月別記事一覧

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル

50代で中古マンションを購入・リフォームした記録とその後の暮らし方・ライフスタイル

スポンサーリンク

月別アーカイブ:2017年08月

キッチン排水管のお手入れ|毎日のひと手間でラクラクきれいに

キッチンのリフォームでは、クリナップのクリンレディを選びました。


クリナップのショールームでは、キッチン選びをしながら簡単でラクなお手入れの方法も教えてもらいました。
今回はキッチンの排水口のお手入れについて記したいと思います。


tap-791172_640.jpg



毎日のお手入れ


ゴミ収納器(カゴ)にたまった生ごみは、毎日キッチンの後片付けの際に片付けます。

ゴミ収納器.JPG

普段生ごみをそのままカゴに流すことはせず、自立型水切りゴミ袋をシンク内に置いて、その中に捨てています。
そのため排水口のゴミカゴに流れていくのは、細かなゴミのみです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自立型水切りゴミ袋(40枚入)
価格:398円(税込、送料別)



ゴミカゴのゴミを処理した後は、台所用中性洗剤を付けたスポンジで洗浄。
細かな汚れには歯ブラシを使っています。

シンク内も中性洗剤を付けたスポンジで洗います。
食器用に使って古くなったスポンジを掃除用にしています。


週に1度程度のお手入れ


排水口の各部品をすべて洗います。
使うのは台所用中性洗剤とスポンジ、歯ブラシ。

キッチンシンク・排水口.JPG 排水プレート.JPG

スポンジで落ちない場合は、メラミンスポンジを使っています。
排水トラップも手の届く部分はスポンジでこすります。

最後に排水口に止水用ゴム栓をして、シンク内にお湯をためて台所用中性洗剤をその中に入れます。
事前に排水口各部品を洗ってありますが、それらもその中に浸けておきます。

IMG_2596 - コピー.JPG

翌朝、一気に流すことで配水管の詰まりを予防します。


使える洗剤、使えない洗剤


キッチンによって使える洗剤と使えない洗剤があります。

我が家のキッチンは、ゴミ収納器用のヌメリ取り剤(塩素系)は使わないようにと取扱説明書にあります。
ステンレスのサビの原因になるからだそうです。

シンクや排水口の部品の変色・変質の可能性のある洗剤もあります。
くれぐれも取扱説明書を読んだ上でお手入れの洗剤を選んでください。


まとめ


キッチンのシンクや排水口はいつでも水があるので、お手入れをしていないとヌメリの発生原因になります。

毎日のお手入れをしておけば、たいていの汚れは洗剤なしで、もしくは台所用中性洗剤だけで落すことができます。

キッチンに限らず、汚れをためないことがラクなお手入れのため1つの方法ですね。


掃除や片付けの参考になるブログ村テーマです。
カテゴリ
タグ

礼服と関連用品の収納|種類別の収納から用途別の収納へ

下着やストッキング、靴下の入っている押入れ収納ケースの整理、片づけをしていたら、新品のあるいはほとんどはいていない黒いストッキングがいくつも出てきました。

法事や葬儀のたびに新しいものを購入しては、そのときに使っただけでしまい込んだものだと思われます。
急に必要になるからとストックしておいた分もありました。





hyacinth-1288858_640.jpg



黒いストッキングの活用頻度と収納方法


普段はストッキングそのものをあまりはく生活ではないので、きれいさや新しさで選別して掃除用と実用とに分けました。

黒いストッキングは法事や葬儀のときだけの利用です。
普段使い用のものが入っている押入れ収納ケースに入れておくよりも、礼服と一緒にしまっておく方が便利ではないかと思いました。

新しいものを2足、小さな袋に入れて礼服と一緒にハンガーに。
これなら急に必要になっても慌てて探すこともないでしょう。

礼服.JPG


急場でもコンビニがある!


黒いストッキングをストックをしておかなくても、コンビニですぐに購入することができます。
そう考えたら必要最低限だけ置いておけばいいと素直に思えました。

mourning-1665772_640.jpg


そのほかの関連用品の収納


礼服着用の際に必要なものはほかにもあります。
礼服とバッグは洋服ダンスに。

台付き袱紗は喪服と一緒に和ダンスに入っています。
袱紗のそばには黒のサブバッグも。

この2カ所にまとめられていますが、今回そこに黒いストッキングも加わったわけです。


種類別収納と用途別収納


普段使いのものは種類別に分けて収納しておくと使い勝手がよいと感じています。

使用頻度の低いものは関連するものと一緒に用途別に収納しておくと、必要になったときにあちこちから取り出さなくていいので動きも最低限で済みます。

前もって準備のできる時間がある場合はいいですが、不幸ごとはそうはいきません。
短時間で効率よく準備する必要が生じます。
用途別に収納しておくと便利ではないかと思ったのは、そういった側面からです。


まとめ


50代になり義母を見送り、親の死というものがそう遠くのことではないと感じるようになりました。
あまり考えたくないことですが。

私も夫も実家からは遠距離に住んでいますので、そういった場合に備えて少しでも準備が短時間で済むよう、小さな工夫をしておきたいと思っています。


カテゴリ
タグ

お土産で増えた紙袋を使って野菜室の整理・収納を

夏の帰省が終わり無事帰宅しました。
ようやく日常が戻って来たところです。

帰省のときにデパートでお土産を購入すると、手渡し用の紙袋を付けてくれます。
帰省先で妹たちもお土産を用意していてくれるので、それらも紙袋に入っています。
帰省の帰り道、高速のサービスエリアで自宅用のお土産を買うとまたまた紙袋が増えます。

そんなわけで、帰宅後すぐにそれらの紙袋を使って冷蔵庫の野菜室を整理しました。


vegetables-760860_640.jpg



紙袋をためない方法


知らず知らずのうちにたまってしまう紙袋やショッピングバッグ。
いくつかの方法でなるべくためないようにしています。




野菜室の整理・収納に紙袋を利用


野菜室に元々ある仕切り以外にプラスチックケースを使って、いくつかのスペースに分けています。
あまり仕切りすぎてしまうと、野菜の量や大きさによって入れにくくなってしまうのでざっくりと仕切っています。

今回の帰省で出た紙袋を数枚使って、野菜室を整理しました。
ついでに除菌アルコールで拭き掃除もしてスッキリきれいに。

冷蔵庫・野菜室.JPG

紙袋は野菜室の高さに合わせてハサミで切って使っています。
野菜室ではお米も保管しています。
ジップ付きバッグに入れたお米が紙袋の大きさとちょうどマッチしました。


まとめ


紙袋はどこのおうちでもたまりがちなものの1つではないでしょうか。
野菜室の整理に使うと汚れたら簡単に取り替えることができるので、いつもきれいな状態を保つことができます。

ゴミを入れて捨てるには忍びない新しい紙袋でも、こうやって利用できれば「もったいない」という気持ちも薄れます。

レジ袋に入れて収納していたこともありますが、紙袋の方がひと目で中が見えるので冷蔵庫を開けている時間も少なくて済みます。

たまってしまった紙袋の使いみち。
いろいろあると思いますが「使って汚れたら処分」を繰り返していくと、それほどたまらなくなります。


片付けや整理の参考にしています。
タグ

奥行きのある押入れ収納ケースの使い方

押入れは奥行きがあって収納量がある反面、奥に入れたら出しにくくなり、何を入れたかわからなくなりがちです。
長年和室の多い家で暮らしてきましたから、収納といえば押入れという生活でした。

今の住まいは1間の押入れのみ。
下の段には奥行きのある押入れ収納ケースを入れています。

サイズによって違いますが、押入れは奥行きが70p前後ある大きな収納庫です。
使いやすくするために、あれこれ工夫をしています。


クローゼット.jpg



ケースごと衣替え


押入れ収納ケースはサイズをそろえておけば、引き出しだけを入れ替えることができるのがメリットの1つです。
押入れにはたいてい3段重ねて入れることができます。

子どもたちの衣類を入れていたころは、季節ごとに使いやすい段にケースだけ入れ替えて衣替えをしていました。

使っているのはこのタイプのものです。


1つのケースの中で前後に仕切る


夫が使っているものは下着や靴下が入っています。
奥行きがあるので夏物、冬物すべて入りますが、きちんと仕切っていないとわかりにくことも。

以前は場所で何となく区別していましたが、もっとわかりやすくするために100均のカゴを利用してみました。

幅、奥行き、深さを測り、うまく収まるようにカゴを選ぶのはパズルのよう。
使ったのはダイソーのメッシュバスケット(CDサイズ)とカスタムバスケット(Mサイズ)。

ダイソー・メッシュバスケット.JPG ダイソー・メッシュバスケット 16.7×27.8×11.7(p)
ダイソー・カスタムバスケットM.JPG ダイソー・カスタムバスケット 10.4×24×6.9(p)

メッシュバスケット4つを縦に並べるとその間にちょうどカスタムバスケットが入りました。
ハンカチなどの小物を入れるのに便利な大きさです。

押入れ収納ケース.JPG


奥行きだけでなく深さも利用


深さのある押入れ収納ケースは、浅いカゴを2段に重ねることでスペースを有効に活用することができます。
女性の下着や靴下、ストッキングなど小さくたためるものは、浅めの容器でも十分に収まります。

私が使っている押入れ収納ケースは、奥行きだけでなく深さも利用しています。

ダイソー・レガリアトレイM.JPG ダイソー・レガリアトレイM 8.3×25.2×4.2(p)

ダイソー・ワイドバスケット.JPG ダイソー・ワイドバスケット 16.9×30.3×11.7(p)

ワイドバスケットの上に浅いレガリアトレイを重ねています。
深さのあるワイドバスケットにはキャミソールなどを、浅いトレイにはショーツをそれぞれくるくる巻いて収納しています。


使う人に合わせて仕切り方を変える


夫は全体がパッと目に入る方が認識しやすい人で、目的のものを探すのはストレスになるタイプです。

私は自分で整理、片付けていることもあって何がどこに入っているか把握しているから、2段重ねで下が見えていなくても大丈夫。

夫が使うケースは前後に仕切り、私が使うものは前後上下に仕切っているのはそんな理由もあります。


現在使っている押入れ収納ケースの数を増やさないために


今の住まいに引っ越してくるときに、多くのものを処分してきました。
押入れ収納ケースもその1つです。
現在の押入れに入る分だけにして、特に古くなったものは粗大ゴミとして出しました。

今持っている数以上に押入れ収納ケースを増やさないようにしたいと思っています。
そのためにいくつかのことに気をつけています。

  • 季節ごとに衣類の見直しをする。

  • くたびれたものは処分し、その数だけ補充する。

  • 夫は長期出張があるため私よりも持ち数は多めに。

  • 私は基本在宅で洗濯が間に合わないことはないので、持ち数を厳選する。


必要十分な量だけにしたいけれども、まだまだ断捨離途中にいます。


まとめ


私は処分のタイミングを見極めるのが難しく、なかなか捨てられないタイプです。
母は「外で倒れて救急搬送されてもみられて恥ずかしくない下着を」とよく言っていました。

家にいるからと古い下着を身につけるのはやめて、上手なサイクルを見つけていつでも小綺麗なものを身につけるようにしたいと思います。

50代半ば、急にどこで具合が悪くなるかわからない年代です。
いつ誰にみられても恥ずかしくないようにという母の言葉を忘れずに。


収納や片付けに関する記事が集まっています。
カテゴリ
タグ

洗濯機のカビ防止対策|洗濯後のひと手間できれいを保つ

毎日使う洗濯機。
気づいたときにはカビが・・・なんていうことのないよう、洗濯後のほんのひと手間でカビを防ぐようにしています。
きれいに洗った衣類を気持ちよく着るためにも、続けていきたい習慣です。


laundromat-1335005_640.jpg



カビが生えたら掃除していた過去の私


洗濯機にカビを発生させたことは・・・もちろんあります。
若いころは水を使うところだから仕方ない、汚れたら掃除をすればいいというような考え方でした。
でも洗濯機の掃除って細かいところもあって面倒なんですよね。

ドラム式洗濯機を使うようになった10年ほど前からは、できるだけカビが出ないように心がけています。


毎日のカビ防止のための習慣


ドラム式洗濯乾燥機.JPG

使っているのはパナソニックのドラム式洗濯乾燥機です。
縦型の洗濯機でも同じような対策でカビを防ぐことができると思います。

  • 洗濯終了後、洗剤ケースを取り出して乾燥させる。
  • 水分や洗剤の残りかすはカビの原因になります。
    洗濯後のケースの中に、洗剤や柔軟剤が多少残っていることもあります。
    そういうときは洗剤ケースを水洗いしてから乾燥させています。

    洗濯機・洗剤ケース.JPG

  • 洗濯、乾燥が終わったら、洗濯機の扉は開けておく。
  • 洗濯後は扉の裏側が濡れています。
    タオルで拭いて、次の洗濯まで扉は開けたままです。
    乾燥機を使ったあとは洗濯槽に熱がこもっていますから、扉を開けておきます。

    洗濯機・洗濯槽.JPG

    ただし小さなお子さんがいる場合は、中に入って閉じ込められたりケガややけどの可能性もあるので注意が必要です。

  • 乾燥のたびに乾燥フィルターのゴミを取り除いて外しておく。
  • 乾燥フィルターを外すとその中も熱がこもっていたり湿気がたまっていたりすることがあるので、次の洗濯まで外しておきます。

    洗濯機・乾燥フィルター.JPG


    縦型洗濯機の場合にできるカビ防止策


    実家の父や妹たちが毎日している方法です。

    • 洗濯終了後、ふたを開けておく。

    • くず取りネットのゴミを捨てて、ネットを乾燥させておく。

    • 洗剤入れを取り外して乾燥させておく。



    • パナソニックのナノイー槽クリーン


      現在使っているドラム式洗濯乾燥機には、「ナノイー槽クリーン」というドラムに発生する黒カビを抑制する機能が付いています。

      説明書によればコストは1回につき1.2円。
      洗濯のみのときに、洗濯物を取り出したあとにこの機能が使えるように設定されています(そのまま電源を切れば槽クリーンなしで洗濯を終わらせることもできます)。

      洗濯〜乾燥、乾燥のみのときはこの機能は設定されていません。
      乾燥運転で湿気が取れてカビが発生しにくいためです。


      洗濯のときにも洗濯槽の汚れを防ぐ機能がついています。
      youtubeに動画がありましたので、参考にしてみてください。https://youtu.be/VAEnHyVA1eE


      まとめ


      きれいな洗濯機で洗った衣類は清潔で気持ちいいものです。
      洗濯後にちょっとひと手間入れるだけで面倒な掃除からも解放されます。

      私が留守のときに夫が洗濯しても同じようにしてくれているので助かっています。
      簡単にカビを防いで気持ちよく生活するこの習慣は、続けていきたいことの1つです。


      家事の参考になるブログが読めるブログ村テーマです。
      カテゴリ
      タグ

ランチョンマットはダイソーのソフトバスケットにポンポンと収納

何種類かあるランチョンマット。
気分や季節によって使い分けています。

収納しているのはダイソーのソフトバスケット。
ポンポンと入れているだけですが、使い勝手がよくて気に入っています。


provence-1063514_640.jpg



ランチョンマットの種類


プレゼントされたもの、来客用に買い求めて今は普段使いしているもの、丈夫で十数年使っているものなど現在7種類あります。

子どもが小さかったころは、頻繁に汚すので布製ではなく水洗いできるようなものをつかっていたことも。

トレーをランチョンマットの代わりにしていたこともあります。
私1人の食事のときは、トレーに食事をひとまとめにすると便利で重宝しています。

ランチョンマットは季節や気分、お料理によって使い分けていますが、そのときの気分に左右されて選ぶことが多いです。


ランチョンマットの収納に便利なダイソーのソフトバスケット


ダイソー・ソフトバスケット.JPG ダイソー・ソフトバスケット.JPG

ダイソーのソフトバスケットは柔らかいので、カチッと入れずにポンポン放り込む感じでも大丈夫です。
入れるものに形が合わせてくれています。
直径・高さともに約17〜18p。

ランチョンマットを四つ折りにたたんで、くるくると縦長に巻いて入れています。
置いているのはキッチン背面収納のカウンター上です。

ランチョンマットinダイソー・ソフトバスケット.JPG




夏にぴったりのニトリのランチョンマット


塩ビ素材のニトリのランチョンマットはメッシュ使いで涼しげなので、今の季節によく使います。

ニトリ・ランチョンマット.JPG

汚れても拭けばすぐ落ちますし、台所洗剤液に浸けて丸洗いすることもあります。
お手軽価格であれこれ楽しめるのもニトリならではだと思います。

ニトリ・ランチョン的.JPG
ランチョンマット(ブロック BK) ニトリ

色違いの赤もあります。
食欲を湧かせ元気になるカラーです。
私は落ち着いた色が好みなので黒を選びました。


引き出しに入れる収納


キッチン背面収納には2つの浅い引き出しがあります。
この中に収納する方法も考えましたが、今のところ入れるスペースがありません。

数年前の引越しの際に細々としたキッチングッズを処分しましたが、まだ2つの引き出しに余分なスペースを作れずにいます。

ダイソーのソフトバスケットを重宝に使っていますが、いずれは引き出しの中に入れてカウンター上をもう少しすっきりさせたいと思っています。
今後のキッチン収納の課題です。


キッチンの収納・片付けの参考にしているブログ村テーマです。
カテゴリ
タグ

ラグをコインランドリーで洗濯してスッキリきれいに

夏用のニトリのい草ラグをリビングに出した後、敷いていたラグをコインランドリーで洗濯してきました。



コインランドリーに行かなきゃ行かなきゃと思いながら、8月に入ってようやくです(^^;
お湯洗いしてスッキリきれいになり、涼しくなるまで出番待ちです。


yellow-labrador-retriever-750098_640.jpg



コインランドリーの洗濯機の大きさ


洗濯したラグは2畳タイプの大きさです。
コインランドリーの洗濯機の容量は、7kg、12kg、17kg、22kgの3種類がありました。

料金は7kgで400円(34分)、12kgで700円(34分)、17kgで900円(34分)、22kgで1,100円(34分)です。
今回は17kgを選び、実際に洗濯にかかった時間は31分。
お湯でじゃぶじゃぶ洗ってくれます。

コインランドリー.JPG

17kgの洗濯機で洗える量の目安は
  • こたつ布団1枚
  • 夏掛け9枚
  • シーツ25枚
  • タオルケット17枚
  • 毛布シングル6枚
  • 毛布ダブル、厚手3枚
となっていました。


洗濯のコツ


私が利用したコインランドリーの洗濯機は、料金に洗剤と柔軟剤が含まれています(店舗によって異なりますので確認してください)。

クリーニング店の中に設置されていて、管理もクリーニング店のスタッフがしています。
時々見回っているようです。

以前、同じラグを洗濯したときにスタッフにアドバイスされたのは
「たたまずにくしゃくしゃっとした感じで入れた方が、洗剤液がまんべんなく回っていいですよ」というものでした。

自宅のドラム式洗濯機の説明書には、毛布やラグなどはたたんで入れるよう書いてあります。
さらに別売りの「洗濯キャップ」(洗濯機のふたの内側に設置するもの)が必要です。

同じドラム式でも業務用と家庭用では違うのですね。


乾燥機も利用


乾燥機は14kgのものと25kgのものがありました。
14kgは100円で10分、25kgは100円で8分乾燥できます。

コインランドリー.JPG

乾燥できる容量は
14kgで
  • こたつ布団1枚
  • 夏掛け7枚
  • シーツ21枚
  • タオルケット14枚
  • 毛布シングル4枚
  • 毛布ダブル、厚手2枚
です。

14kg用の乾燥機で10分乾かしたところ、ほぼ乾いていました。
あとは持ち帰って外干しすれば十分です。


まとめ


併設のクリーニング店をいつも利用していますが、以前にこのラグをクリーニングしてもらったときは3,000円ほどかかったように記憶しています。

それに比べると今回かかったのは1,000円。
お得に洗え、お湯でじゃぶじゃぶとスッキリきれいになったことで大満足です。

大きなテーブルやキャスター付きの大きなカゴも置いてあり、洗い上がったラグをたたむペースがあったのもラクでした。

コインランドリーは大きなものを洗うのに便利で、料金もクリーニングに比べたらずっとお得です。
洗う際には洗濯機で洗えるものかどうか、洗濯タグで確認してくださいね。


タグ




スポンサーリンク



検索ボックス
 
プロフィール
名前:ゆきの
年齢:50代
職業:主婦


・プロフィール
・メッセージフォーム
・Twitter
・プライバシーポリシー


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

最近の記事
カテゴリ








過去ログ
Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます