スポンサーリンク


築13年の中古マンションをリフォームして暮らしています。
不動産会社訪問前に、家族で物件の条件を話し合いました。

なかなかぴったりと希望に合う物件が見つからない中、いくつかの物件が候補にとして上るようになりました。


apartment-605483_640.jpg



候補の物件


  1. 築16年 1500万円
    最寄り駅より徒歩11分
    4LDK(78.12u)
    7階建て6階

  2. 築18年 1350万円
    最寄り駅より徒歩13分
    3LDK(69.04u)
    6階建て2階

  3. 築22年 1350万円
    最寄り駅より徒歩12分
    3LDK(71.56u)前年にリフォーム済み
    9階建て4階

  4. 築22年 770万円
    最寄り駅より徒歩20分
    4LDK(74.55u)室内一部リフォーム済み
    7階建て3階

 

気に入った物件


1番目が最も気に入った物件でした。
当時の住まいからも近いため、生活圏をほとんど変えずにすむこととなかなか見つからない4LDKだということが、決め手でした。

4番目も4LDKですが、駅から少し遠いのが難点。
また、国道を挟むところに位置する物件でしたが、マンション近くに信号のある横断歩道も歩道橋もなく、地下道を通るしか国道を越える方法がないという立地面から、候補としては順位が下がりました。

息子たちの意見は、長男は最寄駅が変わらないなら親に任せると。
次男は家から離れて暮らしているため、すべて任せるとのことでした。

夫婦ともに1番目が気に入ったため、この物件を扱っている不動産会社へ行くことに決定。
ようやくマイホーム購入に向けて、一歩踏み出したように感じました。

スポンサーリンク




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


follow us in feedly