月別記事一覧

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル

50代で中古マンションを購入・リフォームした記録とその後の暮らし方・ライフスタイル

スポンサーリンク

月別アーカイブ:2016年05月

洗面化粧台比較|TOTOオクターブVSリクシル(LIXIL)L.C.(エルシィ)


follow us in feedly

洗面化粧台で比べているのは、TOTOのオクターブとサクア、リクシル(LIXIL)のL.C.(エルシィ)です。
洗面化粧台の隣に収納ユニットをつけると、3種類とも見た目は同じように見えます。


natural-cosmetics-1286371_640.jpg



洗面化粧台の比較


TOTOオクターブ .jpgTOTOオクターブ
TOTOサクア.jpgTOTOサクア
LIXIL L.C.(エルシィ).jpgLIXIL(リクシル) L.C.(エルシィ)

洗面ボウルの素材は、サクアは陶器(セフィオンテクト加工)、オクターブは人工大理石(不飽和ポリエステル系樹脂)、L.C.(エルシィ)は人造大理石(ポリエステル系樹脂)です。

サクアは陶器表面をナノレベルでつるつるにし(セフィオンテクト加工)、 汚れがつきにくく落としやすいのが特徴です。
ただし、物を落としたときは割れやすいというデメリットもあるとショールームで聞かされました。

人工大理石や人造大理石は物を落としたときは割れにくいけれど、ヘアカラーなどの汚れはすぐに落とさないと落ちにくくなるということでした。

私は陶器の洗面ボウルに化粧品のビンを落として、割ってしまったことがあります(ヒビでしたが)。
賃貸住宅に住んでいたときでしたから、退去の際には敷金から修理費だったか交換費だったかを引かれました。
そんなことがありましたから、TOTOのサクアは候補から外れました。


TOTOオクターブの主な特徴


すべり台ボウル

洗面ボウルは右奥の排水口に向かって傾斜がついているので、泡や汚れがすべり台のように流れていきます。

水栓が上部にあるため、水栓根元に水がたまりにくく汚れがつきにくい構造です。
また、洗面ボウルとカウンターが一体になっていてつなぎ目がないため、お掃除が簡単です。
つなぎ目には汚れがつきやすいので、つなぎ目なしというのはきれいを保てますね。

TOTOオクターブ・洗面ボウルとカウンター.JPG

たっぷり収納の「奥ひろし」

配水管の形をシンプルにして奥に設置することにより、従来よりも収納スペースが広がっています。

TOTO・奥ひろし.jpg


洗面台下の収納タイプは、
  • 2段引き出し

  • 扉タイプ(開き扉)

  • 片引き出しタイプ(縦長の引き出し+開き扉)

  • 3Wayキャビネットタイプ(縦長の引き出し+2段引き出し)
とあります。

引き出しタイプの上段には取り外しできる薄型トレイがあるので、化粧小物などを入れておいて取り外して使うこともできます。
お化粧は別の場所で・・・というときに便利ですね。


リクシル(LIXIL)L.C.(エルシィ)の主な特徴


ビルトインタイプの水栓

TOTOオクターブの壁付水栓よりさらに水がたまりにくいビルトインタイプの水栓で、上から直接水が出ます。
水回りのきれいを保つには水滴をつけたままにしないのが一番ですから、水栓回りに水がつきにくいのは助かりますね。

洗面ボウルとカウンターは一体で、つなぎ目はありません。
さっとひと拭きできるのが便利です。

広々収納

洗面台下は奥までたっぷりの収納力があります。
収納タイプは、
  • フルスライドタイプ(2段引き出し)

  • 扉タイプ(開き扉)

  • 2段引き出し+開き扉タイプ
とあります。

収納するものに合わせて選ぶことができます。


TOTOオクターブとリクシル(LIXIL)L.C.(エルシィ)の価格比較


どちらも洗面化粧台の幅は75cm、収納キャビネットは幅30cm、高さ190cmの仕様です。

洗面台下の収納は、オクターブは3Wayキャビネットタイプ(縦長の引き出し+2段引き出し)、L.C.は2段引き出し+開き扉タイプで見積もりしてもらいました。

定価ではオクターブが427,900円(税抜き)、L.C.(エルシィ)は358,600円(税抜き)と70,000円近い差があります。
さらに値引き率はL.C.(エルシィ)の方がよいため、リフォーム会社の見積価格では86,000円ほどの差になりました。

機能的には大きな差はありませんから、この価格差も比較検討の対象になります。
タグ

ユニットバス比較|マンションリモデルバスルームVSリノビオV


follow us in feedly

ユニットバスと洗面化粧台がなかなか決まらないのは、前記事に書いたとおりです。
→ ・ユニットバスと洗面化粧台の選択に迷う

検討しているのは、TOTOのマンションリモデルバスルームと、リクシル(LIXIL)のリノビオV。
ひとつひとつの機能に関しては名称が異なるものの、どちらのメーカーのものも似かよっています。
これもどちらにするか迷う理由のひとつです。


bath-585128_640.jpg



TOTOマンションリモデルバスルームの主な特徴


TOTOマンションリモデルシリーズ.jpg

ほっカラリ床


  • 水はけがよく乾きやすい。

  • 汚れがつきにくく落としやすい。

  • 内側の断熱クッション層で冬でもひんやりせず、足への当たりが柔らかい。

  • 膝立ちしても痛くない

  • 物を置いたり落としたりするときの音を吸収して、響きにくい(マンションでは重要!)。


エアインシャワー


  • 水に空気を含ませることで節水(従来品と比較して最大48%節水)。


魔法びん浴槽


  • 浴槽の回りに発泡スチロールの断熱材、その回りに発泡ポリプロピレンの断熱防水パンを使用。

  • 断熱仕様のふろふたと組み合わせると、5時間後の温度低下が2.5℃以内。


お掃除ラクラク鏡


  • 表面を炭素の膜でおおい、水あかをつきにくくし、簡単な掃除で落せる。


お掃除ラクラク排水口


  • らくポイヘアキャッチャー

  • ・水の流れで髪の毛を浮かせてまとめる。
    ・メッシュ構造のヘアキャッチャーで髪の毛が張り付きにくい。

  • でこぼこのない排水口トラップ

  • ・でこぼこがないため、手を入れて拭きやすい。


    リクシル(LIXIL)リノビオVの主な特徴


    LIXILリノビオV.jpg

    キレイサーモフロア


    • 水はけがよく乾きやすい。

    • 汚れがつきにくく落としやすい。

    • 内側の断熱層の効果で、足裏の冷たさを感じにくい。


    エコフルシャワー


    • シャワーヘッド内部の羽根車がシャワー穴の半分を防ぎながら吐水することで節水(従来品と比較して最大48%節水)。


    サーモバスS


    • お湯が冷めにくい浴槽保温材と保温組フタとのダブル保温で、4時間後の温度低
      下は2.5℃以内。


    キレイ鏡


    • 特殊コーティングで水や汚れをはじき、水汚れの固着を防ぐ。


    くるりんポイ排水口


    • 浴槽排水の際に、排水口内にうずを発生させて排水口を洗浄。

    • うずがヘアキャッチャー内にゴミをまとめる。

    • 排水口トラップ内の構造がシンプルで、手を入れて拭きやすい。


    とるピカスリムカウンター


    • 取り外して簡単に洗えて衛生的。



    両者のちょっとした違い


    TOTOもリクシル(LIXIL)も汚れがつきにくく、お掃除、お手入れがしやすいことが大きな特徴です。

    その中で違いを感じたのは、TOTOの「ほっカラリ床」とリクシル(LIXIL)の「キレイサーモフロア」です。
    ほっカラリの柔らかさは、ぜひショールームで実感してみてほしいと思います。
    足の裏からほわーんと柔らかく跳ね返ってくるような感覚です。

    正直言って、最初はちょっとびっくりするような柔らかさでした。
    でも比較するうちに、この柔らかさは魅力に。
    さて、この「ほっからり床」が決め手になるでしょうか。

ユニットバスと洗面化粧台の選択に迷う


follow us in feedly

システムキッチンはクリナップのクリンレディに、トイレはTOTOのレストパルに決定しました。

それらの記事はこちらです。

ユニットバスと洗面化粧台については、かなり長いこと迷っていました。


cat-360805_640-2.jpg



迷う理由


比較検討しているのは、ユニットバスも洗面化粧台もTOTOとリクシル(LIXIL)です。
洗面・脱衣所とバスルームは隣り合っているので、できれば同じメーカーにして色系統を統一したいと思っています。

細かな機能をひとつひとつ比べていくと、あの機能もほしい、この機能もいいなぁ・・・と欲張りになってしまいます。
ほしい機能がひとつの製品に集められていれば選ぶのに苦労はしないのですが、そう都合よくはいきませんね。
そうなると、なかなかひとつのメーカー決められず。

ユニットバスか洗面化粧台のどちらかが決まれば、もう一方もすんなり決まるのではないかと思っています。
色系統を合わせるため、同じメーカーにするでしょうから。


迷うのもまた楽しい


重いカタログを何冊も持ち替えてはページを繰り、気になるところには付箋を貼る。
そしてネット上のクチコミを探してみる。
そんな作業も楽しいものです。

夫は忙しいのもあって全く口を挟まないし、息子たちは私に任せると。
娘がいたらこんなときどれほど楽しく盛り上がったかと、娘さんがいる友人たちを羨ましくも思いました。
悩む楽しさを一人で味わう、というささやかな贅沢な時間を持つことができたからよしとしましょうか。
タグ

ユニバーサルデザインで家族皆が快適生活を|リフォーム展示会で体感!


follow us in feedly

リフォームを依頼した会社主催のリフォーム展示会へ行ってきました。
メーカー各社の住宅設備が展示され、比較検討できる催しです。

リフォームしてから間もなく2年。
設備を必死に選んでいるときには見えなかったこと、気づかなかったことがあるのではないかと思い、足を運んできました。


pillows-697631_640.jpg



内容

ユニバーサルデザインとは?
ユニバーサルデザインの身近な例
家の中のユニバーサルデザイン
50代は少し先を見通したリフォームを
まとめ



ユニバーサルデザインとは?


ユニバーサルデザインとは、
年齢や障害の有無にかかわらず、すべての人が使いやすいように工夫された用具・建造物などのデザイン(広辞苑より)
です。

簡単に言えば年齢や性別、国籍、能力などにかかわらず、すべての人が使いやすいデザインということになります。
「すべて人にとって使いやすい」という点が、バリアフリーと異なる点です。


ユニバーサルデザインの身近な例


身近なものにもユニバーサルデザインの例が数多くあります。

  1. シャンプー容器のトップやサイドにある「きざみ」
  2. シャンプーにはついていて、リンスにはついていません。

    ユニバーサルデザイン・シャンプー・コンディショナー.jpg左・シャンプー/右・リンス

    シャンプーとリンスの区別ができるよう、つけられたものです。

    詰め替え用にもついています。

    ユニバーサルデザイン・シャンプー.jpg

  3. 多目的トイレ
  4. 駅や公共施設、病院など多くの場所で多目的トイレを見かけるようになってきました。
    十分な広さがあり、車いす利用や小さな子供連れの人だけでなく、誰にとっても使い勝手のよい構造になっています。

  5. ピクトグラム

pictograms-690873_640.jpg

ピクトグラムは海外からの旅行者や文字が見えにくい人にも、イメージで情報を伝えることができます。


家の中のユニバーサルデザイン


ユニバーサルデザインが取り入れられた住まいは、家族皆にとって暮らしやすい住まいになります。

家族構成は各家庭で異なりますし、年齢や健康状態もそれぞれです。
メーカーが作った「ユニバーサルデザイン」とされた設備が、必ずしもすべての人にとって使いやすいとは限りません。
家族の特性やニーズによって設備を選ぶことが大事になってきます。

例えば、キッチンの収納は引き出しタイプがメインになってきています。
確かに収納しやすいですし、出し入れもしやすいと私自身使いながら感じています。
それでも高齢になって握力や筋力が衰えてきたときに、食器や鍋などが入って重たい引き出しを簡単に引き出すことができるでしょうか?
先のことを考えて、引き出しタイプと開き戸タイプとを組み合わせるという選択肢もあるかと思います。


50代は少し先を見通したリフォームを


私は50代でリフォームした中古マンションに住んでいます。
次のリフォームは60代後半か70代になると思います。
それまでの間、できるだけ暮らしやすいようにという点も考慮して設備などを選びました。

60代、70代になったときのことは想像することしかできません。
きっとそのときになれば、あぁ前回のリフォームのときにもっとこうしておけばよかったな、と思うこともあるでしょう。

先のことはわかりませんから今が快適ならいいじゃないか、という考え方もあると思います。
若い世代はそれでもいいかもしれません。
50代は体力も気力も徐々に衰えていく年代です。
できるうちにできることを済ませておけば、年代が上がって行っても心地よく暮らせるのではないかと思います。


まとめ


時間の経過に伴って、「使いやすさ」「使い勝手のよさ」は変化していきます。
現在も使いやすく将来も使いやすい住まい。
そんな理想通りにはいかないでしょうが、リフォームの際にそんなことも少し考えながら設備を選んだり、用具を据えたりするといいかと思います。

またリフォームではなくても、日ごろの工夫やアイデアで暮らしやすい住まいに近づけることも可能だと思います。

トイレはTOTOレストパルに決定!決め手は「きれい除菌水」と収納キャビネット


follow us in feedly

築13年の中古マンションをリフォームして暮らしています。
リフォームのための見積もりを2社に依頼し、ショールームをいくつか見ながら設備を検討しました。

トイレはTOTOとLIXIL(リクシル)とで迷いましたが、最終的にTOTOのレストパルに決定しました。
決め手となった点について記します。


soap-908227_640.jpg



内容

・床置きのレストパルと床から浮いているレストパルF
・タンクはどこに?
・キャビネットの収納力とすっきり感
・「きれい除菌水」できれいが長持ち
・ひとつだけTOTOを選んで後悔した点



床置きのレストパルと床から浮いているレストパルF


選んだトイレはレストパルです。
このシリーズには、便器が床の上にある「レストパル」と便器が床から浮いている「レストパルF」とがあります。
選んだのは床置きの「レストパル」です。

レストパル.jpgレストパル レストパルF.jpgレストパルF

レストパルFは床の上に便器がないので、床や便器下の掃除がスムーズにできます。
レストパルも便器の後ろがすぐキャビネットになっていてすき間がないので、掃除の際に手が届きやすく、また便器側面もでこぼこがないので掃除はしやすいです。

レストパルFを選ばなかった理由は2つ。

  • 便器が浮いているのは感覚的に落ち着かない。

  • 価格が高い(定価で10万円近い差があります)。



タンクはどこに?


パッと見ではタンクレストイレに見えるレストパル。

レストパル.JPG

実際には、タンクは便器背面のキャビネット内に隠しています。
便器洗浄は通常は自動またはウォシュレットの操作パネルでですが、洗浄レバーはキャビネット内にありますから停電などの際には手動で流せます。

レストパル・洗浄レバー.JPG

手洗いはキャビネット上部の隅に付けられています(左右どちらにも設置可能です)。

レストパル・手洗い.JPG

タンクが隠れているだけで構造はタンク付きのトイレと同じですから、手洗いの水は便器洗浄と連動です。
便器洗浄の水を流したときのみ手洗いは使えます。

スペースがあれば手洗いは別に付けたかったのですが、マンションのトイレはそれほど広くありません。
別置き手洗いは断念しました。
それでもタンクが見えない分、すっきりとした感じに仕上がります。


キャビネットの収納力とすっきり感


キャビネットの中央部分にはタンクが入っていますが、両サイドは収納スペースになっています。

レストパル・キャビネット.JPG

キャビネット左側の下部には、配管や配線コードがすっぽりと入っています。

レストパル・キャビネット.JPG

配管などが外に出ていないので、またキャビネットの中にゴミ箱や掃除道具、トイレットペーパーなどを入れることができるのでトイレ周りには何もなく、掃除の際に邪魔になることがありません。
キャビネットは細長い収納棚ですが、収納力があるためトイレ内がすっきりと見えます。


「きれい除菌水」できれいが長持ち


「きれい除菌水」とは、水道水を電気分解して作られた除菌成分を含む水です。
薬品や洗剤を使っていないので環境にやさしく、また時間が経つと水に戻ります。

トイレ使用前に水道水がミストになって便器に吹きかけられるため、汚れが付きにくくなります。
また使用後と8時間使用しないときに、きれい除菌水がミストとして吹きかけられるので、きれいな状態が長持ちします。
汚れが付きにくい特徴はありますが、もちろん掃除は必要です。

ウォシュレットの自動洗浄(ノズルの内側、外側とも)にも、このきれい除菌水が使われます。
便器同様、使用していないときにもノズルは定期的に洗浄されます。

常にきれいな状態を保てるというのは、トイレを使うたびに気持ちよく使えることにつながります。
さらにお手入れがラクになるので、言うことなしです。


ひとつだけTOTOを選んで後悔した点


十分比較検討してTOTOのレストパルを選び、使い勝手もよく満足していますが、ただ1点だけあとから気づいて残念に思ったことがあります。
それは、便座の表と裏の継ぎ目があることです。

ここは汚れがたまりやすく、落ちにくい場所です。
掃除のたびに念入りにこの継ぎ目の汚れを落とさなければならず、継ぎ目がなければなぁとたびたび思わされます。

リクシル(LIXIL)のトイレには、この継ぎ目がありません。
TOTOのレストパルと同じように、キャビネットの中にタンクを収納するトイレ・リフォレがありますので、こちらを選んでもよかったかと思います。

LIXIL リフォレ.jpg

トイレのリフォームを検討されている方の参考になればと思い、付け加えておきます。
それでもほしい条件が一つの商品にすべて揃うということはなかなかありませんから、どこかで折り合いをつけるしかないですね。
タグ

キッチンの周辺収納とカップボード|迷った末にキッチンに合わせて選ぶ


follow us in feedly

築13年の中古マンションをリフォームして暮らしています。

システムキッチンはクリナップのクリンレディに決めたものの、キッチン周辺の収納をどうするか悩んでいました。
今まで使っていた食器棚を使って費用を抑えるか、周辺もシステムキッチンに揃えるか・・・。


dish-shelf-1290426_640.jpg



カップボードをどうするか?


リフォーム前のキッチン背面には、作り付けの棚がありました。
食器棚よりは奥行きがあり間取り図には「パントリー」とありましたが、食器棚としても使える大きさのものです。

パントリー.jpgパントリー.JPG

これに今まで使っていた幅約90pの木製の食器棚と、家電製品を置いていたスチールラックを並べて使おうかと思っていました。
費用的には一番安くなりますので。

ただし、どうイメージしてもバランスは悪すぎます。
見た目がバラバラですから。
ショールームで統一感のあるキッチンを見たあとなら、なおさらそう感じます。


見積もりを取り検討


  • 幅90pのカップボード(下台+シースルー扉の中台)

  • 幅75pのフロアカウンター2台(上にカウンタートップを付けて一体に)

  • 幅75p高さ70pの吊戸棚2台

どれも奥行きは45pです。

フロアカウンター2台の内容をすべて引き出しタイプにするか、開き戸タイプと組み合わせるかで費用が変わってきます。
3段引き出しと1段引き出しとで、定価で30,000円ほどの差があります(3段引き出しタイプの方が高い)。
30,000円ほどの差であっても、定価から値引きが入るとそれほど変わらないのでは・・・とも思いました。

使い勝手は引き出しタイプの方がいいと思っていましたので、それほど差がないのなら使い勝手を優先に。
メーカーの見積もりに対するリフォーム会社の見積もりを出してもらってから、発注までの間に決めればいいので、そのあたりは流動的でも大丈夫でした。


最終的に選んだ周辺収納


  • フロアカウンター(3段引き出しタイプ)

  • フロアカウンター(1段引き出しタイプ・下にダストスペース)

  • カップボード(下台3段引き出し+シースルー扉の中台)

  • 吊戸棚(フロアーカウンター上部に2台)


ダストスペースには扉と同じ面材のワゴンを配置(中にゴミ箱3個収納)しました。

ダストスペース.JPG


市販のゴミ箱を入れることも可能でしたが、そうなると外からゴミ箱が丸見えです。
同じ面材のワゴンの中に収納することで、見た目はダストスペースに見えないようになりました。

この同じ面材のワゴンを設置することは、リフォーム会社2社の担当者どちらもがオススメのパターンでした。
キッチンにゴミ箱はどうしても置かなければならないので、外に置くと結果的に邪魔になるというのが担当者のアドバイスでした。

価格との兼ね合いで、フロアーカウンターは引き出しタイプか開き扉タイプかか迷いましたが、見た目と使い勝手を考えて、すべて引き出しタイプにしました。
そのおかげで、カップボードからフロアーカウンターまでの幅240cmが、引き出し取っ手が横に並びすっきりと見えます。

キッチン・収納.jpg カップボード.jpg

カップボード上部には梁があるため、その部分を同じ面材で覆ってもらうことにしました。
この梁は吊戸棚の上にもあり、同様に同じ面材で覆ってもらうことになりました。
吊戸棚は梁の下に設置するので、結果的には手の届きやすい高さになりました。


カップボードやフロアーカウンターを取り付けてよかったこと3点


  • 壁にしっかりとビスで固定してあるので、あとから設置の食器棚より倒れてくる心配が少ない。

  • キャビネットの扉すべてに開放防止部品を付けてもらったので、地震の際に食器などの落下や散乱を防ぐことができる(揺れを感知し、自動的にロック)。


  • 開放防止部品.JPG

  • ダストコーナーも含めて、見た目がすっきりときれいになった。

 

まとめ


扉パネルは将来的に張り替えることもできます。
キズが目立つようになったりカラーに飽きたりした場合には、パネルだけ張り替えてイメージチェンジすることも可能でしょう。
そんなプチリフォームもまた楽しみです。
タグ

私が選んだクリナップ・クリンレディの詳細|こんなキッチンです


follow us in feedly

システムキッチンにクリンレディを選んだのは、前記事のとおりです。
 ・システムキッチン決定!私が「クリンレディ」を選んだ理由


kitchen-902409_640.jpg



システムキッチンの主な設備概要


  • キッチンレイアウト
  • I型(間口225p 奥行65p 高さ85p)

  • ワークトップ素材
  • ステンレス(表面にドット柄コイニング加工)

    キッチン・ワークトップ.JPG

  • ステンレスシンク(とってもクリン排水口付「美・サイレントシンク」搭載)

  • ※とってもクリン排水口・・・シンクと継ぎ目のない一体形成で、お手入れがラクな排水口
    ※美・サイレントシンク・・・水音が図書館並みに静かで、特殊エンボス加工により汚れやキズが付きにくいシンク

    キッチン・シンク.JPG

  • 調理機器
  • 3口ガラストップコンロ(水無両面焼きグリル付き 幅60p)

  • 洗エールレンジフード(フィルターとファンを自動で洗浄 幅75p)

  • クリン壁パネル(石目調のホワイトマーブル柄)

キッチン・壁パネル.JPG


その他の設備


  • タッチレス水栓
  • 手をかざすことで水栓が開閉

  • アルカリイオン整水器

  • 食器洗い乾燥機(深型)

  • 吊戸棚

  • アイエリアボックス
  • 吊戸棚下にある収納で、必要なときに手元まで下ろして使用
     
    ※最終的には、アイエリアボックスは外しました。
    対面キッチンなので、手元まで下したときのリビング側からの見栄えが悪くなることが外した理由です。

  • うきうきポケット
  • シンクの引き出しを開けると、手前のポケットが手の届く高さまでアップ

  • 扉カラー
Aクラス・ボーテアクア(ステンレス扉)




流レールシンクがなくて残念!


我が家がリフォームした当時は(2014年)、クリンレディのシンクに流レールシンクがまだ販売されていませんでした。

流レールシンクでは底面を傾けてあり、シンク手前の「流レール」に水もゴミも集められます。
その水の流れによって、流レールから排水口・網カゴへとゴミが流されていきます。

手でかき集めたりシャワーで流していた野菜くずなどが、洗い物などで水を使うたびにスムーズに流れていくシンクです。
調理しながらシンクがきれいになっていく流レールシンク。
このシンクがなかったのが残念ですが、リフォームのタイミングですから仕方ありません。
タグ

システムキッチン決定!私が「クリンレディ」を選んだ理由


follow us in feedly

システムキッチン、ユニットバス、トイレ、洗面化粧台のうち、一番最初に決まったのはシステムキッチンです。
クリナップの「クリンレディ」に決定しました。


kitchen-89021_640.jpg



私が「クリンレディ」を選んだ理由その@


  • ステンレスキャビネット

    • ショールーム巡りをする前から、キッチンはステンレスでと考えていました。
      理由は木製キャビネットに比べて、清潔で汚れに強く耐久性があるからです。

      ステンレスのシステムキッチンと言えばクリナップ。
      その中で、リフォーム会社が予算的に勧めてきたのは「ラクエラ」でした。
      が、ステンレスにこだわるなら木製キャビネットの「ラクエラ」で意味がありません。

      その点、「クリンレディ」はステンレスキャビネットが標準装備されています。
      最上位の「S.S.」は、ステンレスの質も高いですがお値段も高いです!
      我が家では検討すらできません(^^;
      必然的に「クリンレディ」に決定。

      キャビネットは構造自体がステンレス。
      さらに側面、底面、レール受け、引き出しの底板もステンレスです。

      扉の面材も、5つのグレードのうち上位2種(全11色)ならばステンレス製を選べます。


      私が「クリンレディ」を選んだ理由そのA


      • 洗エールレンジフード

      初めてクリナップへ行ったときは、お値段を見て洗エールレンジフードは諦めました。
      自分で洗います・・・。

      が、夫から
      「今50代。15〜20年使うことを考えたら、少しでもラクな方がいいんじゃない?60代70代になったら、今と同じ体力はないでしょ」と言われ、即決定!
      スポンサーがそう言うなら遠慮なく(笑)

      洗エールレンジフードは、ボタンひとつでフィルターとファンを自動洗浄してくれます。
      約月に1回の洗浄で約10年間フィルターを外さずにお掃除することができます。

      油料理が多いなど調理環境によっても異なりますが、ファンフィルターの交換時期は約10年後。
      ファンフィルターのお値段も、記憶違いでなければ2万円ほどだったかと思います。
      正確には覚えていませんが、交換費用がそれほど高くなかったことも洗エールレンジフードを取り入れた理由のひとつです。


      私が「クリンレディ」を選んだ理由そのB


      • 扉パネルのカラー

      「クリンレディ」の扉カラーは全40色。
      その中でSクラスとAクラスはステンレス扉です。

      扉もステンレスにしたかったことと、ステンレス扉のカラー(全11色)がどれも美しかったことが決め手のひとつになりました。
      いったんはカラーを決めたものの、最後まで扉カラーはあれこれ迷いました。

      リクシル(LIXIL)のシステムキッチンには、ピンとくる気に入った色がなかったことも候補から外れる大きな理由になりました。
      機能はもちろんのこと、面積も大きい扉カラーは毎日目にするものですから、妥協せず気に入ったものを選びたいです。
      タグ




スポンサーリンク



検索ボックス
 
プロフィール
名前:ゆきの
年齢:50代
職業:主婦


・プロフィール
・メッセージフォーム
・Twitter
・プライバシーポリシー


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

最近の記事
カテゴリ





過去ログ
Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます