スポンサーリンク


引越しをいい機会にして、不用品はすべて処分しようと思っていました。
基本的には自治体の粗大ごみとして出すつもりでしたが、自分で回収場所まで運べないような大きなものは、引越し業者に処分を依頼しました。

ブログ村テーマ 捨てる。
ブログ村テーマ 暮らしの見直し


furniture-731417_640.jpg



不用品を処分する方法


不用品の主な処分方法として考えられるのは次のようなものです。

  • 自治体の粗大ごみとして回収してもらう

  • リサイクルショップなどで売る

  • 友人などに譲る

  • 不用品回収業者に依頼する

  • 引越し業者に依頼する


【リサイクルショップなどで売る】は引越し準備で忙しい中、手間を考えると私としては無理なことでした。
また、売れるようなものはなかったように思います。

次の人が使うことを考えた場合、【自分ならお金を出して買って使えるか】が1つの判断基準になると思います。

【友人などに譲る】も同じように【自分が気持ちよく使えるか】を考えたところ、処分が妥当だという結論に至りました。

【不用品回収業者に依頼する】は引越し業者を選ぶだけでも忙しく大変な時期に、もうひとつの業者を探すのは時間的に無理だと判断しました。

結果として、【自治体の粗大ごみとして回収してもらう】ことと【引越し業者に依頼する】ことを選びました。


自治体の粗大ごみとして回収してもらうメリット・デメリット


メリット
  • 費用がかからないこと
自治体によっては有料ですが、不用品回収業者や引越し業者に依頼するよりは安く済みます。


デメリット
  • 自分で回収場所まで持ち込まないといけないこと
  • 小さなものは不燃ごみとして出せますから、運び込みがそれほど大変なわけではありません。
    粗大ごみとして出すものには大型の家具もありますから、かなりの手間になります。
    小さく分解、解体するにも時間と体力を要します。

  • 回収日の日程と引越し準備とを合わせる必要があること
我が家では、引越し前最終回収日までにすべてを処分することはできませんでした。


引越し業者に依頼するメリット・デメリット


メリット
  • 引越し見積もり(訪問見積もり)のときに同時に依頼が済んでしまうこと
これは一番大きなメリットだと感じました。


デメリット
  • 依頼し忘れたものがあると処分してもらえないこと

  • 依頼したもの以外を処分する場合、追加料金が発生すること
引越し前は何かと忙しい時期ですが、その点には気をつけた方がよいと思います。
実際私はそれで失敗しましたので。


引越し業者に依頼する場合、引越し業者が回収・処分してくれる場合と、引越し業者から回収業者に依頼して回収・処分してくれる場合とがあります。
我が家の場合は後者でした。
これは引越し業者の事情によるものです。


回収・処分の費用


処分を依頼したのは次のものです。

  • 食器棚

  • キッチンカウンター

  • 食洗機(取り外しも含めて)

  • PC2台

  • パソコンラック2台

  • テレビ

  • テレビ台

  • エアコン2台(取り外しも含めて)

  • ウインドウエアコン

  • 本棚3台

  • カラーボックス3台

  • 椅子2脚

これで20,000円ということでした。

うっかり忘れていたのが照明器具です。
後から追加できないか連絡しましたが、不用品の処分は別会社ということで無理だと。

照明器具は引越し前日まで使っていますから、後日粗大ごみとして自治体のリサイクルセンターへ持ち込むことにしました。


最後に残った不燃ごみと粗大ごみの処分


上記以外の不燃ごみ・粗大ごみは自治体の不燃ごみ・粗大ごみ収集の日に出しました。
月に1回しか収集日がないため、最終的にはベランダに不燃ごみ・粗大ごみがかなりたまってしまいました。

引っ越し当日、そのベランダを見た引越し業者が
「不用品回収業者に頼めばこれも引き取ってくれますよ。うまくすれば当初の金額内で、そうでなくても多分10,000円ぐらい追加で済むと思いますよ」と声をかけてくれました。

ベランダから自家用車まで運ぶだけでもかなりの手間です。
さらにそれを自治体のリサイクルセンターまで運ぶつもりでいました。
多分数回に分けないと運びきれなかったと思います、しかも私一人で!

それをやってくれるなら追加料金が発生しても助かります。
最終的には、ほぼすべての不用品を10,000円の追加で処分してもらえました。


ごみとして処分するのにお金をかけるということ


ごみとして処分するのに合計30,000円。
これが高いのか安いのか。
私としては費用がかかったけれども、すべてを一度に処分できたのでこれでよかったと思っています。

16年暮らした住まいでしたから、16年分のものがたまっていました。
ちょうど子育て期でもあったので、子どもたちのものも増えていました。

和室ばかりの3LDKで押入れが3間分、半間分の納戸もありましたから、収納スペースはかなりありました。
その都度処分してきたつもりでいましたが、収納スペースがあるとしまい込んでしまいがちです。
引越しですべての持ち物を出してみて、不用品を押し込んでいたことに気づきました。


まとめ


現在の住まいは1間の押入れ、クローゼット1つ、ウォークインクローゼット(といっても1歩入るだけですが)1つが主な収納スペース。
それに合わせて物を増やさないようにしてきたいです。

買うときにお金をかけ、捨てるときにもお金がかかる。
無駄なことを繰り返しているのだと思います。
少しでも無駄を減らすためには、買うときの熟考が必要なのでしょう。

50代ともなれば先の人生の時間も考えます。
先の暮らしを見据えた上で必要なものかどうかを判断し、買ったものは長く愛用できるようにしていきたいと思います。
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


スポンサーリンク




カテゴリ
タグ