スポンサーリンク


下着やストッキング、靴下の入っている押入れ収納ケースの整理、片づけをしていたら、新品のあるいはほとんどはいていない黒いストッキングがいくつも出てきました。

法事や葬儀のたびに新しいものを購入しては、そのときに使っただけでしまい込んだものだと思われます。
急に必要になるからとストックしておいた分もありました。





hyacinth-1288858_640.jpg



黒いストッキングの活用頻度と収納方法


普段はストッキングそのものをあまりはく生活ではないので、きれいさや新しさで選別して掃除用と実用とに分けました。

黒いストッキングは法事や葬儀のときだけの利用です。
普段使い用のものが入っている押入れ収納ケースに入れておくよりも、礼服と一緒にしまっておく方が便利ではないかと思いました。

新しいものを2足、小さな袋に入れて礼服と一緒にハンガーに。
これなら急に必要になっても慌てて探すこともないでしょう。

礼服.JPG


急場でもコンビニがある!


黒いストッキングをストックをしておかなくても、コンビニですぐに購入することができます。
そう考えたら必要最低限だけ置いておけばいいと素直に思えました。

mourning-1665772_640.jpg


そのほかの関連用品の収納


礼服着用の際に必要なものはほかにもあります。
礼服とバッグは洋服ダンスに。

台付き袱紗は喪服と一緒に和ダンスに入っています。
袱紗のそばには黒のサブバッグも。

この2カ所にまとめられていますが、今回そこに黒いストッキングも加わったわけです。


種類別収納と用途別収納


普段使いのものは種類別に分けて収納しておくと使い勝手がよいと感じています。

使用頻度の低いものは関連するものと一緒に用途別に収納しておくと、必要になったときにあちこちから取り出さなくていいので動きも最低限で済みます。

前もって準備のできる時間がある場合はいいですが、不幸ごとはそうはいきません。
短時間で効率よく準備する必要が生じます。
用途別に収納しておくと便利ではないかと思ったのは、そういった側面からです。


まとめ


50代になり義母を見送り、親の死というものがそう遠くのことではないと感じるようになりました。
あまり考えたくないことですが。

私も夫も実家からは遠距離に住んでいますので、そういった場合に備えて少しでも準備が短時間で済むよう、小さな工夫をしておきたいと思っています。


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


スポンサーリンク




カテゴリ
タグ