スポンサーリンク


昨年末に発売された片付け本、原田さよさんの「今日からだれでも片づけ上手。モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ」を読みました。

ブックレビューを別に運営しているブログの記事として書きました。
参考になれば嬉しいと思い、こちらのブログでも紹介させていただきます。
 ・「今日からだれでも片づけ上手。」(原田さよ著)を読んで

併せてそのレビューでは書き切れなかったことも記してみたいと思います。


cup-1276775_640.jpg



片付けは特別なことではない


物を出して使い片付ける。
子どもが遊ぶときにも、児童・生徒・学生が勉強するときにも、家事をするときにも、仕事をするときにも、そして日常生活の中でも、片付けは生きていく限り永遠に続いていく作業です。

そんな毎日のことをハードルを上げ過ぎずにラクな気持ちでできるよう、この本では導いてくれているように感じました。

毎日することだからこそ最初からハードルを上げず、できるところから、できることからしていくのが長続きの秘訣なのでしょう。


手放すものと残すもの・まずは一歩踏み出してみる


物を処分したり断捨離したりするとき、手放すための「物差し」が人それぞれあると思います。
どんな「物差し」を使うかは、各人によって異なるでしょう。
年代ごと、世代ごと、家庭ごと・・・など様々な要素から成り立つ「物差し」があるはずです。

捨てられない、捨てたくない、何を基準に捨てる捨てないを判断したらよいかわからない・・・。
そんな思いは誰にもあるものだと思います。
どんな「物差し」を使ったらよいかわからなくなることもあるでしょう。

著者のさよさんは、その時々で迷った心の状態もこの本の中で書いています。

一歩を踏み出しさえすれば、かならず良い方向へ変わっていきます。


本のカバーのそで部分に書かれている言葉です。
一歩踏み出して始めてみる。
次の一歩をまた進んでみる。

そんなふうにしながら、ときには失敗もしながら、でも最後には手放すものは潔く手放し残すものは愛着を持って使い続けるようになれたら嬉しいものですね。
自分なりの片付けの方法を見つけるためには、まずはスタートしてしてみないことには始まりませんから。


孤独の中に仲間を見つける


片付けの作業は孤独です。
部屋の中で一人きり、黙々とものを出して分類して整理する。
わけがわからなくなって部屋の中が散らかってしまうこともあるでしょう。
多くの人が経験していることだと思います。

本を読み進めると、そんな過程も同じなんだ・・・という安心感を感じ、あぁやっぱり片づけを続けようという気持ちになります。
そして本を通して仲間を見つけたような感覚にとらわれます。
ちょっと嬉しい発見です。


私が片付けをしたい理由


私が家の中を片付けたいと思う大きな理由は年齢です。
年老いた親を見て、また50代になった自分自身の体力と気力を顧みて、思うように体が動くうちに身の回りの始末をある程度しておきたいと考えるようになりました。

将来、息子たちやその家族の手を煩わせたくないというのがもうひとつの理由です。

 こんな記事も書いています。
 ・私がものを捨てる理由、彼女が捨てない理由

flowers-1193840_640.jpg

この本の著者の原田さよさんは私と同じ50代。
同じ50代の主婦として、「今日からだれでも片づけ上手。」は気持ちに寄り添ってくれる部分がたくさんあります。

今はまだ若い20代、30代の人でも数十年後には通る道です。
結構あっという間ですよ(笑)

そんな若い人たちでも、あぁ年を重ねていったらこんな思いになるんだな・・・とちょっと先の自分自身を想像しながら読んでみるという方法もあるかと思います。


landscape-1442324_640.jpg

別に運営しているブログでは、主に50代主婦としての本の感想を書きました。
こちらも読んでいただけたら嬉しいです。
 ・「今日からだれでも片づけ上手。」(原田さよ著)を読んで


今日からだれでも片づけ上手.JPG
【楽天】
今日からだれでも、片づけ上手。 [ 原田 さよ ]
今日からだれでも、片づけ上手。モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ【電子書籍】[ 原田 さよ ]


スポンサーリンク




にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


follow us in feedly
タグ