スポンサーリンク


夏の帰省が終わり無事帰宅しました。
ようやく日常が戻って来たところです。

帰省のときにデパートでお土産を購入すると、手渡し用の紙袋を付けてくれます。
帰省先で妹たちもお土産を用意していてくれるので、それらも紙袋に入っています。
帰省の帰り道、高速のサービスエリアで自宅用のお土産を買うとまたまた紙袋が増えます。

そんなわけで、帰宅後すぐにそれらの紙袋を使って冷蔵庫の野菜室を整理しました。


vegetables-760860_640.jpg



紙袋をためない方法


知らず知らずのうちにたまってしまう紙袋やショッピングバッグ。
いくつかの方法でなるべくためないようにしています。




野菜室の整理・収納に紙袋を利用


野菜室に元々ある仕切り以外にプラスチックケースを使って、いくつかのスペースに分けています。
あまり仕切りすぎてしまうと、野菜の量や大きさによって入れにくくなってしまうのでざっくりと仕切っています。

今回の帰省で出た紙袋を数枚使って、野菜室を整理しました。
ついでに除菌アルコールで拭き掃除もしてスッキリきれいに。

冷蔵庫・野菜室.JPG

紙袋は野菜室の高さに合わせてハサミで切って使っています。
野菜室ではお米も保管しています。
ジップ付きバッグに入れたお米が紙袋の大きさとちょうどマッチしました。


まとめ


紙袋はどこのおうちでもたまりがちなものの1つではないでしょうか。
野菜室の整理に使うと汚れたら簡単に取り替えることができるので、いつもきれいな状態を保つことができます。

ゴミを入れて捨てるには忍びない新しい紙袋でも、こうやって利用できれば「もったいない」という気持ちも薄れます。

レジ袋に入れて収納していたこともありますが、紙袋の方がひと目で中が見えるので冷蔵庫を開けている時間も少なくて済みます。

たまってしまった紙袋の使いみち。
いろいろあると思いますが「使って汚れたら処分」を繰り返していくと、それほどたまらなくなります。


片付けや整理の参考にしています。

スポンサーリンク




にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


follow us in feedly
タグ