

この基準に当てはまったハンカチが2枚ありました。
2枚とも数十年前のものです。

生地は薄くどちらかといえば吸収力の弱いもの。
色も柄も褪せています。

それでも残しておきたい気持ちは夫のもの。
私が触れる部分ではありません。
たかがハンカチといえども、夫に処分の選別を頼んでよかったと思いました。

私ならこのハンカチをまだ使うだろうと思ったものでも、夫が「捨てる」に選んだものが何枚かありました。
かなり細かくそれらの使い心地を説明してくれました。
使い勝手、使い心地は使っている人にしかわからないものですね。

残したハンカチは12枚。
毎日2枚ずつ使っていますが、これだけあれば十分です。
ハンカチ.JPG


まとめ


夫婦ともに50代半ばとなり、これから先のことも考えて身軽になっていきたい、気に入ったものを大事に使っていきたいという気持ちは共有しています。

家の中のことは私に任せてくれていますが、個人のものはやはり本人が処分するかしないかを決めるのがいいと思っています。

ハンカチという小さなものでも思いが別々だということがわかり、その思いを強くした今回の断捨離です。


暮らしの参考になる記事が集まっています。
タグ

洋服のスペアボタン(予備ボタン)の断捨離|こんなにあったとは!!


follow us in feedly

洋服を買ったときについてくるスペアボタン(予備ボタン)。
なくさないようにと箱を決めて保管していたのですが、長年整理もせずにただ入れっ放しになっていました。

その箱は押入れの隅に置いてあり、さほど邪魔にもならず気に模していませんでしたが、ボタンはたまっていく一方で使うことはほとんどなという状態。

これは整理し要らないものは処分すべきでしょ!と重い腰を上げました。


buttons-841621_640.jpg



こんなにあったスペアボタン


30×18×5(p)のお菓子の空き箱に入っていたスペアボタン。
驚くほどたまっていました。

スペアボタン(予備ボタン).JPG

この箱を開けたら整理しなければならないということがわかっていたので、触らなかったというのが本音だと気づきました。

ひとつずつ精査していくと、20代前半に着ていた服のものもありました。
今ではその服はないというのに。


スペアボタンを使った記憶


息子が中高生時代はワイシャツのボタンをなくしてくることがたまにあり、スペアボタンを使うことがありました。
夫のスーツなどで使った記憶は数えるほど。


近藤麻理恵さんの本「人生がときめく片づけの魔法」の中にこんな記述がありました。

・洋服の予備ボタン
 使うことはありません。ボタンがとれるくらいきちんと愛用した洋服であれば、ボタンがとれた時点で寿命であることがほとんどです。ただし、ジャケットやコートなど、とくに自分が長く大切にしたいと思う洋服の場合は、買った時点で予備ボタンを内側に縫い付けてしまうのも手です。
 ボタンがとれてしまってどうしても付け替えたい場合は、大きめの手芸屋に行けばひと通りのボタンがそろっていますから、だいじょうぶ。でも、私が現場で見た感覚だと、予備ボタンを持っているときでさえ、ボタンがとれてもそのまま着てしまっていたり、「いつかボタンを付け替えたい」といってそのまま放置してしまったりしているケースも多いような気がします。とっておいても捨てても、使わないという点でまったく同じです。

人生がときめく片づけの魔法 [ 近藤麻理恵 ]

この記述と私がスペアボタンを使った記憶とはまさに一致。
とっておいてもほとんど使いませんでしたから。
捨ててしまっても困ることはないでしょう。


保管しておく必要のあるのもの、とっておきたいもの、要らないものを分別


そうはいっても、とっておきたいボタンもあります。

保管しておく必要のあるもの
  • 大事に着たい服のボタン

  • 夫のスーツなど、ボタンをなくしたときにすぐに必要になるボタン


とっておきたいもの
  • 息子の制服のボタン(制服は処分してしまったので思い出のために)
息子は必要だとは思わないでしょうが、私の子育ての思い出のためです。

要らないもの
  • 上記以外のほとんどのボタン

スペアボタン(予備ボタン).JPG算数セットのおはじきまで入っていました(笑)


多くのボタンを処分した結果、23×11×6(p)の一回り小さな箱に収まりました。
種類ごと、大きさや色別にジッパー付袋の中に入れています。

スペアボタン(予備ボタン).JPG

まだそんなにとっておくのかと笑わないでくださいね、自分でもそう思っていますから。
でもこれが今の私の気持ちの結果です。
潔くは捨てられないんです。

一度にすべて処分できなくても、自分の気持ちに従って徐々にでいいと思っています。
20代のころの服のボタンを50代半ばまでとっておいた状態からしたら、大きな大きな1歩だと思っています。


なければないでどうにかなる


先日夫が買い換えたジャケット。
金属のボタンがものに触れる音が気になると言っていました。

買い替え前のジャケットのボタンはそれが気にならないとのこと。
そこでこの両者のボタンを付け替えました。

スペアボタンではなくても、こんなふうにボタンが必要になることもあります。
買い替え前のジャケットをまだ処分していなかったからできたことですが。

処分していたらボタンを新たに買っていたか、夫が我慢して着ていたか。
きっと買ってまで付け替えなくていいよと夫は言っていたことでしょう。
ということは、やはりなくても大丈夫だということですね。


捨てようかどうしようかと迷ったときに、参考になる記事が集まっています。
タグ

夏物Tシャツの断捨離|捨てる理由・捨てない理由


follow us in feedly

半袖の衣類を着る季節になり、昨年の秋に整理・処分した夏物Tシャツをもう一度見直してみました。
この夏に着ることのできるものだけを残し、数枚を処分。

着ないであろうけれども捨てなかったものもあります。
その理由も含め処分した基準などを記したいと思います。


folded-443509_640.jpg



昨秋のTシャツの断捨離


昨秋、夏物衣類の片付けと同時に数枚のTシャツやサマーセーターを処分しました。
その主な理由は体型変化です。

そのときの様子を記事にしています。




今年のTシャツ断捨離3枚

この夏に着るTシャツを見直し、2枚をパジャマ用にしました。
夏はTシャツをパジャマ代わりにしています。

この2枚は手触りもよく着心地はいいものの、ゆったりし過ぎて外出時にはちょっと・・・。
昨年も部屋着として用いていました。
パジャマ用Tシャツを処分したので、その代わりにこの2枚を充てることにします。

もう1枚断捨離の対象になったTシャツは、サイズが合わないのがその理由です。
身頃は大丈夫なのですが、袖回りがきつく感じます。
Tシャツ・水色.JPG Tシャツ・水色.JPG

50代になってから、体を締め付けられるような服は苦手になりました。


サイズが合わないのに処分しない理由・処分できない理由


袖回りがきつくなったTシャツは、昨秋の段階でも同じ状況でした。
それでも処分せずにいたのは、妹からのプレゼントだからです。
断捨離の結果、自分の中で理由が明確であるなら捨てずにとっておくというのもアリだと思っています。

何度か衣類の見直しをしてきた中で、処分するかしないかの基準ができつつあります。
そのラインは状況や気持ちによって変化することもあります。
生活しながら心境が変わることはありますから、それはそれでいいと思っています。


無印良品のTシャツ4枚をこの夏のスタメンに


昨秋のTシャツ断捨離後、無印良品で新たに4枚のTシャツを購入しました。

オーガニックコットンVネック半袖Tシャツ(綿100%)とオーガニックコットン ストレッチクルーネック半袖Tシャツ(綿96%、ポリウレタン4%)です。 

無印良品Tシャツ.JPG

クルーネックの方は色違いで3色。
肌触りがよく、昨秋もまだ暑いうちはよく着ていました。
今年もスタメンで大活躍しそうです。

スタイリスト地曳いく子さんの著書【50歳、おしゃれ元年】の中に
これからはワードローブ オールスタメン主義
という言葉があります。

50歳、おしゃれ元年。 (集英社文庫) [ 地曳いく子 ]
50歳、おしゃれ元年。【電子書籍】[ 地曳いく子 ]

この本については別ブログで記事にしました。
よかったらご覧になってみてください。


手持ちの服がオールスタメンになれば、毎日の服選びが気持ちよく進むと思います。
オールスタメン主義を目指し、時々の服の見直しや断捨離を行っていきたいです。

ブログ村テーマ
1日1断捨離

服の断捨離 ・ 整理収納
明日のためにできるシンプルなこと
* 無印良品( MUJI )との生活 *
タグ

電気ポットの断捨離|処分の理由と処分までに時間がかかった理由


follow us in feedly

結婚以来、電気ポットのない生活はありませんでした。
機能の差はあれど、いつもキッチンかダイニングにはポットがありました。

その電気ポットをついに断捨離。
そこに至る過程と理由を記します。


tea-with-lemon-783352_640.jpg



電気ポットを今まで処分できなかった理由


夫も息子たちも、必要なときにいつでもすぐにお湯を使えることを希望していたためです。

何度か電気ポットから電気ケトルに変えることを提案しましたが、そのたびに同じ理由で却下でした。


私の気持ち、私の希望


確かに必要なときにすぐにお湯を使えるのは便利ですが、電気ポットはお湯が必要でないときにも保温しているので電気代が勿体ないと感じていました。

電気ポットの機能によっては、保温温度を変えられたり通電を停止して「まほうびん保温」に切り替えたりできますが、使うときには再沸騰が必要です。

ポットの中にたまっていたお湯を再沸騰するよりも、使う都度新しいお水から沸かす方がいいとも思っていました。


電気ポットを処分できた理由


ポット内部のカルキ汚れが落ちにくくなってきたので、そろそろ買い替えの時期に。
いつも同じようなタイミングで買い替えてきました。

昨年の秋以降夫と2人暮らしになった我が家では、「いつでもお湯が沸いていてほしい」と考える家族が減りました。
買い替えのタイミングと家族の減少が重なったことで、夫に電気ポットから電気ケトルに変えることを提案したところあっさりと賛成してくれました。

夫がお湯を必要とするのは、平日は夜お茶やコーヒーを飲むときのみ。
試しに電気ケトルを利用してみて、何か不都合があればまた考えようということに。

1人暮らしの次男は電気ケトル愛用者。
実家でも妹たちの家でも電気ケトルを使っていますが、何の不便もないということです。

購入したのはタイガーの「蒸気レスわく子」です。
ティファールの電気ケトルとどちらにしようか迷いましたが「わく子」に決定です。




やかんでお湯を沸かすのではなく、電気ケトルを選んだ理由


  • 早く沸く(カップ1杯で45秒、0.8L満水で4分)。

  • 火を使わないので離れていても大丈夫。


この2点がやかんではなく電気ケトルを選択した理由です。


電気ポットと電気ケトルの電気使用量比較


保温の電気代が勿体ないと思っていた私ですが、実際にどのくらい差があるのか調べてみました。

今まで使っていた電気ポットは象印製の3Lのもの。
取扱説明書によれば、消費電力量は1日につき0.90kwh。
これは湯沸しを1日に2回、再沸騰を1回、90℃で1日23時間保温ということで測定されたものです。

タイガーの電気ケトル「蒸気レスわく子」の場合、タイガーのHP・製品情報によれば湯沸し時の消費電力は1300w。
カップ1杯(約140ml)を沸騰させるのに必要な時間は45秒、満水(0.8L)で4分となっています。

1日に5回満水で沸騰させたとすると、消費電力は約0.43kwh。
保温せずに必要なときだけお湯を沸かせば半分以下で済むということです。
これほど違うとは思いませんでした。

coffee-1322869_640.jpg

タイガー製の電気ケトルとティファール製の電気ケトルとで迷った理由や決めた理由については、次の記事で記したいと思います。


断捨離の参考にどうぞ。
ブログ村テーマ
捨てる。

捨てても、大丈夫だったもの。
キッチンの片付け・断捨離・収納
1日1断捨離
タグ

ニット、セーターの捨てどき|長年愛用のセーターを処分する理由


follow us in feedly

お気に入りのユニクロのタートルネックリブセーター。
何年も前の商品です。

ウール100%で着心地がよく、毛玉もできなかったため冬になると毎年着ていました。
色が私の好きなペパーミントグリーンだということも、長年愛用してきた理由です。

気に入っているというだけでなく、形は定番のタートルネック、生地のへたり感なし、毎年着ているということで処分する理由は今までありませんでした。

そんなセーターですが、今シーズンで手放そうと思っています。


mug-1863438_640.jpg



ニット、セーターを処分する理由となるもの


  • 毛玉、型崩れ、縮み、生地のへたりなどニットそのものの問題

  • 着られない、似合わないなど体型変化の問題

  • チクチクするなど肌触り、感触の問題

  • 形が流行遅れ

  • ここ数年着ていない

このようなことが
「もう着ないな」「処分しようかな」と思わせる理由になると考えられます。


お気に入りのセーターを処分する理由


それはえり汚れと縫い目のほつれです。

どちらも手入れしながら使ってきました。
タートルネックなので、えり回りはファンデーションなどの化粧品の汚れが付きやすいです。

ここ数年は更年期のホットフラッシュの影響もあり、汗をかきやすくなっているのでなおさらです。
こまめに洗濯しきれいにしてきたつもりですが、汚れが目立ってきました。

縫い目のほつれも何度か修繕してきましたが、それが頻繁になるともう寿命かなと思うようになりました。

今シーズンの初めにこの2点が気になった瞬間、この冬で終わりにしよう!と決めました。


冬には必需品のタートルネック、ハイネックを手放してみる


変形性頚椎症のため首を冷やさない方がよいので、タートルネックやハイネックは冬の定番アイテムでした。

更年期のホットフラッシュが始まってからは、汗を頻繁にかくとむしろタートルネックやハイネックが不快になることも。

これを機に冬の定番アイテムにこだわらず、首やデコルテを出してみるのもありかなと思うようになりました。
首を冷やさないようにするために、マフラーやストール、スカーフなどで保温しながらおしゃれを楽しむ方法もありますからね。

fabric-1799997_640.jpg


愛用のセーターはいつも使っているクッションのカバーとして再利用できないか、検討しているところです。
お裁縫が得意でない私でも、これぐらいはできるかなと思っています(笑)


ブログ村テーマ
捨てる。

1日1断捨離
50代からのファッション
50代を考え暮らす
タグ

ショップカード、ポイントカードの断捨離|お気に入りのカードホルダーで整理しバッグも心も軽く


follow us in feedly

「ポイントカード無料でお作りできますよ」
そんな声かけに思わず作ってしまうポイントカードやショップカード。

知らぬ間に増えていて、本当に使いたいときにすぐに出てこなかったり持っていなかったり。
お気に入りのカードホルダーに必要なカードだけ入れるようにした結果、買い物の際にバッグの中をゴソゴソと探すことがなくなりました。


image-b861c.jpg



たまにしか行かないお店のカードは処分


初めてのお店であっても、買い物しているときは次回も利用するような気になってしまいがちな私。
実際には1年に1回ぐらいしか使わなお店も多々あります。

そんなお店のポイントカードを持っていても、期限切れになったりポイントが貯まらなかったり。
持っていても意味がないので処分しました。


頻繁に使う1軍のカードは財布に常備


頻繁に行くお店のカードは財布の中に入れています。
よく行くスーパーや生協の店舗、ドラッグストア、クリーニング店などです。

会計のときにすぐに取り出せるよう、財布に常備しています。
いわば1軍のカードです。


カードホルダーに入れているのは2軍のカード


それ以外のカードをカードホルダーに入れて、バッグインバッグの中に入れています。
1軍のカードほどではないけれど、そこそこよく行くお店やお気に入りのお店のカードです。


カードホルダーの中をお店の種類ごとに分類


現在使っているカードホルダーは、10枚のポケットがあり、裏表合計20枚のカードをいれることができます。

百貨店の中にあるお店、ショッピングモールの中にあるお店、自動車関係のお店、家電関係のお店・・・のように、お店の種類ごとにカードホルダーの中を分類しています。

そうすることによって、使うときに求めるカードがどこにあるかすぐにわかります。
以前は会計のときに、
「確かあったはず・・・」とゴソゴソ探すことも多かったのですが、今はスムーズに取り出せて恥ずかしい思いをしなくて済んでいます。


お気に入りカードホルダーを見つけて100均のカードホルダーを卒業


以前は100均のカードホルダーを使っていました。
ビニールがちょっと硬いこと以外は特に不便はありません。
カードを保管することが目的でしたから。

ところがある日見つけたカードホルダーが気に入ってそれを使うようになってからは、気分が変わってきました。
たかがカードホルダー、されどカードホルダー。
お気に入りのものは気分よく使えるものですね。

カードホルダー.JPG カードホルダー.JPG

中川政七商店の中のブランド「遊 中川」のものです。
手織りの麻織物を扱っている会社で、「遊 中川」は「日本の布」をコンセプトにしています。
麻素材に小花柄で、柔らかい手触りが特に気に入っています。

小花柄のほかに、花唐草、糖梅、五色鹿など数種類の柄があります。
下の商品は「はな麻の葉」です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カードホルダー 小紋
価格:1296円(税込、送料別)



お気に入りのカードホルダーで管理する効果


カードのように小さなものであっても、不要なものを断捨離し必要なものをすぐに取り出せるようにしておくだけで、行動がスムーズになってきます。

以前は2冊のカードホルダーにぎっしり入れていましたが、今ではこの1冊のカードホルダーだけになり管理もラクです。

気に入ったものは探し出すまでに時間がかかりますが、見つけてしまえば手に取ったときや見つめているときの心が軽やかになるから不思議なものです。

その結果、気持ちもなめらかに。
良い効果が得られています。


ブログ村テーマ
捨てる。

捨てても、大丈夫だったもの。
1日1断捨離
明日のためにできるシンプルなこと
タグ

2017年 整理、片付け、断捨離したい場所、もの


follow us in feedly

リフォームをしたマンションに引っ越してきて2年余り。
引っ越しの際にかなりのものを処分しました。
引っ越し後も荷物の片づけをしながら、生活をしながらさらに不要なものを処分してきました。

それでも2年も経つと少しずつものが増えてきています。
2017年はもう一度我が家のものをチェックし、不要なものを処分したり持ち物を使いやすく整理したりしていきたいと考えています。


nikon-691788_640.jpg



整理したい場所、もののリストアップ


まずは整理、片付け、断捨離したい場所やものをリストアップしてみました。

キッチン
  • 食器棚、カップボード内の整理


  • ダイニング
  • キッチンとの間のカウンター上の書類


  • リビング
  • PC脇の10段の小引き出し内の書類

  • PCデスク上のもの

  • 旧居で使っていた電話用カウンター(本棚代わりに使用)内のもの


  • 洗面所
  • 洗面台下とその脇の戸棚の中の整理


  • 和室
  • 裁縫箱の整理(裁縫箱は処分)



気にはなるけど目をつぶっていた2016年


書き出してみると、片付けが必要な場所が多くて驚きました。
気になってはいたけれど生活に支障がないため放置していたことばかりです。

もやもやはしていたものの、そのままにして過ごしてしまっていました。
2017年はこれらをひとつずつ整理、片付けし、不要なものは処分していきたいと思います。

2年間使わなかったものは必要ないもの。
2年という月日は、要不要を判断するにはちょうどよい期間だったと思います。


写真の整理


そのほかにどうしてもやっておきたいのが写真の整理です。
これは長いこと放置してきてしまいました。
放置していたのは時間がかかることと、整理のスペースが必要なことが主な理由です。

ポケットアルバムに入った写真がダンボール箱に2箱。
息子たちの写真がほとんどです。
これらのうち写真写りのよいものだけを残して、新しいポケットアルバムに入れて保管したいと考えています。

そして私たち夫婦の学生時代からの写真の整理にも、少しずつ手をつけたいと思っています。
学生時代の写真、OL時代の写真、結婚後夫婦二人で暮らしていたころの写真。
本当に残したいものだけにして、きれいに保管しておきたいです。

家族であっても人の写真は処分しにくいものだと思います。
私はそうです。
そういったものを息子たちに残し、処分を託すのは気の毒だと考えます。
自分で取捨選択し、残すものと処分するものとに分けることも2017年にしたいと思うことのひとつです。

さて、どこまでできるか・・・。


ブログ村テーマ
捨てても、大丈夫だったもの。

1日1断捨離
断捨離してますか?
断捨離&片づけの工夫
タグ

紙類の整理、断捨離に必要なものはこれ!|シュレッダーで個人情報を安全に処分


follow us in feedly

紙類は油断していると、あっという間にたまってしまいます。
マンションのポスト脇にゴミ箱があるので、ポストに入った広告類はその場で処分。

家の中に持ち込むダイレクトメールなどの紙類の処分に必要なのはシュレッダー。
これを購入したおかげで、紙類の処分が随分と楽になりました。


shredder-71775_640.jpg



不要な紙類はその場で処分


家の中に持ち込むのは領収書、ダイレクトメール、一時的に必要な郵便物。
内容を確認してとりあえず必要なものは、私の机の上にあるトレーの中に入れておきます。

その場で即不要なダイレクトメールなどは、住所氏名など個人情報が書かれている部分を切り取ってシュレッダーへ。
宅配便の宛名もはがしてすぐシュレッダーにかけます。

どちらも開封したその場で処分するのがポイントです。
あとでまとめて・・・は紙類がたまる原因になりますから。

ブログ村テーマ
断捨離&片づけの工夫



シュレッダー購入の条件


シュレッダーを購入したのは2年ほど前。
家庭用シュレッダーでコンパクトで音が静かなもの、リビングに置いても違和感のないものという条件で選びました。

頻繁にゴミ捨ては面倒なので、コンパクトでもゴミ箱の容量が少なくては困ります。
そして予算は1万円以内。

そんな条件で探しました。


コクヨのシュレッダーKPS-MX100


あちこち検索して選んだシュレッダーがこれ。
コクヨKPS-MX100。
シュレッダー.JPG シュレッダー.JPG
サイズ 幅18cm・奥行35.5cm・高さ35.5cm

A4コピー用紙を一度に6枚裁断できます。
CDやクレジットカードなどは別の投入口から入れて裁断します。
シュレッダー.JPG

ゴミ箱の容量は10L。
これならたっぷり入ります。
私はスーパーの袋を入れてゴミの処理をしやすくしています。
シュレッダー.JPG

連続使用時間は12分、裁断方法はクロスカットで4×40ミリ幅にカットします。
文字を読み取られることが心配なら、紙を斜めに挿入したりゴミ捨ての時によく混ぜたり透けない袋に入れたりすればいいかと思います。

作動音は約50デシベル。
50デシベルの音の例としては、静かな事務所やエアコンの室外機の音など。
夜に作動させてもうるさくない音です。

前後に凹みがあり、持ち運ぶときに指をかけることができて便利です。
シュレッダー.JPG これは後ろ側




コクヨのシュレッダーKPS-X80


コクヨにもうひと回り小さいシュレッダーもあります。


サイズ 幅17cm・奥行33cm・高さ30.6cm

投入口にスライド式のシャッターが付いているので、小さなお子さんがいても安心です。

A4コピー用紙を一度に5枚カットでき、連続使用時間は10分です。
作業音は約53デシベル。
カラーが5色展開なので、お部屋や好みに合わせて色を選べます。

ゴミ箱の容量は15L。
KPS-MX100よりコンパクトなのにゴミ箱の容量が大きいのは使い勝手がよいと思います。


5枚刃のハサミ


シュレッダーを購入する前は5枚刃のハサミを使っていました。
5枚刃ハサミ.jpg 5枚刃ハサミ.jpg
力いらずの 5枚刃シュレッダーはさみ 個人情報をすばやく消去! G0025[メール便発送、送料無料、代引不可

手軽に使えて便利なのですが、一度に何枚もの紙を切っていると手が痛くなります。
シュレッダーを使ってみて、どれほど楽になったことか。

紙類の多いご家庭では、ハサミよりもシュレッダーをおすすめします。
作業効率が格段にアップしますよ。

大掃除の最中にも個人情報がある紙類が出てくることでしょう。
効率的に安全に個人情報を処分できるシュレッダーは便利なツールです。


ブログ村テーマ
捨てる。

1日1断捨離
断捨離してますか?
タグ




スポンサーリンク



検索ボックス
 
プロフィール
名前:ゆきの
年齢:50代
職業:主婦


・プロフィール
・メッセージフォーム
・Twitter
・プライバシーポリシー


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

最近の記事
カテゴリ










過去ログ
Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます