50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル

50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル

50代で中古マンションを購入・リフォームした記録とその後の暮らし方・ライフスタイル

スポンサーリンク

記事一覧

ロボット掃除機・ルンバ980がやってきた!|介護生活の中で時間を生み出すのに大活躍!


follow us in feedly

以前からほしかったロボット掃除機。
今の住まいに引っ越す際にも購入を検討しましたが、そのときは価格面で断念。

代わりに2種類の掃除機を購入して使い分けてきました。
サイクロン式クリーナーとスティッククリーナー|掃除機2台の使い分け」という記事に書いています。

当時と今とでは生活環境が大きく変わりました。
今春より介護が必要となった義父と同居を始めたためです。

今回ルンバ980を購入した一番の理由は、義父の介護生活の中で時間を生み出すことへの期待感。

家電量販店で聞いた話や実際に時間を生み出せたのかどうかについて書いていきます。


ルンバ980.JPG







ロボット掃除機の各メーカーごとの特徴(家電量販店での話)


  • ルンバ(アイロボット・iRobot)
  • オールマイティに使える性能で店員さん一番のおすすめ。

  • ミニマル(日立)
  • ルンバに比べて小さいサイズであることが特徴で、イスの脚の間にも入って掃除できるのがポイント。

  • トルネオロボ(東芝)
  • 抜群の吸引力がおすすめポイントのロボット掃除機。

  • ルーロ(パナソニック)
  • 三角形のフォルムで隅の掃除に強い点がおすすめポイント。

  • ココロボ(シャープ)
  • 家具や壁に当たる衝撃がやわらかな点が特徴だけれど、吸引力は少し劣るとのこと。



なじみの店員さんは「この子は・・・」「こっちの子は・・・」と説明してくれました。

「この子???」と思いましたが、実際に使ってみてその賢さに思わず「いい子だね」とつぶやいてしまうほど。
店員さんの愛着の気持ちがよくわかりました。


ルンバ980に決めた理由


ルンバ980・バーチャルウォール.JPG ルンバ980・バーチャルウォール.JPG

  • バーチャルウォール機能

  • ルンバにはバーチャルウォール機能があります。
    上の写真の部品を置くと、そこにバーチャルの壁ができてそこから先にはルンバが入っていかないというものです。

    我が家はバリアフリーになっていて、廊下から玄関もフラットです。
    玄関にはロボット掃除機に入ってほしくないため、このバーチャルウォール機能が必要と考えました。

    この機能を使えば、例えばリビングの掃除でも「ここは進入禁止」という場所を指定できます。


  • カメラ搭載

  • お値段的には800シリーズの方がお得で気持ちは傾きました。

    が、900シリーズにはカメラが搭載されていて、より高性能に部屋や掃除具合を判断できるという点に魅かれました。


  • 夫の助言も後押し

  • 「そうそう買い替えるものでもないだろう」
    「介護生活では便利なものを使うことで、時間を生み出すのも大事だよ」

    価格面で800シリーズがいいかな・・・と思っていた私の背中を押したのは夫の言葉。
    まぁ、自分の父親の介護だという気持ちもあったことと思われます。



ルンバ980を導入して時間は生み出せた?


ルンバ980.JPG ルンバ980.JPG ルンバ980.JPG

初日はずっとルンバについて回って観察。
その結果、時間を生み出すどころではありませんでした(笑)。
が、「次回からはお任せで大丈夫!」と思えるルンバ980の賢さを実感しました。

翌日は洗濯物を干している間に、和室から廊下、洗面所の掃除が終了。
同時に家事を終わらせることができて、十分に時間を生み出すことができると感じました。

デイサービスに行っている時間は自由に使えるとはいえ、その時間はわずか7時間ほど。
家事をして、買い物や金融機関へ行くなど外での用事を済ませたら、残りの時間はほんの少しです。

ルンバを使ったからといってすべての掃除から解放されるわけではありません。
それでも時間を効率的に生み出せることで、介護生活に余裕を感じられるのは事実です。


まとめ


春先から義父の介護・見守りが始まり、6月末から介護サービスも利用し始めています。
同居当初とは生活のリズムも形態も少しずつ変化しています。

義父の介護で掃除の仕方に変化が!|こだわりを捨てればラクになる」という記事や「リビング、ダイニングの夏掃除は雑巾がけで|掃除機、モップをかけるよりラクな理由」という記事で、同居以降の掃除の仕方の変化について書いてきました。

ロボット掃除機を導入したことで、また掃除の仕方が変わってきています。

いつまで続くか先がわからない介護生活。
義父も私たち夫婦もともに少しでも快適な生活を送れるよう、介護サービスをうまく利用すると同時に、頼れる方法や道具には存分に頼っていきたいと考えています。

断捨離ランキング
片付け・収納(個人)ランキング





携帯電話・アドレス帳の連絡先を断捨離して人間関係をシンプルに|機種変更はいいチャンス!


follow us in feedly

数年前に携帯電話を買い替えました。

それまでは機種変更のたびにショップでアドレス帳などの移転をしてもらっていましたが、今回は携帯会社のオンラインショップで購入・手続きをしたため、自分でアドレス帳を移さなければなりません。

実店舗では自動的に全連絡先が移されるため、時々見直して不要な連絡先を消去していましたが、しばらく手をつけないでいたらかなりの数になっていました。

今回自分で行うのをいい機会に、連絡先をすべてチェックして要不要を判断することにしました。


desk-3076954_640.jpg



絶対に必要な連絡先


まず最初に絶対に必要な連絡先を移しました。

  • 家族

  • 親戚

  • 頻繁に連絡を取り合う友人


    • 親戚は日ごろはそれほど連絡を取っていず、年賀状のやり取りだけの人もいます。
      それでも私自身が50代半ばとなり、いとこたちも同年代かもっと上。
      叔父叔母たちは70代〜80代です。

      嬉しくはない連絡がくることもそう先のことではないでしょうし、こちらからする可能性も大です。

      flowers-2693748_640.jpg

      頻繁に連絡を取り合う友人たちは、近くに住む人が多いです。
      結婚や引っ越しなどで暮らす環境が変化するたびに、密に連絡する人が変わってきています。


      いつの間にかたまっていく連絡先


      生活環境が変わるたびに人間関係も変わっていきます。
      過去の人間関係がなくなるわけではないので、アドレス帳には連絡先が増えていくのは当然のこと。

      でもまた変化していく暮らしのスタイルや人間関係。
      関係性が変わっても、薄れてもアドレスが消去できないのはなぜ???


      連絡先の「いつか使うかも」はものを所有するときと同じ心理


      smartphone-1894723_640.jpg

      消去するための理由がないと削除しにくい心理があると思います。

      • いつか連絡するかもしれない

      • もし連絡が来たら、アドレス帳になければ誰だかわからないかもしれない

      • 本当にこの人の連絡先を削除しても大丈夫?

      • せっかくつながっているのに、わざわざ切ることはないんじゃないの?


      いつか連絡するっていつ?
      いつか連絡が来るかもしれないって連絡がほしい関係なの?
      直近で連絡したり連絡が来たりしたのはいつ?

      そんなことを考え、自分の人間関係を客観的に見つめ直すと、思いのほかすんなりと消去できる連絡先が見えてきます。

      いつか使うかもしれないとものを何となくとっておくのと同じ心境でしょう。


      連絡先の中に過ごした思い出までも感じてしまう


      children-839789_640.jpg

      後生大事にとっておいたのは息子たちの中高時代のママ友関係、保護者関係の連絡先。

      息子は2人とも一貫校でしたから、それぞれの6年間に集まった連絡先は膨大なものです。
      役員をしていたり、趣味のPTAサークルに入っていた関係で増えたりしたものもあります。

      そこには関係性だけではなく、息子たちの子育ての日々や思い出までも入っているように感じていました。

      しかしそれぞれが卒業して7〜8年近くになります。
      その間連絡を取り合ったのはごく限られた人たちだけ。

      思い出と連絡先とは別ものです。
      必要な連絡先だけで日常生活は成り立つもの。
      思い出は自分の中に取っておくもの。


      元の携帯の連絡先を整理・断捨離


      連絡先を新しい携帯に移す前に、元の携帯の連絡先を整理・断捨離しました。
      すべてを移してから整理するよりもラクだからです。

      念のためにmicroSDカードに保存してからにしました。


      生活環境が変わって増えていく連絡先もある


      この春より義父を呼び寄せて、同居・介護生活をしています。
      その関係で増えた連絡先が多くあります。

      今の私の生活の中で、かなり重要な位置を占める連絡先です。

      反対に母が実家で在宅介護状態だったときの連絡先は消去しました。
      もう使うことのないデイサービス施設の連絡先などです。


      まとめ


      【断捨離】というと身の回りの持ちもの、実際に目に見え手に取ることのできるものが対象になりがちかと思います。

      目の前のものが減っていく達成感、収納しやすくなるスッキリ感などが実感できますし、少しずつでも続けていこうと思えるのかもしれません。

      デジタル関連の断捨離は、目の前にものがあるわけでもないし邪魔になるわけでもないため、後回しにしがちでしょう。
      それでもいつまでもそのままでいいわけではありません。
      そんな個人的なものを遺されても、家族は困ってしまいますから。

      business-2846221_640.jpg

      機種変更時だけでなく、日ごろから少しずつ整理・断捨離をしていくと時間もかからず負担感もありません。

      グループ分けをしている方も多いでしょうから、グループごとに少しずつやってみるのもいいのではないでしょうか。
      場合によってはグループそのものを削除することになることもあるかもしれません。

      小さな断捨離ですが意外とスッキリするものですよ。
      おすすめします。

      断捨離ランキング
      片付け・収納(個人)ランキング

      タグ

【衣類の断捨離】自分に合った方法とタイミングを見つける


follow us in feedly

約4年前に中古マンションを購入し、ほぼ全面リフォームをして暮らし始めました。
プロフィールに現在に至るまでのことを書いています。
 右向き三角1 プロフィール

リフォームに関する記事はこちらをご覧ください。
 右向き三角1 リフォームカテゴリ一覧

リフォーム後に引っ越した際、多くの衣類を処分しました。
ほとんどが長年着ていなかったもの、似合わなくなったものでした。

その後も何度も衣類の断捨離を繰り返していますが、まだまだ持ち数は多いです。
クローゼットを開けるたび、衣装ケースを開けるたびに衣類を出したり入れたりしているのが現状です。

最近では自分なりに衣類の断捨離の方法とタイミングがつかめてきました。



衣類の断捨離・夏物ニット.JPG







目次


 ・【衣類の断捨離】タイミング@|引っ越し
 ・【衣類の断捨離】タイミングA|衣替え
 ・【衣類の断捨離】タイミングB|地域の衣類などの回収日
 ・【衣類のプチ断捨離】方法@|廃品回収日のチェック
 ・【衣類のプチ断捨離】方法A|今の季節の衣類をチェック
 ・【衣類のプチ断捨離】方法B|廃品回収日前日に最終チェック
 ・まとめ


【衣類の断捨離】タイミング@|引っ越し


引っ越しは衣類に限らず家の中にあるものの見直しをするのに絶好のタイミングです。

4年前の引っ越しは約15年ぶりの引っ越しだったので、かなり多くのものを処分しました。
見方を変えれば15年の間に、それだけ多くのものをため込んでいたということになります。

住まいのぜい肉です。

▲目次に戻る


【衣類の断捨離】タイミングA|衣替え


衣類の断捨離.JPG

衣替えの時期は、今までの季節の衣類とこれからの季節の衣類との両方を手にします。

今までの季節の衣類に関しては

  • 今年着なかったものを処分する。

  • 来年はもう着ないであろうものを処分する。



これからの季節の衣類に関しては

  • サイズが合わなくなっているものを処分する。

  • 前年の気分とテイストが変わっているものを処分する。

  • 出してみて汚れやほつれ、毛玉などが気になったら処分する。


このようなことが同時にできるタイミングが衣替えです。

▲目次に戻る


【衣類の断捨離】タイミングB|地域の衣類などの回収日


衣類の断捨離.JPG

私が住む地域では、衣類は一般可燃ごみとして捨てることができます。

また住んでいるマンションでは月に1回廃品回収の日があり、このときに衣類やシーツなどの布類を出すことが可能です。

最近ではこの廃品回収日に合わせて衣類のプチ断捨離を行っています。

▲目次に戻る


【衣類のプチ断捨離】方法@|廃品回収日のチェック


マンション内の廃品回収日は、地域の不燃・粗大ゴミと同じ日です。

半年ごとにゴミ収集日のお知らせが広報紙と一緒に配布されるので、半年分まとめてカレンダーと手帳に印をつけておきます。

毎月初めに、どの日が廃品回収日かチェックします。

▲目次に戻る


【衣類のプチ断捨離】方法A|今の季節の衣類をチェック


廃品回収日の2週間ほど前から、今の季節の衣類をチェックします。

  • 今シーズンに着ていたかどうか。

  • 来シーズンにも着るつもりがあるかどうか。

  • 落ちない汚れやほころび、毛玉がないかどうか。


短時間でチェックを済ませるために、違う季節の衣類はチェックしません。

▲目次に戻る


【衣類のプチ断捨離】方法B|廃品回収日前日に最終チェック


まとめておいた処分対象の衣類をもう一度チェックします。

基本的にはクローゼットや衣装ケースに戻すことはしません。
気持ちの確認です。

強い思い入れや大事な思い出があった衣類の場合、最終チェックのときに気持ちが動けばとりあえずとっておくことにしています。
自分の気持ちには正直になればいいと考えているからです。

でもそういったことは、何度も衣類の断捨離を繰り返す中でほとんどなくなってきました。
【処分対象】となった時点で、気持ちは固まっています。

以前は迷うことがありましたが、【衣類の断捨離】の自分なりのポイントがつかめてきたからだと思います。

▲目次に戻る


まとめ


現在の私に合った【衣類の断捨離】のタイミングは、廃品回収日に合わせたものです。

 右向き三角1 冬物衣類の断捨離|月1回の廃品回収日に合わせて


約5カ月前から夫の父を我が家に呼び寄せて、介護生活をしています。
そんな私にとって自由に動ける時間は、義父がデイサービスに行っている数時間のみ。

そんなすき間時間にする【衣類の断捨離】には、月1回の廃品回収日に合わせてちょっとだけというペースが合っています。

いろいろな断捨離の方法が本にもネット上にもあります。
その中から試行錯誤しながら、自分に合ったタイミングを見つけるのも断捨離の楽しみかもしれません。

暮らしの状況が変われば、方法もまた変わってくるでしょう。
マイペースを保つことが、私にとってはストレスがかからない何よりの方法です。

断捨離ランキング
片付け・収納(個人)ランキング

タグ

リビング、ダイニングの夏掃除は雑巾がけで|掃除機、モップをかけるよりラクな理由


follow us in feedly

リビング、ダイニングの日常的な掃除は、掃除機がけ、フローリングワイパーでのモップがけです。
ワイパーシートはその時々に応じてドライタイプとウェットタイプとを使い分けています。

介護、見守りが必要になった義父と同居し始めて4ヶ月。
最近では掃除機がけやモップがけよりも、手での雑巾がけが一番ラクに感じるようになってきました。

その理由や気持ちの変化について書いていきます。


リビング夏掃除.jpg







掃除の仕方の変化


義父の介護で掃除の仕方に変化が!|こだわりを捨てればラクになる」という記事で、同居・介護が始まってからそれまでの掃除の仕方に変化が出てきたことを書きました。

結婚してから30年以上経っての同居なので、お互いのライフスタイルは確立してしまっています。
高齢で病気のある義父が私たちに合わせるのは無理な話。
こちらが変わるしかありません。


「雑巾」を使わずウェットシートを使った雑巾がけ


リビング、ダイニングの雑巾がけは、フローリングワイパーシートのウェットタイプを四つ折りにして。
長いこといわゆる「雑巾」は使っていません。

ちなみに雑巾を使うのは外回りの掃除のとき。
薄手の使い古したタオルを縫わずに使っています。
表も裏も使えるし、サッシの桟などの狭い場所も縫ってなければ端を使って掃除できるからです。
そして使ったら処分するようにしています。


雑巾がけの利点


  • 道具を出さなくても手軽に掃除ができる

  • 汚れに気づいたときに気軽に掃除ができる

  • 疲れているときやちょっと面倒なときには、全体ではなく部分でも掃除ができる



気持ちを切り替えれば心も体もラクになる


今までは決まった時間に自分のペースで掃除ができました。
息子たちが学校に通っているころでも、朝家族が出払えば掃除はしやすいものでした。

義父との同居ではそうはいきません。
デイサービスに行かない日はリビングダイニングの定位置に、ほぼ一日中座っています。

今でこそ週に4回デイサービスを利用していますが、週1から始めた当初は思うように家事が進まずイライラしたものです。
いくら気持ちを切り替えるとはいっても、50も半ばを過ぎた身です。
言葉でいうほど簡単にはできませんでした。

介護、見守りには多くのエネルギーを使います。
体力よりも気力の方が消耗しがちです。
そんな生活の中で、「今までどおりの家事をしなくてもいい」と思えるようになってからはイライラも減ったように感じます。

いつ、どうやってそう思えるようになったのか?
この日から、この時間から・・・というわけではなく、介護生活をしながら徐々に、いつの間にか・・・。
「義父の清潔と安全を保てて、食事も含めた健康面を管理できれば十分」といい意味で開き直れるようになったころからではないかと思います。

掃除の仕方もそうやって少しずつ変わっていきました。


夏は雑巾がけで足元をさっぱりと


ささっと雑巾がけをしておけば気持ちいいのは、夏だから特にそう感じるのでしょう。
エアコンをつけているとはいってもこの猛暑です。
湿気もあります。

床を拭きながら、気持ちもさっぱりとしていくのが感じられます。


まとめ


子どものころ、廊下とキッチンの雑巾がけは私と妹の役割でした。
夕方外遊びから帰ってきたら、雑巾がけをするのが私たちのお手伝いのひとつでした。
今日はどっちがするかでケンカをしたこともしょっちゅうです。

この夏まめにリビング、ダイニングの雑巾がけをしながら、そんな幼い日のことを思い出しました。

断捨離ランキング
片付け・収納(個人)ランキング

カテゴリ
タグ

フィットネスウエアの断捨離|着ていない、着られないのに断捨離できなかった理由とは


follow us in feedly

スポーツクラブに入会したのとエアロビクスを始めたのはほぼ同時期。
息子たちが小学生のころです。

それから16年ほどずっとエアロビクスは私の趣味であり、介護生活が始まった今でも大事な気分転換の時間です。



フィットネスウエアの組み合わせをあれこれ考える時間も楽しいものです。
でも16年の間に増え過ぎ!!
途中で何度か断捨離してきましたが、まだ手元には普段着ていないものが残っています。

どうして残してしまうのか、なぜ断捨離できないのか。
そしてなぜ断捨離できたのかについて書いていきます。


断捨離・フィットネスウエア.JPG



着ていない、着られないフィットネスウエアを断捨離できなかった理由


断捨離・フィットネスウエア.JPG 断捨離・フィットネスウエア.JPG

キャミソールタイプのフィットネスウエア。
ピタッと体にフィットするパンツ。
どう考えてももう着れません。

それでも前回の処分のときに断捨離できなかった理由は???

  • 高かったから。

  • 思い入れがあるから。

  • 気に入っていたから。

  • もしかしたら着れる?と思っていたから。(← ないない!!)


有り得ない理由ばかりです。
でもそう思って残したのは事実。
そのときの思いは大事にしたいです。


着ていない、着られないフィットネスウエアを断捨離するまでの心の変化


もう二度と着ることはない。
着れるほどに痩せることは絶対にない。
ここ数年の体型変化でようやく悟りました。(← 遅っ!!)

断捨離・フィットネスウエア.JPG

股上19pのパンツ
今の私にはけるわけがない!!
お腹のお肉が乗ってしまいます。

似合わないものをとっておいても、似合う体型には決して戻れません。
40代のころは、まだトレーニングやダイエットで体型を戻すことができました。
50代になってから、それが無理だということをようやく受け入れるようになってきました。

基礎代謝量が違う。
運動量が違う。
介護などでスポーツクラブへ行く回数も、そこで過ごす時間も激減しています。

以前はスタジオでエアロビクスプログラムに参加するだけでなく、合間に必ずトレーニングをしていました。
今ではさっと踊ってさっとシャワーを浴びてさっと帰るだけ。
それでも私にとって貴重なリフレッシュ時間です。


着ていない、着られないフィットネスウエアを断捨離できた理由


フィットネスウエア.JPG フィットネスウエア.JPG

一番の理由は今の体型に合うフィットネスウエアを数枚購入したことです。
それらを着て鏡の前に立ってみたら、過去の遺物に未練がなくなりました。

ボディラインを緩やかに隠してくれるフィットネスウエアばかりです。

過去よりも今。
過去が楽しかったことはいい思い出。
でも今が楽しい方がさらに気分がいいことに気づきました。


断捨離・フィットネスウエア.JPG

こうして写真に撮ったことも断捨離する気持ちをさらに押し上げてくれました。

よく子どもの作品や思い出の服などを処分するときに、【写真に撮って保存しておく】という方法を取りますね。
大人の場合もその方法が役に立つことにも気づきました。


まとめ


ものを整理、処分、断捨離するのは今を生きやすくするためだと思っています。
収納スペースの問題ももちろんありますが、気持ちの問題もあります。

断捨離のたびに思うことは、「今は処分したくない」という自分の気持ちを大事にしたいということ。
段階を経て自分で気持ちよく処分できるまで、スペースがあるなら置いておいてもいいと考えています。
その方が私はすっきりと処分できます。


断捨離ランキング
片付け・収納(個人)ランキング

タグ

50代のリフォームでトイレ内に手すりを付けなかった理由と、介護で手すりが必要になった現在のトイレ


follow us in feedly

我が家が中古マンションを購入して全面リフォームしたのは約4年前のこと。
それぞれの箇所のリフォームについての記事は、リフォームカテゴリにあります。

・リフォームカテゴリ⇒http://sumai.50lifeblog.net/article/182837339.html

・トイレに関するリフォーム⇒http://sumai.50lifeblog.net/category/4446701-1.html

50代でリフォームしましたので、歳をとった近い将来のことも考えて設備などを選びました。

手すりについてもリフォームと同時に設置してしまえば後々ラクかと考えましたが、結果的に付けたのは浴槽脇のみ。
トイレには付けませんでした。

その理由と、義父の介護で手すりが必要になった現在のトイレについて記します。


hand-408781_640.jpg







浴室内の手すり


浴室内の手すり.jpg

浴室内の手すりは浴槽脇のみに設置しました。
シャワー付近に手すりを設置しなかった理由について、「シャワーフック付きのスライドバーは手すりではない」という記事に書いています。

手すりの素材については、樹脂の方がすべらないというアドバイスをリフォームの際に受けました。

樹脂製よりも金属製の手すりの方が見栄えはよいです。
でも手すりを付けるなら見栄えよりも、「なぜ付けるのか」の観点の方が大事です。
「手すりを付ける」のは、ふらつきなどの心配があってその必要性があるからです。

TOTOショールームでは、「手すりは後付けでも強度には問題ない」と言われました。


トイレ内の手すり


リフォームの際にトイレ内に手すりは付けませんでした。
理由は

  • トイレが狭く手すりが邪魔になる

  • 今は手すりの必要がない

の2点です。

現在必要ないのに手すりを付けると、トイレがますます狭くなります。
トイレは毎日何度も使うスペース。
さらに狭くなることで、ストレスを増やす必要はないと考えました。

介護という必要性が出てきたときに、適切な手すりを付ける方がいいだろうという結論です。
そのときには介護保険を使うことも可能です。


介護が必要になってからのトイレ内の手すりの実態


2018年4月より、介護が必要になった義父と同居しています。


義父がトイレに手すりがほしいと言い出したのは、同居を開始してしばらく経ってから。
ちょうど要介護認定が下りて、サービスを使い始めたころでした。

手すり1本であってもリフォームとなれば、マンションなので管理組合への届け出が必要です。

介護用品をレンタルしている業者さんにトイレを見てもらったところ、壁付けの手すりではない方がいいでしょうとのアドバイスがありました。
壁付けの手すりは一般的に片側に付けるけれど、麻痺の手がどちらかによって意味をなさなくなるという理由からです。

義父は脳梗塞の後遺症があります。
幸い半身麻痺とはならなかったものの、再発の可能性もあるため今後の麻痺のことも考慮した方がいいという結論になりました。

壁付け以外にトイレ内で使える手すりには、天井と床で支える突っ張り型タイプがあります。
我が家のトイレの構造上、このタイプを設置すると出入りにもトイレ内にもかなりの圧迫感になるのでやめた方がいいとのアドバイス。

義父にも聞き取りを丁寧にしてくださり、手すりがないと全くダメだというわけではなく、トイレで立ったり座ったりするときにちょっと支えになるものがほしいということがわかりました。

現在写真のようなトイレ用フレームを介護保険を使ってレンタルしています。
ほんの少し支えになるものがあるだけで、安心感があると義父は喜んでいます。

トイレ用フレームを設置したトイレ.JPG トイレ用フレームを設置したトイレ.JPG




まとめ


リフォームをする場合、先のことも考えてついでにやってしまおう!という思いにもかられます。
現在も使うものであれば、機能的で生活上も便利になるので同時期に工事をする価値があるでしょう。

漠然とした不安から今の生活に不要なものまで設置して、生活しづらくなってしまうのは本末転倒です。

リフォームは快適な生活を目指すものだと考えます。
先々どうなるかわからないものの場合、特に介護にからむ場合はそのときになってからでも遅くはありません。

介護の度合いによって使う介護用品も変わってきます。
その状態に一番ふさわしいものを選ぶ方がいいと考えます。

そのような理由から、我が家ではリフォームの際にはトイレに手すりを付けませんでした。
そして「義父の介護」という必要性が生じてから、義父が使いやすいものを設置することで満足しています。

トイレが狭くなった!圧迫感がある!という気持ちもありますけどね。

断捨離ランキング
片付け・収納(個人)ランキング

タグ

介護生活にトイレ掃除のラクさは必須!|トイレ腰壁に防水壁紙ではなく化粧板パネルを選んでおいてよかった!


follow us in feedly

遠距離に住んでいた義父の体調が悪化し、同居・介護生活が始まって3か月が経過。
当初は義父の見守りと介助で目が離せない、通院以外家から出られないといった閉塞感いっぱいの生活でした。

今では介護サービスを利用できるようになり、徐々にお互いの生活リズムが整いつつあります。

掃除の仕方も同居開始のころとは少しずつ変化があります。
トイレリフォームの際に取り入れたことで、現在の介護生活に大きく役立っていることがあります。
それは腰壁に使った素材。

リフォーム当時は介護生活になるとは想定していなかったのですが、掃除がラクな素材を選んでおいたために、イライラ感が少なくなる要因のひとつとなっています。


bathroom-1228427_640.jpg



腰壁とは


トイレ・パネル.JPG

文字どおり大人の腰の位置から下の部分の壁のことで、元の壁とは異なる素材で仕上げられています。
廊下やトイレ、リビングなどで使われます。

素材が違うとおしゃれな雰囲気になりますが、その分コストはかさみます。
我が家のトイレはリフォーム前は腰壁に化粧板パネルが貼られていました。

壁紙を全室張り替える際に、トイレには防水の壁紙を全面に貼る方法を提案されました。
費用を抑えるためです。

防水の壁紙を貼る場合と腰壁にして化粧板パネルを貼る場合との費用の差などについては、「トイレの腰壁に化粧板のパネルを採用|トイレの掃除が簡単・ラクに」という記事に書いています。

結論としては、リフォーム前のトイレ同様に腰壁に化粧板パネルを貼ることにしました。


介護生活で掃除が増える


介護生活が始まったときに「義父の介護で掃除の仕方に変化が!|こだわりを捨てればラクになる」という記事を書きました。

介助や介護が必要な高齢者と一緒に暮らすということで、今までどおりのやり方で家事ができなくなる部分があります。

時間の使い方についても同様です。
子育てをしていたころと同じだなぁと感じました。

夫婦二人で生活していたころと比べると、トイレだけでなく家中の掃除の回数が増えました。
初めのうちこそ「掃除すれば済むこと!」と楽観的でしたが、度重なるとストレスにも感じます。

トイレに関してはストレスがマックスになりかけていたころに、こんなことをTwitterでつぶやいていました。



現在義父が座ってトイレを使用しているか不明ですが、汚れ方を見ると座ってくれていることが多いようです。


トイレの腰壁に化粧板パネルを選んでよかった!


トイレまわりの壁は目立たないようでいて、汚れは付きやすい場所です。
リフォームの際に腰壁のままにしておいて、そこに化粧板パネルを貼ったおかげで掃除は格段にしやすいですし汚れも落としやすいです。

防水とはいっても壁紙は紙を使用しています。
汚れや掃除が頻繁になれば、シミもつきやすくなっていたことでしょう。


狭くなったトイレでも化粧板パネルは掃除しやすい!


トイレ用フレームを設置したトイレ.JPG トイレ用フレームを設置したトイレ.JPG

狭いトイレの面倒なお掃除もこれ1本でラクになる|トイレフロアワイパー(アズマ工業)」という記事で、立ち上がりがしやすい据え置き式のトイレ用フレーム(アロン化成・洋式トイレ用フレ-はねあげームSR2)を設置したために、狭いトイレがますます狭くなったことを書きました。

狭くなりましたが、化粧板パネルの腰壁なら手が入りさえすればサッとこすっただけで汚れを落とすことができます。

介護があろうとなかろうと掃除はラクにできるのが何よりですが、汚れが頻繁になると「ラクさ」はさらに重要なポイントになります。

目を離すことができない高齢者との生活では、掃除にそれほど時間をかけることができませんから。


まとめ


生活が一変してから約3か月。
義父はデイサービスにも出かけるようになり、日中数時間私ひとりの時間を持てるようになりました。

その時間をどう使うか?
せっせと家事を済ますのもひとつのあり方です。
でも私は義父がいてもできる家事は、ひとり時間にはしないことにしています。

ひとりでしかできないことや、義父を連れては行けない金融機関や役所などへ行くことに時間を使っています。

今後病状の変化によって私の生活リズムもまた変わってくるでしょう。
変化に対応できる体力と気力だけは失わないようにしたいと思っています。

断捨離ランキング
片付け・収納(個人)ランキング

カテゴリ
タグ

狭いトイレの面倒なお掃除もこれ1本でラクになる|トイレフロアワイパー(アズマ工業)


follow us in feedly

この春から体調を崩した義父と同居し、介護生活となって約2カ月半。
義父の体調や機能に合わせて、手すりなども設置したところです。

トイレには立ち上がりがしやすい据え置き式のトイレ用フレーム(アロン化成・洋式トイレ用フレームS-はねあげR2)を入れました。

義父にとってはトイレでの動作がラクになりましたが、私にとっては掃除しにくいトイレに・・・。
そんなトイレでも掃除は必要です。

何もなかった床に要塞のようにでん!と置かれたフレーム。
奥まで手を伸ばして床掃除をするのはかなり大変です。
イラッとしましたね、正直なところ。

生活形態が変われば仕方ありません。
自分の手が届きにくいのなら、便利な道具を使えばいいと考え方を変えました。

ということで購入したのがアズマ工業のトイレフロアワイパーです。


yuka_zoukin_fukisouji.png







目次


 ・リフォームで掃除しやすいトイレになったのに・・・
 ・現在のトイレの状況
 ・狭いトイレの掃除にアズマ工業・トイレフロアワイパーを
 ・トイレフロアワイパーはこんな人におすすめ
 ・トイレフロアワイパーの上手な使い方
 ・アズマ工業の便利なお掃除グッズ
 ・まとめ


リフォームで掃除しやすいトイレになったのに・・・


我が家のトイレはマンションによくあるタイプで、間口約80pほどのドアを開けたらすぐ便器があるというの狭い空間です。
リフォームしたときにトイレも新しいものにしました。

元々付いていた収納は比較的たっぷりあります。
またリフォームで収納キャビネットの中にトイレタンクを入れるタイプを選び、床には何も置かないですむようにしました。

便器の背面が収納キャビネットなので便器の後ろにすき間がなく、手を奥まで入れて掃除をする必要がなく、狭いながらも掃除をしやすいトイレになりました。


▲目次に戻る


現在のトイレの状況


トイレ用フレームを設置したトイレ.JPG
狭いトイレにはんぱない威圧感!

トイレ用フレームを設置したトイレ.JPG
使いやすいようにとトイレットペーパーのホルダーを2つタイプにしたのに、手すりがあるため1つは使えなくなってしまいました。

▲目次に戻る


狭いトイレの掃除にアズマ工業・トイレフロアワイパーを


アズマ工業・トイレフロアワイパー.JPGアズマ工業・トイレフロアワイパー.JPG


【このトイレワイパーの特徴】

  • 伸縮する柄(40.5p〜最長約63.5p)

  • アズマ工業・トイレフロアワイパー.JPG


  • 柄がクルッと360°回転

  • アズマ工業・トイレフロアワイパー.JPG


  • 便器の奥など手の届かないところも掃除できるコンパクトさ(幅16.9p×奥行8.5p)

  • アズマ工業・トイレフロアワイパーでトイレ床掃除.JPG アズマ工業・トイレフロアワイパーでトイレ床掃除.JPG


  • ストッパーに市販のトイレシートをはさむだけ

  • アズマ工業・トイレフロアワイパー.JPG


  • 捨てるときはストッパーを外すだけで、手を汚さず捨てることができる


  • フックを使ってトイレタンク脇や壁に収納できる


▲目次に戻る


トイレフロアワイパーはこんな人におすすめ


  • 元々トイレが狭くかがむスペースがなく、掃除がしにくい人


  • 介護用手すりなどを設置してトイレが狭くなり、掃除がしにくくなった人 ←我が家の状態です


  • トイレ内に排水管があり、壁と排水管の間や排水管とトイレの間に手を入れにくく、床掃除がしにくい人


  • 便器の後ろやトイレタンクの下など、手の届きにくい場所の掃除をしやすくしたい人


  • ひざが悪いなどで、かがんでトイレの床掃除をするのがつらい人


  • 手で直接トイレの床掃除をしたくない人


手を汚さずにシートを捨てることは可能ですが、寄せ集めたゴミやホコリをまとめるには手を使うしかありません。

▲目次に戻る


トイレフロアワイパーの上手な使い方


部屋で使うフロアワイパーと異なり狭いトイレで使うので、集めたゴミやホコリはトイレ入り口などの広めの場所で寄せ集める必要があります。

拭いただけできれいになるわけではないので、その点を承知して使うと便利に感じると思います。
かがんでひざをついて、狭いところに手を伸ばして拭き掃除するよりずっとラクに感じるでしょう。

付属のシートは市販のトイレシートよりも薄く、取り出すときも2枚一緒に出てきてしまい使いにくく感じました。
市販のトイレシートを使う方が使い勝手はよいと思います。



▲目次に戻る


アズマ工業の便利なお掃除グッズ


アズマ工業は

住まいの生活空間を快適・清潔に保つためのあらゆる道具、ケミカル品等の生活雑貨の企画・開発・製造・販売。
ホームクリーニングサービス、おそうじ塾を展開。

という企業です。

便利な掃除道具がたくさんあり、いくつか利用しています。
生協での取り扱いがあるというのも、生協ヘビーユーザーの私にとっては使いやすいポイントです。


上の記事内に書かれているグッズ以外にも、いくつかの掃除グッズを使っています。

ベランダの溝掃除には【混穂615 コンポ溝チリトーレ】を。


お風呂場の床掃除には【BT751お風呂床用ブラシスポG】を。


お掃除シートも用途別に3種類使い分けています。
どれもいつも生協で注文。
  

これらの掃除グッズはどれも使い勝手、コスパともによく、リピ買いしているものです。

▲目次に戻る


まとめ


トイレ掃除は便器に目が行きがちですが、床も結構汚れています。
トイレットペーパーを巻き上げるときに細かな紙のホコリが出たり、衣服を脱ぎ着するときに繊維くずが出たり、衣服についていたゴミが落ちたり。

まめに掃除をすることで、気持ちよく使いたいトイレ。
狭いトイレの掃除がおっくうでなくなるトイレフロアワイパーを使って、快適な空間を保っていきたいものです。




断捨離ランキング
片付け・収納(個人)ランキング

カテゴリ
タグ




スポンサーリンク



検索ボックス
 
プロフィール
名前:ゆきの
年齢:50代
職業:主婦


・プロフィール
・メッセージフォーム
・Twitter
・プライバシーポリシー


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

カテゴリ










Powered by さくらのブログ
Copyright © 50代で家を買う|後半生を暮らす住まいとライフスタイル All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます