暮らし-収納のカテゴリ記事一覧

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル

50代で中古マンションを購入・リフォームした記録とその後の暮らし方・ライフスタイル

スポンサーリンク

カテゴリ:暮らし-収納

家事の動線(洗濯・収納)を考える|乾燥機から出したタオルはその場でたたんでしまう


follow us in feedly

家事をスムーズにするのに大事なことの一つが動線。
動きが少なければそれだけ労力が減ります。

キッチンでは道具の収納場所に配慮し、掃除のときにはものを片付けてから掃除機を。
洗濯のときにも必要なものがすぐそばにあれば、無駄な動きがなくてすみます。

今回は洗濯・収納の際の動線について日頃の家事の中で気づいたことを書いていきます。


towel-759980_640.jpg







私が住む地域は、秋から冬になるにつれて晴れた日でも洗濯物が乾きにくい日が増えていきます。
冬は特にそうです。

そんなときには取り込んだ後に乾燥機を使っています。
最近も乾燥機の出番が増えてきました。


洗濯物を取り込んでからの動線


我が家はマンション住まいです。
洗濯物を干すのはリビングに面したベランダ。

乾いた洗濯物はそのままリビングでたたむのが常です。
アイロンがけもリビングで。

そしてそれぞれの収納場所に持っていきます。


乾燥機を使う場合の動線


乾燥機を主に使うのはタオル類。
外干しよりもふんわり仕上がるのが気に入っています。
外干しだけで乾きが悪いときにも乾燥機を使ってすっきりと乾かしています。

タオル以外のものも一緒に乾燥機にかけたときは、リビングでたたむことが多いですが、タオルだけ乾燥させるときは乾いたタオルをその場でたたんで収納するのが我が家の動線的にはベストです。
洗濯乾燥機の隣に収納棚があるからです。


洗面所のタオル収納場所


中古マンションを数年前に購入し、リフォームして暮らしています。
マンションの狭い洗面所ですが、少しでも使いやすいようにリフォームするときに手を入れました。

リフォームの記事はこちらから読むことができます。
右向き三角1リフォーム記事一覧

右向き三角1洗面所リフォーム記事

洗面化粧台・TOTOオクターブ.jpg

洗濯機の脇には元々あった細長い収納キャビネット。
洗面化粧台の脇には同じ扉カラーのキャビネットをつけました。

さらに洗濯機の上に空きスペースがあったので、棚板の位置を自由に調節できる棚を造作してもらいました。
これらが我が家の洗面所の収納スペースです。

タオル類は洗濯機脇と洗面化粧台脇の収納キャビネットに、用途別に収納しています。
洗濯機脇には入浴用のタオル類を、洗面化粧台脇には洗面用のタオルを。
入浴や洗面の際の動線を考えると、この場所が一番使いやすいです。


家事の動線(洗濯・収納)


3LDKのたいして広くないマンションでも、どう動けばいいかを考えるだけで家事がスムーズに進みます。
動きを多くすれば消費カロリーが増えるというメリットはあるかもしれませんが(笑)。

乾燥機から洗濯物を取り出してたたんで収納する。
この流れが途切れないためには、洗面所ですべて済ませてしまうのがベストです。

そのほかの衣類については、家族によって収納場所が異なるので、リビングでたたんでそれぞれの場所に移動しながら片付けています。


ライフスタイルの変化に応じた家事・収納方法


今春から義父の介護が必要になり、夫婦の寝室として使っていた和室を義父の部屋にしました。

和室の押し入れに収納していた衣類を移動させたので、収納の動線が微妙に変わってきて多少の不便さを感じています。
秋の衣替えのときに少し移動させて無駄な動きが減るようにしましたが、まだまだ課題だらけです。

介護のためとはいえ、便利に使っていた収納場所を変更することでストレスを感じるのは事実です。
些細なことなのですが、日常の体になじんだ動きの変化に慣れるには時間かかかります。
現状を受け入れつつ少しずつ快適な収納になるよう、知恵を絞っていきたいものです。


断捨離ランキング
片付け・収納(個人)ランキング

カテゴリ
タグ

ニトリのテレビ台|義父との生活で復活した我が家のテレビ


follow us in feedly

急な体調不良のために遠距離に住む義父を我が家に連れてきて、同居&介護生活が始まって1カ月半が経ちました。

新しい生活が始まったその日に購入したのがテレビ。
我が家では諸般の事情でテレビなしの生活が10年以上続いていました。
静かで余計な情報にも振り回されず、それはそれで穏やかで静かな生活でした。

1日のほとんどを家の中で過ごす義父にはテレビなしの生活なんてありえません。
テレビ購入とともにテレビ台も必要となりました。


ニトリ・テレビ台・ローボード.jpg



テレビ台を選ぶ条件


  • テレビとスペースに合ったサイズであること。

  • テレビのサイズは49インチで、1106×689×260o。
    テレビのサイズとテレビ台を置く位置のスペースから、幅は120p〜130pで。
    奥行は隣に置いてあるローチェストと同じぐらいの奥行で40pまで。
    高さはダイニングチェアに座ってみることが多いので、40p〜50pで。


  • 完成品であること

  • 組み立て品は手間がかかりますし、耐久性に不安があります。


  • 収納部分はオープンではなく、扉があるか引き出しタイプであること。

  • オープンタイプはホコリがつきやすいので、掃除の手間を考えると避けたいです。



ニトリ・ローボード(モカ3 120LB LBR)


購入したのはニトリのローボードです。

ローボード(モカ3 120LB LBR) ニトリ 【玄関先迄納品】 【5年保証】

サイズは119×38×40oとちょうどよい大きさです。
ガラス扉と引き出しタイプの収納、完成品ということで条件にぴったり。

色はライトブラウンとダークブラウンの2色。
テレビの隣のローチェストの色もナチュラルな色なので、ライトブラウンなら違和感ないと思いました。


ニトリ店舗で実物を見てから購入


義父との同居が始まってからは、それまでのように気軽に買い物に行くこともできなくなりました。
長時間の外出は疲れますし、義父の体調を考えると留守番させるのは不可能だからです。

そんなときに便利なのがインターネットショッピング。
介護生活が始まってから、つくづく今の時代でよかったと感じることの1つです。

ニトリは店舗でもネットストアでも、扱っているカテゴリが多いのでそこだけで買い物が済むという点が気に入っています。
お値段もお手頃ですしね。

ニトリのネットストアで検索して、条件に一番ぴったりだったのがこのローボードです。

そのまま注文しようと思っていたら、夫が義父の気晴らしに外へ連れて行こうというので最寄りのニトリ店舗へ行って実物を見ることに。
やはり実物を見ると安心しますね。

在庫がなかったのでお取り寄せとなりました。
25kgの完成品なので、配送にしようか店舗引き取りにしようか迷いましたが、夫が車に乗せることができると言うので店舗引き取りにしました。


ニトリのテレビ台の使い勝手


ニトリ・テレビ台・ローボード.jpg

完成品なので組み立てる必要がないことが一番のメリットです。
また組み立て品は長く使っていると、組み合わさった部分が外れてきたりねじが外れなくなったりと不便なことを経験しています。
「完成品」というのは私の中で大きなポイントでした。

収納はガラスの扉が付いている部分と引き出しが3カ所。
ガラス扉の収納は背面がオープンになっています。
まだそちらは使っていませんが、ビデオなどの配線には使いやすいと思います。

引き出しは上段の小さい方が巾22×奥行28.5×高さ10cm
下段の幅広の方は巾51.5×奥行28.5×高さ9.5cm
スライドレールが使われているので、引き出しの出し入れがしやすく完全に引き出しても落ちることがありません。

デザインがシンプルでどちらの色もナチュラルな木目調なので、部屋の中にも調和しやすいと感じでいます。


まとめ


家具の材質は様々で、価格にも大きく幅があります。
今回テレビとテレビ台を購入することになったのは義父との同居&介護生活がきっかけです。

私と夫の予定では、テレビは定年後に時間的余裕が持てるようになったらじっくりと選んで楽しむつもりでした。
テレビ台もそのときのライフスタイルや好みに合わせて選ぶつもりでした。
が、予定どおりにいかないのが人生。

テレビもテレビ台も義父のために購入したので、じっくりとは選べませんでしたが今の義父の生活の中で役に立っているならそれで十分と考えています。

そんな気軽な買い物にニトリは品揃えの面でも価格面でも、使いやすいショップだととつくづく感じた次第です。



ニトリ購入品の情報がいっぱいのブログ村テーマです。
カテゴリ
タグ

きれいで見えない収納よりも、見栄えの悪い見える収納が役に立つこともある


follow us in feedly

遠距離で一人暮らしをしていた84歳の義父の体調が悪くなり、急遽同居して介護生活を始めることになりました。

義父を我が家に迎えるにあたり、まずしたことは寝室として使ってもらう和室の片付けです。




a0022_000075.jpg



夫婦の寝室から義父の寝室へ


我が家は3LDKの間取りのごく普通のマンションです。
和室はリビングの隣にあり、窓がない中和室になっています。


和室には着物用の和ダンスと桐の衣裳ケースが置いてあります。
日ごろ着替えを和室でしているため、クローゼットに掛けてある衣類以外は、押入れ下段に入れたプラスチックの衣裳ケースに収納しています。

義父にこの部屋を使ってもらうために、私が使っている衣裳ケース2つを空にして、義父の衣類を収納して使ってもらえるように準備しました。



見えない収納よりも見える収納


義父が我が家に来た翌日、まだ片付けていない衣類は袋に入って畳の上に置いたままでした。
朝、義父がそこから衣類を選んでいるのを見て気づいたことがあります。
もしかしたら目に見えるところに置いた方が使いやすいのかも・・・と。

記憶力が低下している義父にとって、慣れない場所で生活を始めることに適応していくのはラクなことではありません。
いきなりあれもこれも新しくなるのでは、混乱してしまうかもしれません。

毎日着替える衣類はとりあえずは目に付きやすいところに。
カゴの中に収納して部屋の隅に床置きしておきました。


私もラクになる見える収納


床置きははっきり言って見栄えはよくありません。
それでもカゴの中に入れて見えるようにしておくことでラクになるのは、義父だけでなく私もだと考えました。

着替えのたびに場所を聞かれてたり、戸惑っている義父を見たりすればストレスが高まるかもしれません。

押入れに入れて見えなければ部屋はスッキリするでしょう。
その反面心にモヤモヤが残るようでは、これから先の長い介護生活の負担になります。


物事をとらえる角度をほんの少し変える


義父に我が家に来てもらうことを決めたとき、私はTwitterで次のようなツイートをしました。


今でもその思いは基本的には変わりません。

でも夫婦2人だけの自分たちのライフスタイルに合った快適な生活を、そのまま継続させながら介護生活をしていくのは無理があります。
今までとは生活が激変したのですから。

それは子育てをしているときに子ども中心の生活をしていたのと、似通っているように感じます。

見方、考え方の基本位置をほんの少しだけずらして、夫婦2人中心から義父を含めた家族3人中心に。
3人がともにラクに心地よく暮らせる方法を探っていきたいです。


まとめ


義父母と近くに住むことはあっても、同居せずに約30年間暮らしてきました。
ここ20年は遠距離に。

そんなふうに暮らしてきて急に同居が決まり、不安がないわけではありません。
むしろ不安だらけです。

でも介護生活が終わるときは義父との別れのとき。
そのときに後悔のないよう、義母にはできなかった分、義父に対してできることをしていきたいと考えています。

カテゴリ
タグ

日用品の在庫は1つのみに|収納スペースと心にゆとりを


follow us in feedly

母はティッシュやトイレットペーパー、洗剤といった日用品や調味料類の在庫をしっかり確保しておくタイプ。
そんな母を見て育った私も同じようなタイプの主婦になりました。

3年ほど前に今の住まいに引っ越すとき、荷造りをしていてびっくりしたことがあります。
詰め替え用のシャンプーや歯ブラシがいくつも出てきたからです。

腐るものではないとはいえ、在庫を持ち過ぎ!
住まいを変えるとともに、日用品の在庫の持ち数も変えることにしました。


cosmetology-2738555_640.jpg



収納スペースが小さくなる


50代で中古マンションを購入してリフォーム後に暮らし始めたことは、プロフィールに詳しく書いてあります。

中古ですから間取りにしても収納スペースにしても、何もかもが思いどおりの住まいではありません。
今後の生活の中で優先することしないことを選び、妥協した点もあります。

収納スペースは以前よりも小さくなりました。
小さくなればそのスペースに合わせるしかありません。
ラックなどの収納グッズを使って収納スペースを増やすこともしないようにしようと決心しました。



生協利用が在庫を増やす要因の1つだった


30年ほど生協の共同購入や戸別配達を愛用しています。
決して生協利用が悪いわけではなく、私の使い方が間違っていたのです。

ご存知の方が多いと思いますが、生協の注文は1週間先に届くことを前提としてます。
日用品は毎週注文できるものもあれば、そうでないものもあります。
生協独自の商品もありますから、カタログに載っていないと実店舗で購入する以外は方法がありません。

カタログに「年間最安値!」「今月のお買い得!」などと書かれていると、「今買っておかないと!」「定価で買うのはバカらしいし」といった気持ちになってしまいます。

以前はその気持ちのまま購入することが多く、先に書いたように在庫がいっぱいに。
「どうせ使うし・・・」という安易な気持ちもありました。

「次にいつカタログに出るかわからない」といったことも、ついつい買い溜めてしまう要因の1つです。
今ではカタログに次回の販売予定を記載してあるので、そんな心配もなくなりました。

上手に利用すれば便利な生協です。
買い物に出歩くことがあまり好きでない私にとってなくてはならない存在です。


お買い得価格でも必ず在庫をチェックする習慣を


住まいを変え、息子たちも1人ずつ家から離れていくと消費する人間は夫と私のみに。
必然的に消費量も減っていき、在庫がなくても大丈夫なほどになってきました。

それでも在庫なしというのはまだ不安がある私。
1つだけにするというのが私なりの一番落ち着く形態です。

最近では生協カタログの「年間最安値!」「今月のお買い得!」という言葉に惑わされることはありません。
必ず在庫を確認し、あれば注文せずにいます。

これは生協に限らず、スーパーや百貨店のチラシでも同様です。
「本日限りのお買い得品」でも、我が家にとって今必要ないものはスルーします。


在庫を減らすことで自由を手に入れる


もしなかったとしても、代替品はいくらでもあるしいつでも買える。
そんな単純なことに気づかず冬眠前のクマのように溜め込んでいた過去の私に、「そんなことしなくたって大丈夫」と今なら言えます。

1つしかない在庫を使い始めても、それを使い切るまでには十分な時間があります。
その間に買っておけば十分なはずです。

シャンプーを例にとっても、未来の私が別のシャンプーを使いたくなるかもしれません。
あるいは今まで使っていたシャンプーが急に肌に合わなくなる可能性だってあります。

先のことはわかりません。
在庫に縛られるよりも、先の自分を自由にしてあげる方が楽しいと感じるようになりました。


まとめ


在庫を減らして収納スペースにゆとりを持たせることで、掃除もしやすくなりました。
さっと見て在庫の数を把握できるのも大きなメリットです。

家族構成や家族の状態(乳幼児がいる、病人や介護が必要な家族がいる・・・など)、暮らしている場所(買い物のしやすさ、しにくさ)などによっては、持つべき在庫の数は違ってくるでしょう。

暮らしやすさを求めて、よそのお宅ではどんな工夫をしているのか気になるものです。
そんなときに参考にしています。

カテゴリ
タグ

キッチンペーパーの収納場所|我が家のベストポジションはここ!


follow us in feedly

キッチンで大活躍のキッチンペーパー。
ロールタイプやボックスタイプがありますが、置き場所には頭を悩ませます。

調理しながらすぐ手の届くところに置きたいけれど、調理の邪魔になるようなところには置きたくないものです。


spices-2419055_640.jpg



目次



 右向き三角1ロールタイプのキッチンペーパーの収納場所
 右向き三角1キッチン周りでキッチンペーパーホルダーを取り付けられる場所
 右向き三角1キッチンペーパーホルダー・吸盤タイプかマグネットタイプか据え置きタイプか
 右向き三角1見つけた!我が家のベストポジション
 右向き三角1まとめ


ロールタイプのキッチンペーパーの収納場所


私が使っているキッチンペーパーはロールタイプ。
以前の住まいではシンクの並びに冷蔵庫があり、その側面に吸盤付きのホルダーを貼り付けて使っていました。

キッチンペーパーホルダー.JPG

縦にしても横にしても使えるものです。
現在の住まいでは、シンクサイドのパネルに縦に貼って使っていました。

KEYUCA(ケユカ)キッチンペーパーホルダー吸盤4個)
Warm timeキッチンペーパータオルホルダー 強力吸盤 壁掛け用

キッチンペーパー・収納場所・シンク横.JPG

このパネルは高さが8pほどで2つの吸盤を貼り付ける余裕はなく、1つの吸盤でキッチンペーパーの重さを支えているので若干不安定です。


キッチン周りでキッチンペーパーホルダーを取り付けられる場所


レンジ周りのパネルに貼り付けることはできますが、火を使う場所なので安全面から置きたくありません。
レンジフードの上が平らなので設置できますが、やはり火のそばは躊躇します。

レンジフード.JPG

キッチン背面のカウンター収納上は、調理中に振り向かないと使えず動線的に使い勝手が悪いため却下です。


キッチンペーパーホルダー・マグネットタイプか吸盤タイプか据え置きタイプか


キッチン周りでマグネットを使えるのは、冷蔵庫の側面(冷蔵庫の扉がガラスなので扉には付かない)とレンジフードだけです。

冷蔵庫はキッチン背面のカウンター収納横にあるため、冷蔵庫の側面にマグネットタイプを設置するには動線的に使い勝手が悪く、レンジフードは上に書いた理由で却下です。

今使っている吸盤タイプのものを使うか、据え置きタイプのものを使うか・・・。
できれば新しいグッズは増やしたくないと思っています。

持っているものを動線的にうまく使う方法、かつ対面式のキッチンでもリビングダイニング側から見えない場所はないものか・・・。


見つけた!我が家のベストポジション


ネットサーフィンしながら探した中で、私の条件にぴったり当てはまる場所と方法を見つけました。

それはシンク上の吊り戸棚の扉に吸盤タイプを貼り付ける方法です。
ダイニング側からからも見えずスッキリ。

キッチンペーパー・収納場所.JPG

キッチンペーパー・収納場所.JPG

ダイニング側から見たところ。
赤丸のところにキッチンペーパーがうっすら映っています。

落ちてこないかが一番気にかかりましたが、今のところそんなことは全くなく、快適に使っています。

まとめ


使い勝手がよい場所がないか検索しているときに、様々なアイデアやキッチンペーパーホルダーを見つけました。

ボックスタイプなら、キッチンの引き出しに入れたらすっきりしていいかもしれません。
快適に使いながらも美しく見える方法は、別の場所の収納の参考にもなります。
いろいろなアイデアにキッチン収納の奥深さを感じました(大げさかな?)。



収納のアイデアの参考になります。
カテゴリ
タグ

ご近所で見かけた下駄箱から考えたこと|物欲はまだまだ捨てられない


follow us in feedly

以前住んでいた賃貸住宅には、背の低い下駄箱が備え付けられていました。
家族4人でそれだけでは足りず、反対側に背の高いものを購入。

息子たちが小さい時分はそれでも足りず、シューズラックまで使っていました。
4人家族でどれだけの靴があったことか!

現在住んでいるマンションには天井までの背の高い下駄箱が据え付けられています。
ある日ご近所のドアが開いていて、通りすがりにちらっと見えた玄関には、向かい合わせに下駄箱が2つ。
かつての我が家と同じ様子でした。


floor-2232398_640.jpg


■目次


 右向き三角1引っ越し以前に我が家にあった靴
 右向き三角1越しを機に靴を処分
 右向き三角1物欲と収納スペースの関係
 右向き三角1まとめ


■引っ越し以前に我が家にあった靴


息子たちが中学生、高校生のころは、通学用の靴、部活用の靴、スニーカー・・・と多くの種類の靴を所有。

3年前に引っ越しするまでは、私自身の靴も多くありました。
OL時代に気に入っていた靴まで数十年とっておいたのですから、今思えば呆れてしまいます。
履く機会もなく、ただただ場所を占めていた靴たちです。

夫の靴も今よりも数が多かったと記憶しています。
通勤用、プライベート用、趣味で使う靴・・・。


■越しを機に靴を処分


今使っている下駄箱は中古で購入したマンションに元々据え付けられていたもの。
幅約90pで高さは天井まで、3枚の扉で内1枚は鏡になっています。

下駄箱.JPG

引っ越しの前に考えたのは、この下駄箱に収まるだけの靴の量にしようということ。
このときは次男はすでに一人暮らしをしていたので3人分の靴です。

まず処分したのが私の靴。
何年も履いていないもの、気に入ってはいるけれどもう履かないもの、久しぶりに履いてはみたものの足に合わないもの・・・等々。

スキーに頻繁に行っていたころのスノーブーツ(家族4人分)も処分しました。
実際に履く靴、履いている靴のみを残して処分。
随分とスッキリしました。

それでも引っ越してきた当初は新居の下駄箱いっぱいに収まり、空きスペースはありませんでした。


■物欲と収納スペースの関係


現在は夫と二人暮らし。
靴がだいぶ減った分、空いたスペースに来客用のスリッパを入れることもできるようになりました。

ご近所の玄関がちらっと見えたときに頭に浮かんだのは、「ああすれば靴がいっぱい入るな」ということ。
次の瞬間そんな考えが浮かんだ自分にびっくり!

引っ越しを機に靴を減らし、今ではそんなにスペースが必要ないにも関わらずまだ収納スペースを求めている自分に驚いたのです。

foyer-902404_640.jpg

収納スペースがあれば、また靴を増やしてしまうかもしれません。
そんなに欲しいわけでもないのに。

50代半ばの今、外で働いているわけではないので外出の機会もそう多くはありません。
若いころと違って靴に足を合わせてでもおしゃれな靴を履きたいわけでもありません。
足にラクな靴しか欲しくなくなってきていますから。


以前に読んだ本のくだりにこんなものがありました。

今では楽な履き心地でおしゃれ感も美脚効果もある靴を履けばいいんだ、と思えるようになりました。「高いヒールじゃないとおしゃれはできない」という呪縛から、50歳をすぎて自由になったのです。
地曳いく子 「50歳、おしゃれ元年。」より


オシャレを諦めず、かつ体にラクな服装や靴という点において参考になる箇所がたくさんあった本です。


■まとめ


50代になって体力や気力の衰えを実感し、体が動くうちに家の中のものを整理、処分したいと考えるようになりました。
3年前の引っ越しはそんな私にとっていい機会でした。

それでも心のどこかに物欲はあるんだということを自覚した今回の小さな出来事。

欲しいものと必要なもの、持っているべきものを意識し、物欲をただ抑えるだけではなく気持ちのバランスを取りながらものを持つことを考える必要性に気づかされました。

カテゴリ
タグ

礼服と関連用品の収納|種類別の収納から用途別の収納へ


follow us in feedly

下着やストッキング、靴下の入っている押入れ収納ケースの整理、片づけをしていたら、新品のあるいはほとんどはいていない黒いストッキングがいくつも出てきました。

法事や葬儀のたびに新しいものを購入しては、そのときに使っただけでしまい込んだものだと思われます。
急に必要になるからとストックしておいた分もありました。





hyacinth-1288858_640.jpg



黒いストッキングの活用頻度と収納方法


普段はストッキングそのものをあまりはく生活ではないので、きれいさや新しさで選別して掃除用と実用とに分けました。

黒いストッキングは法事や葬儀のときだけの利用です。
普段使い用のものが入っている押入れ収納ケースに入れておくよりも、礼服と一緒にしまっておく方が便利ではないかと思いました。

新しいものを2足、小さな袋に入れて礼服と一緒にハンガーに。
これなら急に必要になっても慌てて探すこともないでしょう。

礼服.JPG


急場でもコンビニがある!


黒いストッキングをストックをしておかなくても、コンビニですぐに購入することができます。
そう考えたら必要最低限だけ置いておけばいいと素直に思えました。

mourning-1665772_640.jpg


そのほかの関連用品の収納


礼服着用の際に必要なものはほかにもあります。
礼服とバッグは洋服ダンスに。

台付き袱紗は喪服と一緒に和ダンスに入っています。
袱紗のそばには黒のサブバッグも。

この2カ所にまとめられていますが、今回そこに黒いストッキングも加わったわけです。


種類別収納と用途別収納


普段使いのものは種類別に分けて収納しておくと使い勝手がよいと感じています。

使用頻度の低いものは関連するものと一緒に用途別に収納しておくと、必要になったときにあちこちから取り出さなくていいので動きも最低限で済みます。

前もって準備のできる時間がある場合はいいですが、不幸ごとはそうはいきません。
短時間で効率よく準備する必要が生じます。
用途別に収納しておくと便利ではないかと思ったのは、そういった側面からです。


まとめ


50代になり義母を見送り、親の死というものがそう遠くのことではないと感じるようになりました。
あまり考えたくないことですが。

私も夫も実家からは遠距離に住んでいますので、そういった場合に備えて少しでも準備が短時間で済むよう、小さな工夫をしておきたいと思っています。


カテゴリ
タグ

奥行きのある押入れ収納ケースの使い方


follow us in feedly

押入れは奥行きがあって収納量がある反面、奥に入れたら出しにくくなり、何を入れたかわからなくなりがちです。
長年和室の多い家で暮らしてきましたから、収納といえば押入れという生活でした。

今の住まいは1間の押入れのみ。
下の段には奥行きのある押入れ収納ケースを入れています。

サイズによって違いますが、押入れは奥行きが70p前後ある大きな収納庫です。
使いやすくするために、あれこれ工夫をしています。


クローゼット.jpg



ケースごと衣替え


押入れ収納ケースはサイズをそろえておけば、引き出しだけを入れ替えることができるのがメリットの1つです。
押入れにはたいてい3段重ねて入れることができます。

子どもたちの衣類を入れていたころは、季節ごとに使いやすい段にケースだけ入れ替えて衣替えをしていました。

使っているのはこのタイプのものです。


1つのケースの中で前後に仕切る


夫が使っているものは下着や靴下が入っています。
奥行きがあるので夏物、冬物すべて入りますが、きちんと仕切っていないとわかりにくことも。

以前は場所で何となく区別していましたが、もっとわかりやすくするために100均のカゴを利用してみました。

幅、奥行き、深さを測り、うまく収まるようにカゴを選ぶのはパズルのよう。
使ったのはダイソーのメッシュバスケット(CDサイズ)とカスタムバスケット(Mサイズ)。

ダイソー・メッシュバスケット.JPG ダイソー・メッシュバスケット 16.7×27.8×11.7(p)
ダイソー・カスタムバスケットM.JPG ダイソー・カスタムバスケット 10.4×24×6.9(p)

メッシュバスケット4つを縦に並べるとその間にちょうどカスタムバスケットが入りました。
ハンカチなどの小物を入れるのに便利な大きさです。

押入れ収納ケース.JPG


奥行きだけでなく深さも利用


深さのある押入れ収納ケースは、浅いカゴを2段に重ねることでスペースを有効に活用することができます。
女性の下着や靴下、ストッキングなど小さくたためるものは、浅めの容器でも十分に収まります。

私が使っている押入れ収納ケースは、奥行きだけでなく深さも利用しています。

ダイソー・レガリアトレイM.JPG ダイソー・レガリアトレイM 8.3×25.2×4.2(p)

ダイソー・ワイドバスケット.JPG ダイソー・ワイドバスケット 16.9×30.3×11.7(p)

ワイドバスケットの上に浅いレガリアトレイを重ねています。
深さのあるワイドバスケットにはキャミソールなどを、浅いトレイにはショーツをそれぞれくるくる巻いて収納しています。


使う人に合わせて仕切り方を変える


夫は全体がパッと目に入る方が認識しやすい人で、目的のものを探すのはストレスになるタイプです。

私は自分で整理、片付けていることもあって何がどこに入っているか把握しているから、2段重ねで下が見えていなくても大丈夫。

夫が使うケースは前後に仕切り、私が使うものは前後上下に仕切っているのはそんな理由もあります。


現在使っている押入れ収納ケースの数を増やさないために


今の住まいに引っ越してくるときに、多くのものを処分してきました。
押入れ収納ケースもその1つです。
現在の押入れに入る分だけにして、特に古くなったものは粗大ゴミとして出しました。

今持っている数以上に押入れ収納ケースを増やさないようにしたいと思っています。
そのためにいくつかのことに気をつけています。

  • 季節ごとに衣類の見直しをする。

  • くたびれたものは処分し、その数だけ補充する。

  • 夫は長期出張があるため私よりも持ち数は多めに。

  • 私は基本在宅で洗濯が間に合わないことはないので、持ち数を厳選する。


必要十分な量だけにしたいけれども、まだまだ断捨離途中にいます。


まとめ


私は処分のタイミングを見極めるのが難しく、なかなか捨てられないタイプです。
母は「外で倒れて救急搬送されてもみられて恥ずかしくない下着を」とよく言っていました。

家にいるからと古い下着を身につけるのはやめて、上手なサイクルを見つけていつでも小綺麗なものを身につけるようにしたいと思います。

50代半ば、急にどこで具合が悪くなるかわからない年代です。
いつ誰にみられても恥ずかしくないようにという母の言葉を忘れずに。


収納や片付けに関する記事が集まっています。
カテゴリ
タグ




スポンサーリンク



検索ボックス
 
プロフィール
名前:ゆきの
年齢:50代
職業:主婦


・プロフィール
・メッセージフォーム
・Twitter
・プライバシーポリシー


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

最近の記事
カテゴリ





過去ログ
Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます